« ナタマメ栽培報告    立川支部  チモッチー | トップページ | 熱い眼差し »

2015年5月11日 (月)

少し早いですが「誘引」のこと      #14

05111


ジャックです。

待ちきれずにちょっと登っちゃいました。

あれっ、 これマメの木じゃなくて支柱?

ショックです。


というネタ記事ではなく、支柱のお話です。

ほとんどの会員の方はまだお手元に苗が届いていない状態ですが、

昨日チモッチーさんから蔓(つる)が伸び始めた状態の写真をお送りいただきました、

台風が来そうだということもあり、少し早めですが、支柱情報をお知らせします。


05112


我が家の苗はまだ支柱を立てるほどではないのですが、強引に取り付けます。

支柱は根を出来るだけ傷つけないように苗から少し離した位置から、斜めに蔓に近づけて土にさします(上図)。

この支柱を起点に本支柱へと蔓が渡しますので、本支柱を取り付けるあたりへ届く程度の長さがあるとよいでしょう。

誘引の支柱の長さにもよりますが、土中へは簡単に倒れてしまわない程度に深くさしてください。支柱が倒れて苗を痛めては本末転倒になってしまいますから。

支柱と蔓とは麻ひもなどでつなぎます。

支柱と蔓とをぐるぐるっと巻いてしまうのではなく

支柱と蔓の間をひもが交差して8の字を描くように結びます(下図)。

この8の字が支柱と蔓を緩衝させながら連結する役割を担います。

蔓はかなり太くなります(ジャックが上れる程度)ので、あまり、きつく縛りすぎないでください。結び目は固結びで大丈夫です。

茎の誘引8の字」で検索するともっと上手な説明が見つかります。

誘引器具というものもあるようです。


05113


それから、市販の支柱のほとんどはアースカラーです。

子供だけでなく、大人がしゃがんだときなど、支柱が目に入らず思わず「イテッ」ということがありますのでご注意ください。

先のまるいものを選んだり、目立つ色のキャップなどを取り付けると良いと思います。

私はとりあえず粘土を丸めてくっつけておきました(写真)。


 

|

« ナタマメ栽培報告    立川支部  チモッチー | トップページ | 熱い眼差し »

栽培通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナタマメ栽培報告    立川支部  チモッチー | トップページ | 熱い眼差し »