« ナタマメ栽培報告      豆之助。 | トップページ | ナタマメ観察日記     豆之助 »

2016年7月10日 (日)

ナタマメ栽培報告     チモッチー

チモッチーさんから畑の恵み通信が届いています。

すでに開花の模様。 早いですね。

Img_20160703_170713


最近のなた豆情報です。

写真は1週間前なので、また今はもっと

つるが巻いてるかな~と思います。

白い花もちらほら咲いております。



Img_20160703_170620


全ての柵に豆をまいたのですが発芽しなかったものもあったので

ちょっとスカスカなアーチになっちゃうかもなあ・・・

でもなた豆の成長に期待したいです。

ではではまた!





早くも開花とは驚きです。 

成長期のナタマメにとっての一週間は想像以上の時間で、写真からは随分雰囲気が変わっているでしょう。 まだ梅雨明け前ですから本格的な夏が来るとさらに加速して成長することでしょう。

アーチもその外観が見えてきてこれがナタマメの葉で覆われたらさぞ素敵でしょうね。ひもなどを使ってうまく蔓がアーチ全体にからむようにするといいかもしれませんね。

これは植物全般に言えることですが、頂芽優勢ということがあって、私感ですが、ナタマメはこの頂芽優勢(一番先端の蔓が伸びることが優先されること)の性質が強いように感じます。ですから、アーチのてっぺんぐらいに芽の先端が来たらこれを摘芯して脇芽を増やすと葉量が増えるかも知れません。

いずれにしても頂芽をそのままにしておくと他の蔓とからみながら上を目指し、支えるものがなく自重に耐えられなくなるとおれてしまうので、適当なところで摘芯するのが良いように思えます。

今年は恐らくチモッチーさんのところが成長過程の先端を走っているようですから、是非変化のあるたびに様子を知らせてくださいね。楽しみにしています。

豆之助。

追伸

それから、肥料のあるなしの件、成長に何か変化はありましたか?


|

« ナタマメ栽培報告      豆之助。 | トップページ | ナタマメ観察日記     豆之助 »

会員からの報告」カテゴリの記事

コメント

あ、摘心ですね。
たしかにてっぺんまできた茎は更に上を目指していますから、
摘心したら良かったですね。

肥料は、あるなしで、さすがなた豆、あまりかわらないような・・・
感じです。
そもそも自然農なので化学肥料をあげていないため、
(油粕、米ぬかのみ)目立った変化がないのかもしれません。

投稿: チモッチー | 2016年7月13日 (水) 05時12分

以前にもブログに書きましたが、ナタマメに限らずマメ科の植物の根には根粒菌というものが存在して、これが空気中の窒素を取り込み豆に供給することで共生しています。 収穫が終わった後に根っこを引き抜くと根の途中にコブ状のものが見られるところがそれです。
ゆえに基本的にはあまり肥料を与えなくともそれなりに育つようです。 ですから、わが家では元肥を与えた後は花芽がつき始めたころから二週間に一度液肥を与えるくらいで、追肥はしません。
いわゆる化学肥料は速効性が高くあまりやり過ぎると逆効果の場合も多いようなので、チモッチーさんのようにゆっくり効く自然肥料が安心ですね。

投稿: 豆之助。 | 2016年7月14日 (木) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナタマメ栽培報告      豆之助。 | トップページ | ナタマメ観察日記     豆之助 »