« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

しょく感教室vol.5

25日金曜日に行われたしょく感教室のご報告です。
Dscf7094s Dscf7096sDscf7089s 和食の基本、一汁三菜って知ってる?いったいどういうことを意味しているのかな?主菜、副菜、副々菜、って何だろう?・・初めて聞く言葉が多かったようですが、フードコーディネーターの岩本留里子さんから、一通りお話を聞いた後に、カードを使って実際に「一汁三菜」を置いてみます。お皿やお茶碗、お箸の位置を確認して、その上に朝ご飯のおかずを置いてみましょう。ただ食べたいものを置いていくのではなく、主菜は、肉や魚、副菜は野菜中心等々・・教わったことを思い出しながら置いてみました。こうして目で見て確認することで、自然に献立も考えられるようになりますね。
Dscf7101s Dscf7104s
さて、次にいよいよ、ふりかけを作ってみます。ニンジンをすりおろし煎って味をつけ、かつお節と白ごまとあえれば、ニンジンふりかけのできあがり。ピーマンも小さくみじん切りにしてかつお節とあえ、味をつけてピーマンふりかけを作りました。野菜が苦手なコドモたちにも、これなら食べやすい!おいしい〜!と大好評。ニンジンふりかけは甘みがあるし、ピーマンも苦くないしビックリ。ごはんの上にきれいにかけて飾り付ければ、お弁当の時にもいいかもね!そんな会話をたのしみながら、試食しました。Dscf7109s
Dscf7112s Dscf7114s Dscf7126s 自分で作って自分で盛りつけ、おいしくいただく。幸せなことですね。
クラフトワークでは、はし袋を作りました。コドモたち一人一人、どんな風にしようかな?とオリジナルのアイデアを出して工夫していました。お家でパーティをしたときや、お客様
が遊びに来てくれたときなど、こんな心のこもった手作りはし袋が添えられていたらうれしいですよね。食事もより一層楽しくなるはず!
Dscf7115sDscf7122s ふりかけもはし袋も、簡単にできるので是非お家でも作ってみてくださいね。


2009年9月22日 (火)

メアリー・ブレア展

Dscf7077s_2 東京都現代美術館にて開催中のメアリー・ブレア展を見てきました。
前から見に行こうと思っていて、あっという間に時間がたち、気づいたら終了間近・・!慌てて、シルバーウィークに訪れてみたら。なんとなんと、めちゃめちゃ混んでいました。混雑した展覧会はニガテ。自分のペースで見られないし、ざわざわしてるし、絵に近づけないし。でも、仕方ないか。それより何より、作品の量がスゴイし混雑も加わって見るのに時間がかかる。だいたい、チケットを買うのに午前中から会場へ行ったのに10分待ち!ミュージアムショップでグッズを売っていたけれど、レジにも行列・・。ここはいったい、ディズニーランドか!?見に来ている人の大半がディズニーファンならば、並ぶのには慣れているのね〜・・トホホ。

混雑の件を抜きにすれば、とにかくステキな作品ばかりだから、本当に見に行って良かった。
やはり、原画を実際にこの目で見ないとダメだ。色が本当に美しい。なにより、コントラストがきれい。光を感じる色使い、潔い色の選択や筆裁きは、やはり元々が水彩画家だったからなのか。カラーペーパーにガッシュを使ったコンセプトアートの作品も見応え十分。企業の中での仕事として依頼され、これらの絵を描き続けていたのだとしても、作品として確立されている。単なる簡単なスケッチでもないし、場面場面のイメージが音や光も伴って伝わってくるようだし、画面の構成はとてもデザイン的であったり、一枚の絵画としてのまとまりも感じられたり。一体全体どうしてこんな風に描けるんだろう。すごい。やはり生まれながらの自ら持つセンスなんだろうか。だとしたら、本当にうらやましい。
会場からは、止めどなく「カワイイ」「カワイイ」という声が漏れ聞こえる。例え、カワイイの一言に置き換えられてしまったとしても、この万人が親しみを込めてカワイイを連発する絵。見る人を素直に魅了させてしまう絵を描けることがうらやましい。

好きなアーティストがまた一人増えました。


2009年9月17日 (木)

藍のたたき染めコースター

Dscf6963s_2

 

Dscf6971s_4

 

 

 

Dscf6967s_2

 











夏休み前に制作した藍のたたき染め。その生地を、手で丹念に縫ってコースターにしました。私が毎週お手伝いに伺っている代々木公園アートスタジオでも毎年行われているカリキュラムです。ちくちく縫うのは初めて!というコドモたちにとって、針に糸を通すこと、一針一針縫っていくことの地道さというのは相当な苦労を伴うようです・・。じーっと一つのことに集中して進めていかなければ終わらないということが、自分の手元ではっきりと見て取れる・・!
「あ〜っ、なかなか終わらない〜!でも自分で縫っていかない限り・・・できあがらない〜っ!なのに・・糸がこんがらがったり、もうすぐ終わりというところで糸が足りなくなったり・・フーッ・・思ったより断然大変だ・・
でも、できあがった達成感はきっとコドモたちにとってかけがえのないものになっているはずです。しかもみんなとても丁寧に、きれいに縫えました。ステキな手作りコースターができあがりました!よかったね。
Dscf6961sDscf6962s

 


2009年9月 9日 (水)

090909

今日は2009年9月9日。数字で表すと、090909。まあ、そんなことどうでもいいのですが・・

まだ小さいのでお母さんと一緒にアトリエに来てくれるKくんは、先週から水曜日クラスに通ってきてくれています。先週と今週で、卵の殻のモザイク絵がとても上手にできました。
Dscf6958s Dscf6957s


その次に、今日は紙をチョキチョキはさみで切ってみました。はさみもあまり使ったことが無いKくんでしたが、今日使い始めたら、突然ものすごく集中し始めて・・・大きな画用紙にクレヨンでなにやら描いてみたりしながら、その紙をジョキジョキジョキ!そのうち、長いラインもスルスルっと切れるようになってきました。スタート、休憩、ゴール!とお話しながら、紙をいくつも切り取っていきました。
切るだけでなく、貼ってみる?と尋ねてみたら・・やってみたいと言うことだったので、早速カラーペーパーにボンドでコラージュ。ボンドも絵の具の一種になってしまったかのように、ボンドで形を作ったりしながら、紙を貼り付けていたKくん。
できあがってみると、とってもモダンな形の堂々とした作品!カッコイイですね。
Dscf6968s


2009年9月 5日 (土)

絵しりとり

夏休みワークショップ絞り染めにチャレンジ!の時にやった絵しりとり。
記事をアップしましたので見てくださいね。こちらをクリック→


2009年9月 3日 (木)

水曜日クラス

学校も始まり、アプレットプラスの水曜日クラスも通常通り始まりました!
みんな元気にまた通ってきてくれました。待っていたよ〜

夏休みの宿題はどうだった?
どこへ行ったの?楽しかった?
一斉にみんなが同時に報告してくれるので・・・
聞きとれな〜い! ・・そうか、みんな海に行ったのね。え?おぼれた?大丈夫だった?良かったね〜、またあえて!・・なんて、会話を一通り楽しんだ後、夏休み前に作っていた藍の葉っぱのたたき染めの布を縫うことにしました。みんな、お裁縫はほとんどやったことが無いそうです。それにしては、とっても上手!線に沿ってまっすぐ縫えてます。今日中に完成しちゃうよ!と、自信満々だったけど・・やっぱり縫い物は時間がかかる。丁寧にすればそれだけ時間がかかるし。でも、その中で着実に自分の中に技術が身に付いているんだよ。その経験が積み上がって・・また、新しいものが創れるんだね。来週もまた、この続きだよ!
それから、幼児クラスにも新しいお友だちが入会してくれました。ゆったりしたペースで、初めての道具や画材、素材とのふれあいを楽しんでいきたいと思います。


2009年9月 1日 (火)

葦ペン

先週土曜日、蒸し暑い曇り空の午後、荒川河川敷までヒョイと行ってきました。
河川敷のグラウンドで野球少年が土埃と汗にまみれて懸命に白球を追う姿は、まさに青春!・・しかし天気は、じっとりとまとわりつくような湿気とほとんど風のないうっとうしいもの。青春のさわやかさなんてみじんも感じられない・・それでも、土にまみれてトレーニングを続ける少年たちの根性と帰宅後のウエアを毎日洗濯しているであろうその母たちにただ、感心するばかり。
夕方近くなり、ちょうど野球の練習も終わり、少年たちが引き上げていくグラウンド横に生い茂る草むらに葦を見つけ、何本か刈り取って来ました。
葉っぱを落とし、茎を切り取り、小刀で先端を整えれば・・あっという間にマイ葦ペンのできあがり!
さっそく河川敷で摘んできた花をスケッチ。これは、次女の作品。
Dscf6922s_2Dscf6929s_2Dscf6930s_2Dscf6931s_2Dscf6934s_2Dscf6935s_2Dscf6936s_2



« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »