« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月28日 (土)

ナタマメ栽培報告   まめっ子とまめっ子の母

ナタマメ会のヤングマン小二のまめっ子さんからの報告です。



Img_9828_2


まめっ子(小2)のママより 報告

夏の引越しにも耐え、なんとかここまで成長しました。

鞘は10個くらいついていますが、あまり長くならず下膨れ的な体型が多いです。

美味しいのでしょうか、アリンコがいつも寄ってきてます。

このまま枯れるまで放置で良いのでしょうか?


下ぶくれの莢は鉢植え栽培に出来ることが多いです。

マメを育てた後の土は痩せるらしいですから、土は出来るだけ多い方がよいのでしょうね。  
見たところ小さめのコンテナに3つ株があるようなので、一つに絞った方が良かったかもしれません。
とはいえ、初の挑戦で10莢は上々の出来です。 これだけ大きくなると食用には向きませんが、しっかりと乾燥するまで育ててタネを収穫してくださいね。
今年は10月が雨続きで豆之助のナタマメの成長には厳しい年です。写真の様子が現在の様子なら雨に濡れても大丈夫ですが、もし、莢が乾燥し始めでシワがでて茶色くなって雨に当たり続けると腐る場合があるので、心配でしたら今の状態の写真を送ってください。
少し早めでも収穫していえのなかに吊して乾燥させたほうがよい場合があります。
雨さえやんでくれれば葉がある限り緑色の莢は11月過ぎてもそのまま放っておいて大丈夫です。
ちなみにナタマメの莢は甘いです。ありんこはそんなナタマメが大好きなのです。

豆之助。

| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

ナタマメ栽培報告  豆之助。 

231_2


秋台風が過ぎ去った朝。

昨夜から未明にかけて雨風とも激しさを増した落ち着かない夜でしたね。

鉢植えのナタマメは特定緊急避難場所の玄関ポーチに移動していたためほぼ無傷。

しかhし、北西角のナタマメは強風をまともに受けたか葉がほとんど落ちてしまいました(左写真)。

しかも乾燥期の日照不足、長雨のため、莢が腐って黒変してしまったものもあります(中写真)。

黒変まではいかずとも莢の中頃が腐りかけたも…(右写真)。


232_2


南の鉢植えナタマメはほぼ無傷(左写真)。

隣に植わったウコンは日照不足故か葉が黄変していました(右写真)。

植物たちには大変厳しい日々が続きましたが、明日からの秋晴れに期待したいものです。


| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

ナタマメ栽培報告  豆之助。 

Nata181


暖かかったというより暑かった先週初めが信じられない寒い長雨がようやくやみました。

ナタマメもこれからの秋晴れで最後の仕上げ…乾燥期がむかえられると思っていたのですが、寒さと長雨に打たれ成長がストップしてしまいました。


Nata182


特に北東角のナタマメの日の当たらない東寄りの株の葉は黄変して葉が随分落ちてしまいました。 この株についた比較的初期の莢はもう少しで乾燥期をむかえられルところまで来ていたのですが、葉がこの状態では最後の詰めが甘い状態になってしまいそう。

まだ葉が緑の日の当たる部分についた莢は、仕上がるまでにはまだ時間がかかりそうなので、これから来る台風の影響でまたしばらく日に当たらずにいると、これまた中途半端な状態で今期を終わらせることになるやもしれません。


Nata183


以前も書きましたが、乾燥期に入った莢は寒さと水に当たるとこのように黒カビみたいなのがついてしまいます(左写真)。

表面に黒カビのようなものがついても早い段階なら中までカビていることはありません。 

いくらかまだ緑みを残していますが、おおよそ茶変した莢は晴れた今日少し早めに収穫しました。


Nata184


収穫した莢は紐に結びつけて日の当たる場所で乾燥させます。


 

| | コメント (0)

2017年10月 3日 (火)

ナタマメ栽培報告  豆之助。 

Dsc_1850


ナタマメの花期は結構長く、10月に入っても未だつぼみや花がついています。

一つの株に花芽、花、成長途中のうすべったい莢、厚みが増した莢、乾燥途中の莢、完成目前の莢と、ナタマメの一生が詰まっていてなんだかふしぎな感じです。

だいぶ涼しくなってきたので未だ長さ方向に伸びているうすべったい莢は完成まで届かない気がしますが、膨らみかけて若干表面にシワが出てきた莢は何とか間に合うかな、という感じです。

豆之助。


| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »