« 福笑い 幼児クラス編 | トップページ | 体験クラスを実施しています »

2010年2月 6日 (土)

福笑い

2月に入り、寒い日が続いていますね。年が明けて一ヶ月も経ってしまいましたが、こどもデザイン造形教室の水曜日クラスでは、年の初めに笑おう!笑う門には福来たる・・と願いを込めて福笑いを作りました。福笑いといっても、おかめ・ひょっとこを描くのではなく、お友だちの顔をよ〜〜〜く観察して、描こう!画集の中から、顔を描いたものを何点か見て、その描き方にもいろいろあることを少しでも知ってもらい、いよいよ制作開始。Dscf7858s
しかし。お友だちの顔をまじまじと見つめるのはちょっと恥ずかしかったのか?女の子たちは、わたしの顔を、男の子は男の子同士で相手の顔を描くことになりました。とにかくよく見て描く。それを目標に、まず大きな紙にスケッチをしてから、大まかな色を付けます。福笑いなので、できるだけ楽しく明るく感じられる色に。実際にあり得ない色でも、絵には描けるから!

その後、台紙となる段ボールに輪郭線を写し、切り抜き、目鼻口などのパーツも切り抜き、下地を塗ってから色を付けていきました。輪郭を写し取るのが難しかったようですが、とても楽しい絵が描けました!

来週は、できあがった福笑いで実際にゲームをしたり、顔のパーツの位置によってどんな表情に変わるのか、それによってどんなイメージ・性格・ポーズ等に見えるのか、デジカメで撮影したり遊びながら考えていきたいと思っています。  福笑い実践編happy01
Dscf7830sDscf7834sDscf7836sDscf7837sDscf7839s

Dscf7975s Dscf7977s Dscf7979s


« 福笑い 幼児クラス編 | トップページ | 体験クラスを実施しています »