会員からの報告

2019年10月 9日 (水)

ナタマメ栽培報告 豆之助。

01_20191009114101

 

太陽の日差しはまだ強いものの乾いた空気がすっかり秋らしくなりました。
この穏やかな秋空は週末の台風の前の静けさなんでしょうか。
大きな被害が出ないように祈るばかりです。

ナタマメ栽培もそろそろ終盤。
土に近い葉はそろそろ黄変を始めていますが、蔓は未だ空を目指し、若莢もスクスクと育っております。

 

02_20191009114101

 

ナタマメの莢もようやく茶変をはじめ、収穫の日も近づいているようです。

 

03_20191009114101

 

近所のザクロは今年もたわわに実をつけ、稲ではないですが木自体がまさに「実るほど頭を垂れるザクロかな」状態。
しかし、まだ完熟には時間がかかりそうで、今週末の台風にこの木、この実たちが耐えられるのか若干心配です。


 

 

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

ナタマメ栽培報告  KUMAHOUSE

立川支部KUMAHOUSEさんからのナタマメ情報です。

01_20191002210701

 

激遅でスタートしたクマハウスですが。

今がちょうど食べごろになりました。

 

02_20191002210601

 

花の勢いは弱くなっていますが、まだつきそうな感じです。

まだしばらくネバれそう!

 

 

03_20191002210601

 

ちょうど良い小さめのものは至福の天ぷらに!

残りは副腎漬けにして遅めの旬をいただきます。

ナタマメの幸せ~~~。

今年は残さずに全部食べちゃう!

 

 

ナタマメにとって今年は昨年ほど過酷な状況ではないようでしたが、数年前に比べやはり若干成長具合に変化が現れているようで、気分的には完熟までの期間が長くなっているような気がします。
わが家のナタマメもようやく一つ茶変が始まった莢がありますが、間に合わない莢も結構でそうです。
完熟までに間に合わず、中途半端に育てるより思いっきり食べちゃうと言うのも一興ですね。
できたての莢なので、決して遅めの旬というわけではありませんよ。七福のシソの実の旬も関東ものは秋ですし、もちろん秋なすもね。
ただ…副腎漬けとはハンニバルレクター博士の大好物そうな名称ですな。

豆之助。

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

ナタマメ栽培報告 豆之助

01_20190930101401

 

幾分すごしやすくなったとは言え、10月を前にいまだジメジメとした暑い日が続きますね。
しばらくご無沙汰だったわが家のナタマメ。
7月はじめについた初莢も触ってみると重さが減ってきて、若干フカフカとした感触をもってきています。
すでに二ヶ月ですから、そろそろ茶変していい時期なのですが、まだ乾燥期は先のような気がします。

 

02_20190930101401

 

ほかに厚みと張りをもった莢とか、まだ厚み方向の成長前の莢。
この暖かさが10月半ば過ぎくらいまで続けば張りのある莢は完成に近づくかも知れませんが、厚みのない莢は間に合わないでしょう。

 

03_20190930101401

 

未だ新しい莢がつき始めています。また、白い可憐な花も旺盛に開花。
新しい莢は12ー15センチほどに育てばまた自家製福神漬けのネタになる予定です。

豆之助。

 

 

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

福神漬け 2019

豆へ〜です。

残暑お見舞い申し上げます。(残暑・・なんでしょうか? 最近の季節感がわかりません😅)

ナタマメ栽培に関しては、豆之助氏に任せるとして・・・

今年も作りました〜〜、ナタマメ入り 福神漬け。


I19_mg_3371




手作りの福神漬けは、本当においしい。
ナタマメは、その断面が独特なので 入っていると本格的な福神漬け という感じになりますね。

食欲の落ちるこの時期
そんなときには、カレー!
ピリッとスパイシーなカレーは、食欲を増進させる上  暑さも忘れさせてくれる!!
そして、カレーは・・何日も楽しめる!(暑くて疲れてごはん作りたくないときの救世主😆)


もう、カレーさまさま✨ですが
そんなカレーのお供にこそ、手作り福神漬けです。

(だんだんコマーシャルみたいになってきました・・)

野菜たちと共に、薄くスライスして塩もみして一晩おいて 固く絞った具材を一煮立ちした調味液につけ込む
そんな流れで、できあがります!

19_mg_3356
19_img_3353
19_img_3360



レシピはこちらの味付けを参考にさせていただいています。

★ナタ豆を食用にするときの注意は、こちらをご覧ください。

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

ナタマメ栽培報告 kumahouse

kumahouse さんから今期初のナタマメ栽培報告が届きました。
意図的な遅い発進。 さて、いかなる結果が待ち受けるか???

Img_1590

 

トロ箱+水苔から始まり、15個全て無事に発芽しました。

昨年の豆7個と一昨年年の豆8個。

 

 

Img_1591

 

さて、どの様に違いが出るでしょうか?

太陽が確実に現れ、気温上昇を確認してから育てるナタマメ。

どうかな?

 

 

Img_1598

 

双葉にほとんど変形無く、なかなか健全な状態で生まれてきているよ~。(8/6現在)



 

8月初旬からのスタート。かなり暖かくなってからのスタートなので、伸びのスピードの加速度も大きいと思われますが、豆が完熟するまでの期間が十分であるかがポイントになりそうです。

例年ですと11月半ばには寒さで成長が止まるので、何とかそれまでには大きく育って欲しいものですね。

今年は昨年に比べ湿度が高い分、暑さがきついように感じられますが、実は最高気温は昨年ほどではないようです。

そのためかわが家のナタマメも確実に昨年よりは初莢も順調に育っており、何とか9月中には完熟莢に育ちそうな雰囲気です。

豆之助。

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

ナタマメ栽培報告 豆之助。

01_20190725101901

 

先日さいた一番花に莢がつきました。

昨年は咲く花 咲く花が落花して莢がつかずやきもきしましたが、今年は取り合えず順調に育ってきているように思います。

 

02_20190725101901

 

やっぱり異常高温のせいだったのでしょうか? 

ぽつぽつと開花が始まり、さほど花落ちもありません。

ただ、梅雨明け後は暑さが厳しくなるとのことなので何とかそれまでにできるだけ莢をつけて欲しいものです。

今年は植木鉢二鉢のみなので、莢が多くできないと家人が楽しみにしている福神漬けの素がへってしまいます。

福神漬けには12〜15センチほどの長さの莢がよいので、早ければ今出来ているもののはあと二週間ほどで収穫することになります。

タネ取り用になりそうな莢をいかに上手に見分け残すかがポイント。

福神漬けもいいですが、いかに丈夫な種を残すかが第一ですからね。

 

03_20190725102201

 

相変わらず大きめのありんこがつぼみ周りにしみ出る甘露を求めて群がっています。

成長に悪影響を及ぼさなければよいのですが…。

豆之助。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

ナタマメ栽培報告 豆之助。

001_20190723133101

 

昨年と違いいつまでも梅雨明けしないので早いのやら遅いのやらピンと来ないのですが、一番花がさきました。
いつ見てもナタマメの花は可憐な花です。

 

002_20190723133101

 

例年だと小さいアリが寄ってくるのですが、今年は大きめの黒ありが集まっています。 
もちろん花芽にしみ出る甘露が目当。
その他にもテントウムシやカメムシ、ちいさな羽虫など様々な虫たちが甘い汁を求めてやってきます。

豆之助。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

ナタマメ栽培報告  豆之助。

01_20190702092701

 

うっとうしい梅雨がつづきます。 
梅雨の時期に雨が降るというのは悪いことではないのですが、最近はいろいろと異常な状況が複雑に絡み合い、局地的に豪雨が続き被害が起きるほど降ってしまうのには参ってしまいますね。 

近年、技術革新が以前に比べ飛躍的に進歩して、常人の創造力の数倍も早く夢(といっていいのやら)が現実になっているように思えますが、個人的感想としてそれに比例して自然は人間にたいして厳しくなっているように思えます。

人間の欲はキリがないようで、希望が満たされれば満たされるほどさらなる欲求がふつふつとわいてくるものらしい。
世の中が便利になっているはずなのに「〜ファースト」とか言ってさらに自分たちの利益を優先するような姿を見ているとなんだか…ね。

強欲ななかまももちものもすべて失ってしまうおはなし、中川李枝子・大村百合子の絵本「そらいろのたね」を思い出します。
えほんのなかのきつねはさいご気絶してしまうのですが、現実の世界では戦争や自然災害で気絶では済まない不幸に見舞われるわけですから。

どこかで「折り合う」という気持ちが大切なのだとつくづくおもいます。

 

02_20190702092601

 

わが家のなたまめ。 

一昨年の種は発芽の際すでに異常な双葉だったり芽がでていたりと、1/3以上がダメな状態で、何とかなりそうな苗が3つ。

これを植木鉢二鉢に、二本、一本にわけ植えてあります。

今のところ順調に葉数を増やし早くも花芽がつきだしました(左写真)。

右は葉っぱの芽。明らかに形状が違いますね。

 

03_20190702092601

 

花芽が出てくると芽から甘露が出てくるのかそろそろいろいろな虫たちが集まって来だしています。

豆之助。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

ナタマメ栽培報告 豆之助。

001_6

 

ポット植えの苗を植木鉢の定植しました。
例年は前前年度の土を夏の直射日光で熱消毒したものを利用していたのですが、今年は心機一転、新しい土で始動。
何といっても昨年の不調は想定外でした。暑さも理由の一つかも知れないのですが、土壌に起因する連作障害も考えられたので、できるところから一歩ずつ。

 

002_4

 

ただ、一昨年度の種はやはりコンディションが悪いのか、発芽率も悪かったり、双葉の形が悪かったりと、出だしから不安要素いっぱい。
この葉っぱが一番形のよいものなのですが、葉先が割れており、パーフェクトな形状ではありません。

 

003_4

 

こちらはほとんどナタマメの双葉の様相を呈しておらず、しっかりと育つのやら。
経験則で行くと最初に不安のある個体はあまりよい結果を生まないので、心配であります。

ここに植えられなかった苗はすべて間引きの対象となってしまいました。 残念。

不安いっぱいの2019年度ナタマメ栽培。 一体どうなることやら。

豆之助。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

ナタマメ栽培報告 natako

 

新宿natakoさんから発芽の報告があがっています。

 

Natako

 

なた豆伸びてきた!葉っぱ開いたら、本番の鉢に植え替えしまーす

 

この大きな豆が土からせり出して、パカッと開く瞬間がナタマメ栽培の醍醐味第一弾ですね。
第二弾は双葉が広がり、これまたビックリするぐらい広がるところでしょうか。
なんだか5月から大変な暑さですが、何とか今年こそは立派なナタマメができるよう期待しましょう!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧