2021年9月24日 (金)

2021/09 金曜日の造形教室・小学生クラス

9月も終盤、なぜか暑さもぶり返していますが、確実に日の暮れるのが早くなっていて
時の流れを感じずにはいられません・・
暑いんですが、夏はとっくに終わっているんですよね。
大変大変、もう年末のことを考えなければいけない時期になっていきますよ〜!
頭の時計と、体の時計がずれていきそうです。

さて、金曜日の小学生クラス。

03_20210924200501

 

Kちゃんは、混色した色を丁寧に箱に塗り終わった後、ニスを塗りました。

Sちゃんも、まだ塗っていなかったところに色を塗り、その後ニスを塗りました。

塗り残しなど、細かい部分にも目配り気配りができるようになってくると、今度は以前よりも細かい部分に塗り残しがあることに気づいたりします。そういった部分を見つけられる目が養われていき、完成度も高まって行きます。

 

04_20210924200501

 

Mちゃんは、まず貼りたいモノをハサミで丁寧に何枚も切っていました。すぐに貼らずに、レイアウトを検討することは大切ですね。

Yくんは、箱に色を塗りました。箱の側面にも模様を描き、その後ニスを塗りました。いよいよ素材を貼る段階になりました。

 

01_20210924200601

 

Rちゃんは、持ってきた素材をドンドン貼っていたのですが、今日は細かい作業に移りました。初めての夏休みボックス制作だったので、細かい作業はどうかな?続けられるかな?と見守っていましたが、持ってきた写真を小さく切り抜いたり、糸を使ってぶら下げようと考えたり、綿テープをグルグル巻いたりと・・工夫していました!

 

02_20210924200501

 

Dくんは、今日から本格的に貼り始めました。写真を切り、虫や恐竜のマスコットを貼り、スピーディに進んでいます。レイアウトを検討しているのかな? と思ったら、もう既にいくつも貼り付けてありました!

Rちゃんは、飲み物のパッケージを中心に貼り付けているようです。今年は箱から飛び出さないように貼ることも課題なので、紙コップなどはどの位置で切るか考え、マスキングテープで印をつけてからカットしていました。


素材を貼り出したら、一気に変化しているそれぞれの夏休みボックス。
こどもたちの夏休みの記憶が薄れないうちに、完成させられるかな?


 

アプレットプラス http://aplt.jp/

こどもデザイン造形教室
  

幼児クラス各クラス募集中!(年長・年中対象) 
体験レッスンは、ご希望日の一週間前までにご予約ください 📩 

★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません
 キャンセル待ちのご登録をされたい方はお問い合わせください 📩


・Sundayおやこワークショップ
コロナ禍のため、残念ですが今年度もお休みしま

| コメント (0)

2021年9月22日 (水)

2021/09 水曜日の造形教室・小学生クラス

暑さ寒さも彼岸までといいますが・・今日は蒸し暑い一日でした。
夏の暑さを思い出させて、寒暖差や湿度の上がり下がりに振り回されますね〜。

さて、水曜日の様子です。
今日も、夏休みボックスの続き!

 

01_20210922204901

 

箱に色を塗っている人もいますが、貼り方の説明や、道具・用具の使い方などのお話を聞きます。
物づくり全般に言えることですが、完成のイメージを持ちながら作ることや、こう表現したいと言う思いの強さが作品の良し悪しを決めるように思います。
それから、できるだけ丁寧に作ること。適材適所の道具を使うことが完成度を高めていくでしょう。

毎年作るうちに、そのことが少しでもこどもたちに積み重なっているといいのですが!

 

02_20210922204901

 

先週お休みだったYくん、今日は箱にやすりをかけるところから。やすりがけが終わったら、絵の具で色を塗ります。

Sくんは、先週までにやすりがけを終えていたので、今日は色を塗りました。

 

03_20210922204901

 

じっくり黙々と色を塗っていたYくん。塗り残し無いように、しっかり見つめて塗っていました。

Eちゃんも、今日は絵の具で色塗りしてから、ニスを塗りました。

 

04_20210922204901

 

Sちゃんは、混色により生まれた独特の色を重ねたりしながら、模様のように塗っていきました。

Rくんは、先週丹念に塗っていた青を、今週は全て黒で塗りつぶしました。今年はどんなものを伝える箱になりそうかな?

 

 

05_20210922204901

 

RちゃんとMちゃんは、ニスを塗り終えたので、さっそく素材を貼っていきました。まず、切ったモノを並べてみる。そして、貼る順序を考える。いきなり貼らないでどの向きがいいかを考える。

 

今年はコロナ禍2年目の夏休みでした。
今年こそ、気兼ねなく遠出が出来ると思っていたのに、昨年より感染者数が増えてしまい、緊急事態宣言下の夏休みになってしまいました。
そんな中での夏休みボックスですから、こどもたちからは、どんな表現が生まれてくるでしょう?

来週以降も、制作は続きます!

おまけ
今日は、4年前に卒業した現在高校一年生のKくんが見学に来ました!
時々顔を見せてくれるKくん。こんな風に、気軽に遊びに来てくれるなんて、嬉しいな〜。


アプレットプラス http://aplt.jp/

こどもデザイン造形教室
  

幼児クラス各クラス募集中!(年長・年中対象) 
体験レッスンは、ご希望日の一週間前までにご予約ください 📩 

★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません
 キャンセル待ちのご登録をされたい方はお問い合わせください 📩


・Sundayおやこワークショップ
コロナ禍のため、残念ですが今年度もお休みしま


 

| コメント (0)

2021年9月21日 (火)

2021/09 火曜日の造形教室・幼児・小学生クラス

今日は、十五夜です。
まん丸で神々しく輝く月を・・みなさん、見ましたか?

空に輝く満月は、古代からその輝きを変えず、漆黒の夜に光を放っています。
現代は、建物や電線で空が狭くなり、街路灯やネオンがあるため真の暗闇が無く、古代の人々が感じるほどの神秘性を月からは感じ取れないかもしれませんが、それでもやはりこの自然の光というのは、眺めていると不思議と気持ちが落ち着くような気がします。

さて、
こどもデザイン造形教室 火曜日の様子です!

01_20210921213301

 

幼児クラスのSくん、今日は夏休みボックスに写真やチケットを貼っていきました。
切って置いた写真など、並べてみて位置がこれでいいのかな?と考えてから固定していきます。

先週、切って準備しておいた写真を箱の底に貼り、木のかけらで高さを変える方法やワイヤーでバネを作る方法、棚を作る方法などを教わりながら、貼っていきました。


続いて、小学生クラス。
今日は、先週の続きで、箱に絵の具で色を塗り終えた人からニスを塗り、箱の下準備完了。
その後、持ってきた素材を箱に貼っていくのですが、すぐに貼ってしまうと動かせなくなってしまうので、いくつか素材をまず置いてみてよく考え位置を決めてから貼り込むようにと説明をしました。
また、素材の見せ方。いろいろな向きから眺めて、どの向きで貼るかをよく考えて、どんな風に切るとカッコイイか?アイデアが伝わるか?よく考えて・・と伝えました。
今年のテーマ、【自分の心に響いたもの】 それをあらわすにはどんな順序で貼っていくといいのかな?
箱には奥行きがありますから、奥から貼ると手前に貼っていくモノで隠れてしまう。
一番見せたいモノを貼る順序を考えながら貼っていくのがコツなのです。

そんなことを説明しましたが・・・さて、火曜日クラスのこどもたちには伝わったでしょうか?
昨年とは違うアイデアは出てくるかな?

02_20210921213301

 

Mちゃんは、箱にニスを塗りました。初めての夏休みボックスづくりですが、今日は素材を切った後、あっという間に貼っていました。少し並べて確認してから貼った方がいいよ、と横でアドバイスしましたが、とにかく貼っていきたい様子のMちゃんでした。あんまり慌てずじっくり作ってほしいですが・・さて、どんな風に発展していくでしょう?

Yちゃんは、箱に丁寧に色を塗った後、ニスを塗りました。その後、素材を少しだけ貼りました。

 

03_20210921213301

 

Sくんは、箱に仕上げの色を塗ってからニスを塗りました。その後、素材を貼っていくのですが、どんな順序で貼ると自分のアイデアが人に伝わるのか・・まず素材を用意して並べてみて、それから貼っていくといいと思いますが、さてどうなるでしょう。

Mくんは、絵の具で色を塗っているときに、色がキレイに塗れたと満足な表情。気に入った表現ができたら、その後、どんな風にその箱の色を活かして行くのかな?

 

04_20210921213301

 

Sちゃんは、箱にニスを塗った後、いよいよ素材を貼り始めました。教室の素材の中から板を見つけてきて糸のこ盤でカット。初めての糸のこ盤でした。板をどの位置にどのような向きに貼りたいからこの長さにする・・と、よく考えてから切る位置を決めるといいとおもいますが、パッと思いついてパッと切っていたSちゃんです。

 

05_20210921213301

 

Eくんは、真っ黒に塗った箱にニスを塗って、その後 持ってきた素材を貼り始めました。Eくんもまた、並べてレイアウト検討する前にドンドン貼り付けていました。せっかく貼ったモノも手前に貼ったモノで隠れてしまうかもしれないけど? 何か秘策があるのかな?

Kちゃんは、今日は箱に全て色を塗り終えました。とても丁寧に作業しています。(すみません!制作中の写真がありません)
箱の縁取りが白く塗られて額縁のようになっています。

 

手順の少し先を予想したり、貼り付けられ 形になったところを想像したり、
こんな夏休みボックスにしたいという思いを持ちながら制作していくと、
おそらくその箱は作者の思いが伝わる箱に変化して行くでしょう。

火曜日のこどもたちは、そんな思いを抱きながら制作しているかな?
教室でも声をかけていますが、・・・こどもたちには届いているでしょうか?

来週も続きます。



アプレットプラス http://aplt.jp/

こどもデザイン造形教室
  

幼児クラス各クラス募集中!(年長・年中対象) 
体験レッスンは、ご希望日の一週間前までにご予約ください 📩 

★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません
 キャンセル待ちのご登録をされたい方はお問い合わせください 📩


・Sundayおやこワークショップ
コロナ禍のため、残念ですが今年度もお休みしま

| コメント (0)

2021年9月17日 (金)

2021/09 金曜日の造形教室・小学生クラス

台風が当初の予想とは違って進路を変えて進んでいるようですね。
秋晴れは長続きしません。被害が出ないことを祈るばかりです!

さて、金曜日のこどもデザイン造形教室 小学生クラスの様子。

 

01_20210917225501

 

今年の夏休みボックスには少し条件をつけました。
まず、自分の心に響いたもの を集めてくる。そして箱に色を塗ること、また箱の奥行き以内に収まるように貼っていくこと。

条件が増えると、その範囲内でどう表現しようかと考えます。条件をクリアするために、より一層の創意工夫をこどもたちは するでしょう。

 

02_20210917225501

 

Yくんは、今日も箱の中に海の生物や水中生物など、気に入った生き物を絵の具で描いていました。周りに惑わされず自分の描きたいモノをじっくり描いているYくん、自分らしさが箱の中に詰まっていきそうな予感!

Rちゃんは、先週描いた水玉模様の上からジェッソを塗り、全体に柔らかな印象に仕上げた箱に素材を貼り始めました。奥行きや貼る順番を考えながら作っていこう!

 

03_20210917225501

 

Mちゃんは、箱に色を塗り終えた後、ニスを塗ってから素材をどうやって貼ろうか考え始めました。次にどうしたらいいの? と質問するMちゃんですが、まずは持ってきた素材を見つめてみよう!

Dくんは箱に色を塗ってからニスを塗りました。絵本の一ページのような箱の中・・ここにどんなモノが貼られていくのかな?

 

04_20210917225501

 

Rちゃんは、箱にニスを塗ってから、持ってきた素材をドンドン貼っています。 まずは、持ってきたモノを並べてみて、納得できたらボンドで貼ります。途中、プラスチックのフォークを短く切って重ねて貼ったり、写真だけで無くフェルトや布も切って貼って・・ グイグイ進んでいるRちゃんです。

夏休みボックスは2016年から始めたカリキュラム。
毎年進化していて、こどもたちの表現も無限に拡がっています。
こちらも、レクチャーをする際に、こどもたちへどう伝えるかを毎年考え工夫しています。
同じ条件で作ったはずの夏休みボックスが、できあがった時には どれをとっても同じ印象のモノが無いくらいに個性的に仕上がっている。
今年は、色を塗っているのでより一層個性が光るはずです!


アプレットプラス http://aplt.jp/

こどもデザイン造形教室
  

幼児クラス各クラス募集中!(年長・年中対象) 
体験レッスンは、ご希望日の一週間前までにご予約ください 📩 

★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません
 キャンセル待ちのご登録をされたい方はお問い合わせください 📩

・Sundayおやこワークショップ
コロナ禍のため、残念ですが今年度もお休みしま


 

| コメント (0)

2021年9月16日 (木)

2021/09 木曜日の造形教室・小学生クラス

曇りかと思っていたら、さわやかな秋晴れだった・・本日!
木曜日は、雨率が高いのですが、お天気が良くなりホッとしますね。

木曜日のこどもデザイン造形教室。
幼児クラスでは・・
Rちゃんがいよいよ夏休みボックスの素材を貼り付けていけるので、張り切っています!!

 

01_20210916212501

 

一年に一回のことなので、昨年経験したとは言え、細かく説明します。でも、説明を聞いているうちに・・・「早く作りた〜い」とRちゃん。

奥行きを考えながら、貼る・・ それがコツなのですが、こどもたちはまず、貼りたいモチーフから貼ってしまいがち。
そうすると、手前にいろいろと貼っていく間に最初に貼ったモノが見えなくなってしまうのです。
完成を予想しつつ、手順を考える。貼る前に、並べて考える・・。
幼児クラスのこどもたちには、少し難しいかもしれません。理屈は少しずつ分かっても、やっぱり気持ちが優先してしまいますよね。

Rちゃんは、たくさんの持ってきた素材から、選んで並べて、そして貼っていました。
そう、まず、手を動かしていくことも大切。作りたい!という気持ちこそが自分らしい表現に近づく早道でもあります。
そして、今日は ピンセット を初めて使ってスパンコールを一枚一枚貼りました。
道具を使いこなすことも経験の1つ!

続いて、小学生クラス。

 

05_20210916212501

 

先週の続きで、箱に色を塗り終え、ニスを塗り終えたら、箱の中に素材を貼っていきます。
初めて作る子もいるので、改めて詳しく素材の貼り方や道具の説明を聞きます。

説明を聞いて、自分としては どんな箱にしたいのか、どうやって表現したいのか、それを決めるのは自分自身!
まず考える、どうしたらいいかな? 素材の向きは? 貼り方は? と・・考える。

02_20210916212501

 

木曜日クラスのこどもたちは、箱にしっかりハッキリとした色を塗りました。
Kちゃんは、二色を真ん中で斜めに切り分けて塗っています。
今回初めて作るSちゃんは、一年生ながら ムラ無く塗り残し無くきれいに塗っていますよ!

 

03_20210916212501

 

Kちゃんは、紫色で内側を塗り、側板の内側は少し彩度を落とした紫を混色して作り、塗りました。細かいこだわりの色になっています。
Yくんは、鮮やかな黄色で全体に塗っています。黄色に少し白を混ぜると塗りむらが出にくいですね。

 

04_20210916212501

 

Mちゃんは、全体にナチュラルに仕上げたかったようで、内側をベージュ、外側はあえて箱の板の色が透けるかのような白を塗っていました。
Kちゃんは、鮮やかな黄色い色を塗った後、持ってきた写真素材を細かく切り、レイアウトしていました。


色を塗ったことで、素材を貼ったときの印象がそれぞれ違ってきますね。
より個性的な箱がたくさん仕上がるのではないかと、今から楽しみです!
コロナ禍2年目の夏休みでしたが、みんなの夏休みボックスは、コロナなんかに負けないぞ〜〜〜!


アプレットプラス http://aplt.jp/

こどもデザイン造形教室
  

幼児クラス各クラス募集中!(年長・年中対象) 
体験レッスンは、ご希望日の一週間前までにご予約ください 📩 

★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません
 キャンセル待ちのご登録をされたい方はお問い合わせください 📩

・Sundayおやこワークショップ
コロナ禍のため、残念ですが今年度もお休みしま

| コメント (0)

2021年9月15日 (水)

2021/09 水曜日の造形教室・小学生クラス

こどもデザイン造形教室
水曜日の様子です。

今週は、夏休みボックスの色を塗ります。
色を塗る前に、紙やすりのかけ方の話も聞きます。


01_20210915213801

 

紙やすりは、ホームセンターや文具店、画材屋さんなどでも買えます。
ウラに番号が印刷されていますが、数が少ないほど目が粗い。そんなこともお話しました。

箱に紙やすりをかけた後、色についての話を聞いてから こどもたちは絵の具で色を塗っていきました。

 

02_20210915213801

 

Rくん、紺色を細い筆で塗り込んでいます。大きな画面を一気に塗る場合は大きな筆でぬった方が均等に塗ることができますが、Rくんは小さな筆にこだわって細いラインを何度も何度も引くことで色を埋めていきました。

Sくんは、先週休んだ分を取り返すべく、駆け足で制作を進めました。箱の組み立て、接着まで終了したらアイデアスケッチ。
その後、箱が固まったのでやすりがけまで進みました。

 

04_20210915213801

 

Rちゃんは、絵の具で色を塗るときに区分けをしながら色を替えて塗っていました。

Yくんは、混色によりオリジナルブルーを作ってから塗っていました。

 

05_20210915213801

 

Sちゃんは、淡いペパーミントグリーンを塗り拡げた後、模様のようにさまざまな色を塗っていました。どんなテーマになるのでしょう?

 Eちゃんも、色を塗り分けていました。素材と組み合わさると、不思議な画面になるかもしれません。

 

03_20210915213801

 

Mちゃんは、明るい黄緑で箱全体を塗っていました。外側を塗る予定ではなかったようですが、絵の具がはみ出てしまったことをきっかけに、全体に塗っていました。



アプレットプラス http://aplt.jp/

こどもデザイン造形教室
  

幼児クラス各クラス募集中!(年長・年中対象) 
体験レッスンは、ご希望日の一週間前までにご予約ください 📩 

★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません
 キャンセル待ちのご登録をされたい方はお問い合わせください 📩

・Sundayおやこワークショップ
コロナ禍のため、残念ですが今年度もお休みしま

| コメント (0)

2021年9月14日 (火)

2021/09 火曜日の造形教室・幼児・小学生クラス

9月も後半になりました。
酷暑がまた、再来するのはいつだろう、と思っていたら肌寒い長雨が続き そのうち
季節がすっかり秋に近づいていたようで、アトリエの外にはなんと、彼岸花が咲き始めました。
咲いているのを見たときには、我が目を疑うほどビックリ! 私としてはまだ夏な気分だったので・・・。
例年より一週間は早く開花したようです。
暑さ寒さも彼岸までとはよくいいますが、近年はこの言葉もあまり信憑性が薄いような、そんな気がします。
来週また、暑くなるかもしれません。

さて、
火曜日のこどもデザイン造形教室。

幼児クラスのSくん、今日はまず夏休みボックスの色塗りを終わらせ
持ってきた素材を貼り付ける作業に、早く取りかかりたい様子。


01_20210914214301

 

初めてのボックス作り。立体的なコラージュになるのですが、この「立体感」と「奥行き」を理解し工夫しながら写真などを貼っていくのは少し難しいのです。平面的なモノをどんな向きでどんな切り取り方で見せると面白いかな?カッコイイかな?伝わるかな?
今日は、ひとまず置いてみて・・・来週から本格的に貼っていきます。

続いて小学生クラス。

 

04_20210914214301

 

今日は、箱に紙やすりをかけてから絵の具で色を塗ります。
紙やすりのかけ方や色についてのお話をしっかりよく聞いてから・・作業を開始します。

 

03_20210914214301

 

Mちゃんは、少し遅れての到着でしたが、みんなに追いついて紙やすりをかけてから、絵の具で色を塗ることができました。

Aちゃんは、目指す色を少しずつ変化させながら塗っていました。自然のにじみもとてもきれいに出ています。

 

06_20210914214301

 

Eくんは、色の話を聞いて真っ黒に塗り始めました。 黒の絵の具に少しだけ自分の好きな色を混ぜると、自分だけの黒になるよ、とのアドバイスに、黄緑を混ぜていたEくんです。細かい所も最後まで塗っていました。

Kちゃんも少し遅れての到着でしたが、みんなに追いつきました。先週考えたアイデアスケッチに基づいてなのか、一部の画面を模様のように塗っていました。

 

05_20210914214301

 

Mくんは、各面を色替えしながら塗っていました。どんな仕上がりをイメージしているのかな。

Mちゃんも、部屋を分けるかのように色を塗り替えていました。

 

02_20210914214301

 

Sちゃんは、全体に白を混ぜたパステルカラーで塗り分けています。タッチも柔らかく優しい印象です。

Sくんは、全体を青紫に。内側の底板部分は、カラーチップに近づけて混色していました。

 

色を塗ると、個性が一層際立ちますね。
ここにまた来週から、素材が貼られていくと・・・

さて、どんな夏休みボックスに変化して行くかな?

 

アプレットプラス http://aplt.jp/

こどもデザイン造形教室
  

幼児クラス各クラス募集中!(年長・年中対象) 
体験レッスンは、ご希望日の一週間前までにご予約ください 📩 

★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません
 キャンセル待ちのご登録をされたい方はお問い合わせください 📩

・Sundayおやこワークショップ
コロナ禍のため、残念ですが今年度もお休みしま

| コメント (0)

2021年9月10日 (金)

2021/09 金曜日の造形教室・小学生クラス

やっとやっと〜
一日中 晴れました🌞

久しぶりに・・汗ばむ陽気に。

さて、週末金曜日のこどもデザイン造形教室。
9月2週目に入ったので、夏休みボックスに色を塗ります。
箱に紙やすりをかけた後、こどもたちには色のお話をしました。

 

01_20210910231001

 

みんなで話を聞くときだけは、仕切り板をよけておいて よく見えるように!
色の持つ性質について、色紙を示しながらお話しました。
鮮やかな色、落ち着いた色、奥行きを感じさせる色、目立つ色、温度を感じる色・・
夏休みボックスを作るときに、みんなのテーマが人に伝わるように、色にも手助けしてもらいましょう。
箱に絵を描いてもOKです!

 

02_20210910231001

 

Rちゃんは、やすりがけをしたあと、絵の具で箱の内側に色とりどりの水玉模様を描いていました。どんな箱のイメージにするのかな?

Kちゃんは、少し彩度を落とした青を全体に塗りました。先週描いていたアイデアスケッチを見ながら、完成予想に近づけているのかな?

 

03_20210910231001

 

Yくんは、サンゴを持ってきたので、その奥にカクレクマノミを描きたいと・・箱の内側に絵の具で丁寧にクマノミの絵を描き始めました。

Dくんは、思うがままに筆を動かしている様子。使っている色がスパイシーカラー、暑さを感じさせるイメージでしたが今年はどんな箱になるのでしょう?

 

04_20210910231001

 

Sちゃんは、縞模様に塗っています。補色関係の色味がにじんで複雑な色合いに。

右の写真は、Rちゃん、水玉模様が描かれている状態です。側面は深い青で塗っていました。

 

05_20210910231001

 

Mちゃんは、海のイメージで塗りたいと、砂浜と空を感じさせる色合いに。

Rちゃんは、思いと手とが同時進行、感情の赴くままに塗っているようです。



来週以降、箱の中に持ってきた素材がコラージュされていきます。
今日の様子を見ていると、まだまだ想像がつきませんが・・・
でも、こどもたちそれぞれが全く違う表現をして臨んでいるところが、いい! ・・ですよね。
過ごした時間も、感じた物事も、みんな全く違うのですから 表現も全く違うのです。

こどもたちの過ごした2021夏休み。
どんなモノやコトが心に響いたのか、今日塗った色とのコラボレーションで、ますます表現が無限大になっていきそうです!




アプレットプラス http://aplt.jp/

こどもデザイン造形教室
  

幼児クラス各クラス募集中!(年長・年中対象) 
体験レッスンは、ご希望日の一週間前までにご予約ください 📩
★9月後半より受け付けます 

★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません
 キャンセル待ちのご登録をされたい方はお問い合わせください 📩

・Sundayおやこワークショップ
コロナ禍のため、残念ですが 今年度もお休みしま

| コメント (0)

2021年9月 9日 (木)

2021/09 木曜日の造形教室・幼児・小学生クラス

こどもデザイン造形教室 木曜日の様子です。

夏休み明け2週目。
夏休みボックス制作も2週目になりました。

幼児クラスのRちゃん、今日は、先週からの色塗りの続きです。

 

01_20210909215701

 

今日は、何をやるか覚えてる? と尋ねると、箱に絵の具で色を塗る!と、ちゃんと覚えていたRちゃんです。ただいま、木曜日クラスはRちゃん一人なのですが、いつも制作が始まると 静かに集中しています。 今年の夏休みボックスのテーマに沿った色を塗り、箱の側面に模様も描き、その後ニスも塗りました。

続いて小学生クラス。

先週組み立てた箱に紙やすりをかけ、色を塗っていきました。

紙やすりのかけ方のレクチャー、色についての話を聞いてから作業に移ります。

 

02_20210909215701

 

Yくんは、紙やすりをかけた後、鮮やかな黄色で箱を塗りたいとのこと。それならば、一度白いジェッソで下地を塗ってから絵の具を塗った方がいいと言うことで・・ジェッソから塗りました。塗っているときに、筆の毛が抜けて表面が毛だらけに・・! 抜け毛が〜!と表面の毛を取り去ることに一生懸命になっていました。マスキングテープを使ってペタペタすると、上手く取れたようです。

Mちゃんは、うすいベージュに全体を塗りたいと色チップを選び、その色を作るために白に黄土色と朱色を少しずつ混ぜて調整。全体に均等に塗っていました。いつも、終了時間の様子を見ながら時間配分が上手なMちゃんです。

 

03_20210909215701

 

何かと忘れ物が続いた左のKちゃん、今日はどうかな?まさか、忘れてないよね・・と聞いてみたら、そのまさか!絵の具を忘れてしまった〜!とのことで、教室の絵の具を使いました。カラーチップで大好きな紫色を選び、どんな混色にするかを考えてから色を混ぜ、箱に塗っていました。

右のKちゃんは、鮮やかにむら無く色を塗りたかったので、下地にジェッソを塗りその後 黄色を塗っていきました。終了時間間際になって焦って塗っていましたが、時間配分は完成予定時間から逆算して考えて行くとうまくいきます。

 

04_20210909215701

 

Sちゃんは、今日少し来るのが遅かったのですが、挽回するように静かに集中して塗っていました。

Kちゃんは、わずかに違う青を斜めに塗り分けていました。どんな効果が出てくるのか楽しみですね。


色には、それぞれ性質があります。
鮮やかな色、明るい色、目立つ色、鈍い色、奥行きを感じる色、進出して見える色、暑い色、涼しい色・・
こどもたちは、どんな色を選んだのかな?
持ってきた素材に対して選ぶ色、テーマに合わせて選んだ色・・
完成したときに、どう見えてくるか?? 楽しみですね。




アプレットプラス http://aplt.jp/

こどもデザイン造形教室
  

幼児クラス各クラス募集中!(年長・年中対象) 
体験レッスンは、ご希望日の一週間前までにご予約ください 📩
★9月後半より受け付けます 

★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません
 キャンセル待ちのご登録をされたい方はお問い合わせください 📩

・Sundayおやこワークショップ
コロナ禍のため、残念ですが 今年度もお休みしま

 

| コメント (0)

2021年9月 8日 (水)

2021/09 水曜日の造形教室・小学生クラス

なんだか、スッキリしないお天気が続いていますね。
おそらく9月に入ってから、晴れた!!と言う日が無いのでは?

人間も動物ですから、やはり陽の光からエネルギーを与えられると思うのですが、
こう、曇りや雨が続くと何となくパワーチャージされないというか。

さて、水曜日のこどもデザイン造形教室。
夏休み明けのこどもたち。学校も始まってから一週間経ったけれど、元気に過ごしているかな〜?

こんにちは!
と、声をかけたら・・

こ・・んに・・ちは  

え?なんだか、声が小さいけど〜〜〜〜??

 

01_20210908220401

 

ここへ来て、飛沫防止シートを手作りしてみました。
この壁のせいで、声が小さくなったのかな〜〜?

プラ段をつかったので、不透明。ただし軽くて丈夫な素材なので、こどもたちが行き来したり、触れたりしても危なくないと思います。
向こうが見えないのですが、作業に集中できるという利点もある・・かな? 
しばらくこの環境でやっていこうと思います。 早くコロナがおさまって(いつになるやら)みんなマスクも仕切りも取り払って、ワイワイやりたいよねぇ〜! しばらくの辛抱だ!今が正念場!(っていって、何年かかるんでしょう💦)


水曜日クラスでも、夏休みボックスの箱を作り始めました。
手順の説明を聞きますが、フライングする子も何名か・・。
例えこれまで何回か作っていても、コツや手順は聞いておいた方が、うまくいくよ〜、お話聞いてね〜

02_20210908220401

 

Eちゃんは、これまで作ってあった箱を使っていましたが、今年一年生になったので初めて箱から作ります。

Mちゃんも、今年は初めての箱作り。 ボンドの付け方もよくわかったかな?

 

03_20210908220401

 

Sちゃんは、ムズイな〜 とつぶやきながら作っていました。・・大丈夫、できてるよ〜!

Yくんは、何回も作っているからとやや前のめりになっていましたが、今年最後の夏休みボックス!どんな箱になるかな〜?

 

04_20210908220401

 

Rちゃん、マスキングテープをつけたところと、つけてないところを接着するんだよ〜。むずかしいなあ!とつぶやいていたけれど、ちゃんと確認しながらやれば、できる! 段々上手になります。

Yくんも、今年は何回目のボックス作りかな? 今年も自分がたくさん登場するのかな? 


 

05_20210908220401

 

Rくんに、今年のテーマは?と尋ねてみましたが、今年はまだ何も決まっていない様子。 来週、素材を貼っていくうちにだんだん見えてくるのかな?

箱の組み立てが終わったら、来週につながるようにアイデアスケッチをしていきました。
持ってきた写真や素材を見返して、記入したり、スケッチしたり。
そのうち、持ってきたモノを眺めながら思い出にふけっている子も。

一年生は、写真を見ながら ここに行ったよ!こんなことしたよ! といろいろ教えてくれました。

今年の夏、みんなの心に響いたものは何だろう?

私も、こどもたちと同時進行でいつも夏休みボックスを作っていますが
今年は・・・ 今年は、ほんと〜〜に、引きこもりになっていて
果たして、何が心に響いたんだろうと。 
コロナ とか オリンピック とか ワクチン とか・・
そんなことに埋め尽くされてしまって、なかなか自分や自然と向き合うことができず、ただ酷暑にまみれていたような💧

しかし! そんな中でも、何か見つけようと日常の中でキョロキョロしていました。
さて・・
今年の夏休みボックス。 どんな風に仕上げていこうかな〜〜〜〜。





アプレットプラス http://aplt.jp/

こどもデザイン造形教室
  

幼児クラス各クラス募集中!(年長・年中対象) 
体験レッスンは、ご希望日の一週間前までにご予約ください 📩
★9月後半より受け付けます 

★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません
 キャンセル待ちのご登録をされたい方はお問い合わせください 📩

・Sundayおやこワークショップ
コロナ禍のため、残念ですが 今年度もお休みしま

 

| コメント (0)

2021年9月 7日 (火)

2021/09 火曜日の造形教室・幼児・小学生クラス

長雨がようやく上がった火曜日!
もっと陽射しがあるかなと思ったのですが、曇り空でした。
それでも、暑すぎず寒すぎずという気温で過ごしやすかったですね。

さて、こどもデザイン造形教室 火曜日の様子です。

幼児クラスでは・・
Sくんが、夏休みボックスを作り始めました。

 

01_20210907203101

 

箱に紙やすりをかけた後 絵の具で色を塗っていきました。
今年の夏休みに集めた素材を見直しながら・・さて、どんな箱にしていこうかな?とイメージします。

今年初めて夏休みボックスを作るSくんですが、夏休みは大好きな電車にいっぱい乗ったとのことなので、そんな様子が表現されるのかな?

三原色について思い出し、混色によりどんな色が生まれるかを想像しながら、絵の具で箱に色を塗りました。
マスキングテープを使って塗る方法にもチャレンジしてみたいと、テープを貼りました。
お家でも、この方法で色を塗ったことがあるんだって!
来週も、色を塗る続きです。

続いて、小学生クラス。
夏休みボックスの箱をまず、自分たちで組み立てます。

何回も作ったことがあったとしても、忘れてしまっているかもしれないので
よく説明を聞きます。
その後、箱を組み立てて行きます。

02_20210907203101

 

板の表裏を確かめながら、まず側板を貼り合わせて枠を作っていきます。
そのために、マスキングテープを側板一枚に付き二枚ずつ貼っていきます。

 

03_20210907203101

 

マスキングテープも、机の端につけながらハサミで切った方がきれいに長さをそろえながら切ることができます。
板の断面にボンドを点付けする加減も、慣れてくると上手になるね。

 

04_20210907203101

 

側板をぐるりと貼るのも、きちんと机に置きながら、水平垂直に曲がらないように・・丁寧に。
枠ができたら、その切り口にもボンドを均等に塗っていきます。ボンドの量が多いとはみ出るし少ないと板が貼り付かないし。
ちょうど良い状態を知るのも経験ですね。

 

05_20210907203101

 

箱の組み立てが終わったら、今年のボックスについて、持ってきた素材をどんな風に表現するか、考えます。
まず、何を持ってきたのか・・持ってきたものをどう料理しようかな〜?
一番に見せたいものは何かな〜?
来週、箱に色を塗るけれど、何色にしようかな? 等々
考えながら、アイデアスケッチを描いたり素材をメモしたりしました。


今年も、まさかのコロナ禍の夏休みになってしまい、しかも実は昨年より感染者数も増えてしまって💧
思っていた以上に外出しづらくなってしまったかもしれませんね。
いつもだったら、ここへ行ったよ!こんなことしたんだよ!と、こどもたちのほうからグイグイ夏休み情報が伝わってくるのですが・・。
コロナ禍で自粛・・そんな状況に慣れてきてしまったようにも見受けられました。

こどもたちの○○したいパワーがコロナのためになんでもガマン の方向に押し込められないように・・
せめて夏休みボックスでは、去年とはまた違った新しい切り口で元気に自己表現をしてほしいな と思います!



アプレットプラス http://aplt.jp/

こどもデザイン造形教室
  

幼児クラス各クラス募集中!(年長・年中対象) 
体験レッスンは、ご希望日の一週間前までにご予約ください 📩
★9月後半より受け付けます 

★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません
 キャンセル待ちのご登録をされたい方はお問い合わせください 📩

・Sundayおやこワークショップ
コロナ禍のため、残念ですが 今年度もお休みしま

| コメント (0)

2021年9月 3日 (金)

2021/09 金曜日の造形教室・小学生クラス

ここのところ、また長雨が続いています。
肌寒くて、長袖が必要なほど。

確かお盆休み頃、やはり しばらく長雨と肌寒さが続きました。
今はいったい真夏なのか? 季節がわからなくなったなあ・・と思った頃に、また!酷暑が復活して、前より一層暑さが身にしみた記憶。

涼しいと、いろいろ動き回ってもあるいはデスクに向かっていても、大汗かくこともないし落ち着いて考えることができ、仕事がはかどりますよね〜・・雨続きも億劫ですが、酷暑よりは断然マシ!と思っていますが、皆さんはいかがでしょう?

あ・・・雨の中、こどもたちを送迎されているお父さんお母さん方のご苦労を考えると、何とも複雑。
でも、直射日光を浴びながら汗だくでの送迎もかなりツライですよね😂
コロナ禍での夏休み・・遊びたいけど気軽に出かけられない💦 仕事のリモートワークも増えるし、夏休み中の昼ご飯は毎日続くし💦 加えて酷暑や長雨・・ 
いやはやお父さんお母さんのご苦労が偲ばれます!! 本当にお疲れ様です! ありがとうございます!

さて、金曜日のこどもデザイン造形教室。


01_20210903200501

 

夏休みボックスを作り始めました。
まずは、みんなで作り方の説明を聞きます。
よ〜く聞いてから、各自 箱を組み立て始めますよ〜!

 

02_20210903200501

 

板の表裏を確認し、名前を記入したら マスキングテープをハサミでカットします。そのテープを板に2枚ずつ貼ります。

 

03_20210903200501

 

板の切り口に点付けしたボンドをヘラでのばし、マスキングテープの付いている部分と合体! 机におきながらピタッと合わせてテープでとめます。

 

04_20210903200501

 

4枚の板を組み立て、枠にしたら、切り口に点付けしたボンドをヘラでのばして底板を貼り付けます。ボンドを乾かすために、今週はこの後、持ってきた素材について確認して来週の手順を考えました。

 

05_20210903200501

 

今年はどんな素材を中心に作ろうかな〜? こころに響いたものは何だろう? どんなレイアウトにしようかな?
頭の中で想像したり、素材を確認することで来週までの先読みが少しできたかな?

少し先を見通しながら・・自分はどう進めていくか? どう表現すると自分のテーマが人に伝わるか? 考えながらまとめていけるといいね。

 

アプレットプラス http://aplt.jp/

こどもデザイン造形教室
  

幼児クラス各クラス募集中!(年長・年中対象) 
体験レッスンは、ご希望日の一週間前までにご予約ください 📩
★9月後半より受け付けます 

★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません
 キャンセル待ちのご登録をされたい方はお問い合わせください 📩

・Sundayおやこワークショップ
コロナ禍のため、残念ですが 今年度もお休みしま

| コメント (0)

2021年9月 2日 (木)

2021/09 木曜日の造形教室・幼児・小学生クラス

9月に入って二日目!
夏休み明け初の、こどもデザイン造形教室です。

ひさしぶりに会うこどもたち。夏休み前と変わらず元気そうです!よかった!

夏休み明けとあって、普段なら、どこへ行ってきたの?何してた?日焼けしたね〜〜〜
なんて・・ いろいろと話題も飛び交いそうですが
コロナ禍の夏、なんと2年目・・そして、こどもたちにも感染拡大しつつある夏のため、
少し緊張感が走る教室・・😅
コロナに負けず、感染対策をバッチリしながら、たのしく制作していきましょう!

さあ、夏休み明けは、アプレットプラス恒例の 夏休みボックスを作るよ〜〜😀

小学生クラスでは、まず箱を各自 組み立てて行きます。
よく説明を聞いて、去年のことも思い出しながら作っていきます。

01_20210902212101

 

もちろん、夏休みボックスの素材を持ってきたよね? 

え? え? ・・なんだって?!
わ、わ、忘れた〜😱

02_20210902212101

 

先生忘れちゃった〜!と、Kちゃん。 😅しかたない、今日はまず箱を作ったら、集めた素材のことを思い出しながら来週の制作についてもイメージしておきましょう。説明を聞いていたはずなのに、8枚切る予定のマスキングテープを1.2.3.4.... 12枚も切ってしまったKちゃんです!

Sちゃんは、今回初めての夏休みボックス作り。一つ一つ説明を聞きながら作っています。ウッカリ、板を表裏 間違えて貼ってしまった所もありましたが、点検の時にすぐに気がついたのでよかった! 

03_20210902212101

 

Kちゃんは、箱作りが終わった後、しっかりアイデアスケッチを書いて、イメージを固めていました。今年も「和」だそうです!

Yくんも・・なんと! 素材を持ってくるの・・わすれた〜〜〜! とのこと。 あら〜、6年生が二人とも忘れたのね〜〜💧 卒業制作のこともあるから、来週から手際よく作っていこうね。 後半、素材もないし 手持ちぶさたになったYくんだったので、卒業制作で作りたいものの、資料を確認しました。

 

04_20210902212101

 

Mちゃんは、箱作りを終えた後、アイデアスケッチを描きながら今年のテーマを教えてくれました。夏休みに入る前から、「宿題」をテーマに作ろうと思っていたそう。どんな箱になるかな〜? (今年は、捨てちゃダメだよ〜😆)

Kちゃんは、たくさん素材を持ってきたので、記録するのに一生懸命でした。こうして、いろいろ素材を確認して、何をメインに見せたいか、来週どんな順番に作っていくかを予習しておきます。


今年は、どの子もみんな箱に色を塗りますので、どんな色に塗ると、今年のテーマに合うか?・・持ってきた素材を見直したり、アイデアスケッチをしたりしながらイメージしておきます。来週から塗っていきます。

幼児クラスでは
あらかじめ組み立てておいた箱を使います。

05_20210902212101

 

Rちゃんは箱にやすりがけをし、持ってきた素材を確認した後、箱に色を塗り始めました。
今年のテーマは、「宇宙」だそう! プラネタリウムに行ったり、星の王子様ミュージアムに行ったからだそうです。
だから・・箱に塗る色も、宇宙のイメージ。
しっかりと考えてきているなんて、すごいなあ!(負けるな、小学生〜!)

来週から、みんなの箱にそれぞれの夏休みが記録されていきます。
楽しみです😄




アプレットプラス http://aplt.jp/

こどもデザイン造形教室
  

幼児クラス各クラス募集中!(年長・年中対象) 
体験レッスンは、ご希望日の一週間前までにご予約ください 📩
★9月後半より受け付けます 

★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません
 キャンセル待ちのご登録をされたい方はお問い合わせください 📩

・Sundayおやこワークショップ
コロナ禍のため、残念ですが 今年度もお休みしま

| コメント (0)

2021年9月 1日 (水)

東京オリンピック2020会場  2021/7/22完成

2020年に開催予定だった東京オリンピックパラリンピックですが、新型コロナの感染拡大の影響により、一年延期して今年、開催されました。
パラリンピックはいよいよ今度の日曜日9/5まで、となります。

オリンピックについては、東京開催が決まって以降、いろいろと難題に直面し、
エンブレムの変更、国立競技場のデザイン変更、ボランティアスタッフのウエアデザイン変更・・
組織委員会会長が変わる、マラソン開催場所が変わる・・・
東日本大震災からの復興五輪 と謳っていたのに、コロナ禍となってからは、
むしろコロナに打ち勝つ・・と、そもそものテーマも揺れ動き、開会式直前には演出スタッフの解任・・
ちょっと振り返るだけでも、こんなにあるのだから数え上げたらキリが無いほど。  

本来だったら、オリンピックが開催されることで日本全体が元気になるはずだったと思うのですが、こどもたちにとっても大変な2020年2021年だったと思います。 

そんな激動と言ってもいい2020年〜2021年に、Yくんはオリンピック会場(国立競技場)を作ってみたいとチャレンジしました。

Yutaro1

 

Yくんが作り始めたのはまだ、国立競技場の細かい図面も公表されていない頃、実物は建設中で塀に囲まれ見に行っても全部をしっかり見ることができない。一部発表になっていた完成予想図画像から想像するしかなかったのです。

果たしてどうやって作っていこうか???? 
作ってみたい気持ちはあるものの・・・・どうやったらイメージに近づくのだろう?
本物はどんな造りになっているのだろう? Yくんの競技場に対するイメージは? 

我々も、相当悩みましたが、本人もどうしたいかを日々悩みつつ・・ とにかく今年のちいさなてんらんかい(2021/7/24〜7/27)に展示することを目標にして、目の前にある問題を解決させながら ようやく完成させました!

ちょうど、オリンピックの開会式が7/24でしたから、タイムリーでしたね。

 

Yutaro6

 

東京オリンピック2020会場    ゆうたろう(小学6年)
制作期間 2020年2月~2021年7月 小学4年~6年

■くふうしたところ みてほしいところ  
競技場だけじゃなくまわりもつくったところ

■むずかしかったところ
計算して競技場のわの部分を切りとったりするところがむずかしかった

■はっけんしたこと・きづいたこと
ちゃんと計算しないとずれてしまうことが分かった

 

Yutaro5

 

隈研吾氏の展覧会が、現在 国立近代美術館にて開催中ですが(2021/9/26まで)そこに国立競技場の模型が展示されています!(Yくん、観に行ったかな?)

小学生にとって、箱形の家を作るのだって図面を引くのは難しいのに、楕円のフロアが積み重なったようなこの競技場・・どうやって図面にする?! 上から見たところ・・側面・・・ 楕円はどうやって書くの????
コンパス・定規などを使って、方眼紙に書いていきます。国立競技場にインスピレーションを受けながら、自分が考えたプロポーションに決めていきました。

Yutaro7

 

図面を書いたら、その通りにダンボールをカッターでカット。そして、楕円に紙を貼って丈夫にし(張り子作業)均等に穴を開けて、柱である竹串をまっすぐ通していきます。まっすぐ通すということは、各フロアがずれてはいけないということ。
そもそも、楕円にラインを引きながら、均等に穴を開けるとき、どうやったらいいのかな? と・・・
作りながらも、難題が降りかかります。

 

Yutaro2

 

楕円の中央をくりぬいて、それを積み重ねたような形。くりぬく形も下のフロアになるに従って形が小さくなっていき、
上から覗くと競技場が見えます。

途中、まだ雲をつかむような状況でありながらコツコツ張り子をしていた頃、Yくんにとっては組み立てられた全体像が見えてこなくて難しかったかもしれません。
平面図面から立体を想像するのは、慣れないとなかなか予想不可能だと思います。特に楕円ですから、立体に起こすのが難しい。
合わせる場所がずれたら、ゆがんでいきます。 そのため、楕円を束ねて固定し、ボール盤を使って穴を一度に開けていきました。

 

Yutaro4

 

競技場がおおよそできた段階で、競技場の周りの道路も描きました。
もっと絵の具を濃くといて、強く塗ってみては? まっすぐラインを引く方法もあるよ等 所々でアドバイスをしてみましたが
Yくんは、自分のやりたい表現を貫いていました。薄付きの水彩絵の具表現は、柔らかくやさしいイメージになりました。

 

Yutaro

 

長い時間がかかりましたが、ようやく完成! 平面から立体へ・・・完成させたことで 見えてくるものはあったかな?
さて、次はいよいよ卒業制作・・ 最後の制作になるので、積極的に楽しんで制作をしてほしいな と思います。


それでは、制作の様子をいくつかご紹介

01_20210901144001
02_20210901144001

 

⭐️制作の様子は、2020年 2月〜2021年7月 水曜日クラスの日記でも見ることができます




アプレットプラス
 http://aplt.jp/



こどもデザイン造形教室
  

幼児クラス各クラス募集中!(年長・年中対象) 
体験レッスンは、ご希望日の一週間前までにご予約ください 📩
★9月後半より受け付けます 

★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません
 キャンセル待ちのご登録をされたい方はお問い合わせください 📩

・Sundayおやこワークショップ
コロナ禍のため、残念ですが 今年度もお休みしま

 

| コメント (0)

2021年8月31日 (火)

北斎づくし 六本木 東京ミッドタウンホール

1つ前の記事で
国立新美術館で開催中の ファッションインジャパン について書きましたが、
午前中はそのファッションインジャパンを(10時半〜気がつけばなんと3時間経っていて、13時半まで!)
そのあと、ミッドタウン方向に移動、ミッドタウン内でお弁当を買って 
21_21近くの公園ベンチにて軽くお弁当を食べ(コロナ禍では、食べる場所も気をつけないと〜・・・って、ホント厄介ですが💧 その日は、少しだけ気温が低かったのも幸いし、木陰はベストポジション!のんびりランチタイムを過ごすことができました〜😃)

そして、午後は いざ・・ミッドタウンホールへ。
事前予約をしていなかったので入れるかどうかは分からなかったのですが
大丈夫! 当日券・・ありました!

一応、Twitterなどを見て、当日券がありそうかどうか事前にチェックしておいたのですが
とりあえず時間のロスがなく、スムーズに入場できました!

ファッションインジャパンのあと、北斎づくしを観る元気があるかどうか? 行ってみないと分からなかったし、時間に束縛されるのも大変だし・・。事前予約 っていうのも、なかなか難しいところがありますよね〜。

92301334571d45dbb05734277aad8254
6175918a9be34046bff8b929206ee196


さて、会場に入るといきなりの大きな空間に・・・ これでもか! というほどの
まさに 北斎づくし。
上からは、拡大した北斎漫画がひらひらと・・ そして、食い入るように観てくださいと言わんばかりの展示方法。
一巻から順番に・・全てを観ることができるのです。

0866c515b6514b18a8f1e0c869fd767d

写真撮影も可能なのですが、ライティングにより反射してしまうところも多く、お気に入りを必ず撮影できるとも限りません。
それでも、版画の柔らかいタッチを直にじっくりすべて観られるのは、本当に貴重な機会。
図録になってしまうと、どうしてもハイコントラストになり、クッキリハッキリした印刷になってしまい
実物の柔らかいラインを感じることはできません。もちろん刷られた紙質も影響しているのでしょう。

細かく生き生きとした線。表情。
これが木版画だとは・・・驚異的です!


Img_9775






Img_9781



Img_9790

江戸時代の暮らしや庶民の使っていた道具類、建物を観ながら想像する。

Img_9787

Img_9776
Img_9772


Img_9801


Img_9799
Img_9800

 

何ともユーモアあふれる表情や場面
描いて描いて描きまくっているうちに、想像上の生き物や物語にまで発展していくのか?!

Img_9806
Img_9805
Img_9804
Img_9803
Img_9799
Img_9795
Img_9788

Img_9783
Img_9782

Img_9780
Img_9774

写真の無い時代に、これだけの動きを一瞬で捕らえることのできる目。
北斎には、見た映像を常に脳内に記憶させてストックしておける能力があったのかもしれない・・

観ていくうちに、あまりの画力にひっくり返りそうになる。

いや〜、すごい!
そしておもしろい!

 

富嶽三十六景は撮影不可。

その構図、構成、色彩・・・ 風景を切り取り、富士山を入れながら美しく再構成して生き生きと描くそのセンスたるや・・。ため息もの。
天才的なイラストレーターである上に、グラフィックデザイナーでもあるのですね、北斎は。
会場が円形になっていたので、ぐるりと切れ目無く一気見できることで、三十六景全て見終わったときに、
初めて観たのも加わり感動ひとしお。 

 

その後、富嶽百景 なども見倒して、
お腹いっぱい。

Img_9830
Img_9829
Img_9827
Img_9824

帰りに、今回の 北斎づくし の図録を・・と思ったのですが
新聞大のユニークな装幀に、ちょっと尻込みして買わず。

他の図録も、やはり現物との違いが大きく、手が出ない。

やっぱり、本物に限る。 本物の記憶をただ思い返すためだけに図録はあるんだよなあ・・・と、改めて思ったりして。


北斎づくし 六本木ミッドタウンホールにて 9/17まで。
かなりおすすめなので、ぜひ実物を見倒してください!


(m)

 

| コメント (0)

«ファッションインジャパン 国立新美術館