« 2019年11月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年5月

2020年5月14日 (木)

ナタマメ栽培報告 豆之助。

00_20200514112301

 

まさに根が出た順にナタマメたちは芽を出してきています。

種の大きさが大きさだけにナタマメの芽はさながら巨大生物の国の植物のよう。

最初に芽を出した赤ナタマメは早くも双葉を出しています。

まだマメより二回りほど大きいだけですが、ここから大人の手のひらほどに広がってきます。

緑色が美しいですね。

豆之助。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

ナタマメ栽培報告 豆之助。

Dsc_6758

 

赤・白豆それぞれ3粒 計6粒、10日ほどの時間差を置いて
本日そのすべてが水苔ベッドで根を生やしました。

そして、先行して根を生やした赤ナタマメが土の寝床からむっくりと頭をもたげています。

例年かなり根が大きくなり、ひげ根が出るまで水苔ベッドで保育していたのですが、
今年は根がチョビット種から出た時点でポットに植え換えたので、
こうして頭を土中からもたげるまで10日かかりました。

恐らくここから次々にナタマメたちの芽が出そろうことになるでしょう。

こうして発芽を見るとホッとしますね。

豆之助。


 

 

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

Natamame 2020 Start!!

01_20200501175801

コロナウイルスの自粛モード継続中ですが、ナタマメ栽培スタート。
昨年、奈良佛像めぐり弾丸ツアーでゲットした新もののナタマメを使います。

赤、白豆のセットなので、久しぶりに赤ナタマメもブートします。

ブートと言っても筆洗に水をため、ただ豆を投入するだけです。

 

02_20200501175801

 

数時間後には豆に水が浸透し、皮がふやけてきます。
赤豆は白豆に比べ皮が固く、水の吸収が遅いようです。

一日おくと、白豆のすべて、赤豆もひとつを除いて水を吸って大きくふくらみます。

 

03_20200501175801

 

二日ほどしっかり水を吸収させた豆は発泡スチロール箱の中に敷いた水を吸った水苔に置きます。

さらに二日、赤豆のひとつから根が顔を出しました。

おそらく一両日中に他の豆からも根が出ることでしょう。

豆之助。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年7月 »