« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

こねて丸めて しょく感教室 

「こねて丸めて しょく感教室」 が終わりました〜!
小学生のお友だちが集まってくれて、楽しい2時間でした。

 まず、みじたく、手洗いをすませた後、おやつの話をフードビジネストレーナーの岩本留里子さんから聞きました。炭酸ジュースに入っているお砂糖の分量がいかに多いか。実際に砂糖水と炭酸ジュースを飲み比べました。一日に摂取していいお砂糖の分量をはるかに超えているので、糖分のとりすぎを防ぐために、甘いケーキなどといっしょに飲むのはお茶にしたほうがいいこと、炭酸飲料は糖分が多いだけでなくカルシウムを溶かしてしまうこともあるので、コーラなどを飲んだ翌日は、牛乳を飲むなど、工夫した方がいいということ等々のお話を聞きました。

 その後、豆腐白玉だんごを作りました。お豆腐と、白玉粉をまぜてこねて丸めて・・その触感は、どんな感じ?・・やわらかくて、言葉に言い表せない〜!ふにゃふにゃしてる〜!などと、こねながら体感。お豆腐を入れたときに、お豆腐の香りがイヤ・・という子もいたのですが、実際に白玉に練り込んでしまうとその香りは感じられません。お豆腐の香りは、大豆の香りでとてもおだやかな優しい香りだと思いますが、こどもたちにとってはまだ慣れないのかな??

Dscf5734s

白玉粉がまとまってきたら・・いよいよ好きな形に丸めていきます。何にしようかな?猫の形?魚の形?まる、さんかく、しかく、さいころ型!ドーナツ型!雪だるま!・・・・いろいろな形が出来上がりました。

そして今度は、沸騰したお湯でゆでていきます。浮き上がってきたら網じゃくしで、すくい上げ、お水に浮かべます。お皿に取り分けたら、いよいよトッピング。
きなこ、うぐいすきなこ、白ごま、小エビ、青のり、焼き海苔、醤油・・・。白ごまと小エビは、すり鉢で実際にすってみました。ぱりぱりと音も軽やかに、そしてとても香ばしいおいしそうな香りがアトリエに立ちのぼりました。
 出来上がったおだんごをもって、インスタントカメラで記念撮影!それをカードに挟んで持ち帰りました。

 手の感触、すり鉢で聞こえてきた音、立ち上る香り・・ゆでて実際食べてみたときの食感。どうだったかな??お家でもまた、工夫して作ってみてね。
Dscf5740 Dscf5736 Dscf5737 Dscf5738 Dscf5739 Dscf5743
Dscf5741Dscf5742

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

ひらひら

今日は寒かったですね〜。
最近、暖かかった日の次の日にいきなり気温が下がる・・というコトがよくあります。冷たい風に、雪もちらほら、ひらひらと舞いました。はじめは、雪とは思わずに、何か紙くず?糸くず?が、どこかから飛んできたんじゃないかと思ってしまったほど。雪が降るなんて思いもよらず・・。でも、今は冬。雪が降ったっておかしくないんですよね。コドモたちは雪が降ると、積もらないかと期待しているようですが、オトナはなるべく積もってほしくない・・なあんて思ったりします。コドモの頃のあの、雪に対してのワクワク感・・・忘れてしまったわけではないけど。でも、雪ってやっぱり不思議ですね。はらはらひらひら、軽〜く飛んできて、さっと溶けて無くなってしまう。はかないけど、悲しくない。むしろちょっと夢のある存在。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

なんにもない

なんにもないなんにもない
と。
なんにもないことないね。
いつでも、自分たちのまわりには
たくさんの素材と、自然と、情報と、表情と、数え上げたらきりがないくらい
様々なモノにあふれている。
なにをしていいかわからないんじゃなくて
手前でとまってしまっているだけなんだね。
一歩踏み出したり、キョロキョロあたりを見回してみるのは自分自身。
そこから何を得るのかは、自分自身の力なんだね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

夕陽

夕方、近所のスーパーへ買い物に行った帰りの空は夕焼け。いつも見るものよりもややピンクがかっていて空の色も薄い水色。水色とピンクとくれば、ちょっとファンシーな空。薄めのパープルも間に漂って、日の暮れる前にしてはちょっとカワイイ。
木枯らし吹く寒い日の夜にはこれがもっともっと濃度が濃く深く、そして透明感が強い。群青色とオレンジ色との境目にややグレイがかった闇になりかけのダークカラーがもやもやと混ざり、それがなおいっそう冬の夜の淋しさをたたえているように見える。
でも、今日は違った。ちょっと明るく柔らかく、かわいらしい色だった。遠くの家並みの間からきらりと夕陽が見えたとき、イチゴゼリーのような色を感じたから。
慌てて自転車で夕焼けを追いかけてしまった。どうしても夕陽をこの目で見ておきたいと思って。でも、太陽はあっという間に沈んでいく。光の筋はもう見えず、カメラに収めることもできず、一瞬の陽の光はもう二度と見ることができなかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

寒いですね

ここのところ、毎日とても寒いですね。表に植えていたオリヅルランの株も、霜が降りて溶けてしまいました・・!春になったら復活するかなあ・・?
でも、霜柱の立った土・・って、サクサク音がして、ちょっと楽しいですよね。子どもの時は学校へ行く途中に霜柱を見つけると、サクサク踏みつぶしてました。寒さの中にも楽しみが見つけられる!背中を丸めてないで、冬を楽しむ!・・そんな風にすごしたいですね。


木肌

この時期、寒さで葉も落ち、目に入ってくるのはその幹の模様。色の濃淡、模様の複雑さ、曲線の美しさ。じっと見ていると、何か他のモノに見えてこない?何を発見するかは、人それぞれ。じっとよく見ることが大切。
Dscf5720


2009年1月 8日 (木)

描き初めワークショップ

描き初めのワークショップでは、大きな紙に筆を走らせて思い切りよく描きます。
たっぷりと筆に絵の具を含ませて、垂らしてみたり、にじませてみたりしながら、ウォーミングアップ。手のひらに絵の具を塗りつけて、スタンプのように描いたり、リズムよく筆を紙面に置いてみたり。アイデアは描いているコドモたちからあふれてきます。
大きな紙に描いたら、トリミングしてカッコイイ場所を探してみます。でも、せっかく描いた絵を切り取るのはちょっとためらうなあ・・と思ったら、そのまま飾りましょう!
細い紙に描いて、巻物も作りました。お家に飾ったり、一年を過ごして年末に見返してみたり・・2009年の思い出にしてくださいね。
元気な絵が完成したら、私自身もエネルギーをわけてもらったような気がしました。どうもありがとう!

Dscf5709s_2 Dscf5708s_4 Dscf5713s_2 Dscf5714s Dscf5716s Dscf5717


2009年1月 5日 (月)

枝の無い木

元日に世田谷代沢から下北沢方面を歩きました。通りに面した住宅沿いに植栽されている樹木は綺麗に剪定されていて、中には枝も葉も綺麗に取り払われて丸坊主の木も。空に向かってそびえたつ丸坊主の木。ちょっと違和感。やっぱり木には枝や幹がないと。安定感がありません。見上げていても、ふらふらしてきそうでした。
Dscf5695s Dscf5696s Dscf5697s Dscf5698s


2009年1月 2日 (金)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。昨年秋から少しずつ活動を開始しましたアプレットプラス。今年は、その少しずつをもう少し分厚く手厚く、ココロも熱く、活動をしていきたいと思っています。
アプレットデザインの仕事ももちろんたっぷりやりたいと思っていますので、よろしくお願いいたします!アプレットデザインでは、主にデジタルデータを活かしたグラフィックデザイン(ロゴマーク制作から雑貨デザイン原稿制作、パンフレットやカードのデザイン等々)や商品プランニングのお仕事を・・。
アプレットプラスでは、造形活動、実際に手を動かし五感を活かした活動を。
デジタルとアナログを連動させながら、よりよい結果が得られるように日々努力していきたいと思います。またアプレットプラスのアトリエに、多くの方が気軽に訪ねていただけるようにどんなことができるのか、考えていきたいと思っています。いえ、その前に、是非どうぞ気張らずにお気軽に遊びに来て頂けたらとっても嬉しいです。お待ちしております。
09nenga_5


« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »