« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月26日 (月)

ナタマメ栽培報告 豆之助。

01


ナタマメ九態

唯一シワが寄って完成間近の莢が一つ(上段中)。

他はふくらんではいるものの完熟には届かないもの、ふくらむ以前のもの…変な形の莢など。 今年はこのような感じです。


02


北西のナタマメは何故だか今年は丈も伸びず、つぼみも花もつけず、葉を落としてしまいました。

抜いてみると根の張りが別段悪いわけでもなく、コガネムシの幼虫に攻撃されているわけでもなく、育たなかった理由が全くわかりません。

連作障害??

とりあえず根と葉柄をとって小さめのリース台にしました。


| | コメント (0)

2018年11月24日 (土)

ナタマメ栽培報告  豆坊主

元祖豆盆栽の豆坊主さんから栽培レポが届きました!


 

01


すっかり寒くなってしまいました。

ナタマメたちの葉落ちは日に日に

激しくなってきています。


02


豆は莢がツルッとしたものと、

シワシワしたものの二種類に

分かれているようです。


03


あとは茶色くカサカサになるまで、

 

もう少し面倒を見ながら観察します。



今年の夏の異常なまでの猛暑でナタマメに限らず様々な方から「今年は植物の育ちが悪かった」との話を聞きました。

豆坊主さんのところのナタマメはむしろ絶好調だったように思います。

わが家のナタマメも壊滅状態の様相を呈していますが、実は今期通じて安定感があったのは豆盆栽だったことをかんがみると、豆盆栽は猛暑に強い何か秘密があるのかも知れませんね。 

大きく育たないことで、強い光、高温によるダメージが比較的少なくて済んだのか? はたまた土の量が少ないことが何か好影響をもたらしたのか? 

理由は良く分からないですが、面白いものですね。

ところで、さすがに最近の寒さで葉は黄色く量も減っているようですが、シワのあるほうは種を取れる状態になると思います。

シワのない方は葉がすべて落ちたら切りとって乾しておくと茶変します。

魔除けインテリアにピッタリですよ。


| | コメント (0)

2018年11月 8日 (木)

ナタマメ栽培報告      豆之助。

01


例年よりも気温が高いと言われていますが、ナタマメの葉はすっかり紅葉し、落葉も始まっています。


02


結構大きく(30㎝オーバー)育ったものの、太らずじまいに終わりそうなナタマメ(上図)。

太ってきたものの乾燥しないまま成長を止めたナタマメ(下図)。

夏に危惧したとおり、今年はほぼ全敗状態です。


03_2


一番最初に実をつけた豆盆栽の莢の表面に若干のシワが入って来て何とか乾燥期をむかえそうな雰囲気。  が、種は見たところ3ー4コほどしか入ってなそそう。

とはいえ、今期唯一の希望の星。 何とか乾燥莢までたどり着いて欲しいものです。

豆之助。


 

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »