« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

はってはってはって・・・・

新年度に入って数週間。天候は不順で、ゴールデンウィークを前にしても未だに寒いという・・。

そんな一ヶ月近く、アトリエでは、はってはってはってはって・・・・張り子のカリキュラムに取り組んでいます。新聞紙を重ねて貼っていくことにより、堅くしっかりとした生地を作り、オブジェやお椀、剣玉などに仕上げていきます。
このはってはってはって・・・の作業は、同じことの繰り返しなのでとても根気がいるのですが、コドモたちは回を重ねるごとに作業の手順も覚え、貼り方も上手になり集中力もついてきます。
私もいくつも作りましたが、これが結構やめられない止まらない・・楽しい作業なのです。そして時間をかけて作っていく楽しさ、達成感が味わえます。
ボンドを乾かすと堅くなっていきますが、その課程も楽しみの一つ。しっかりとしてくるとなんだか自分の作品に愛着がわいてくるんですよね〜。
オブジェにチャレンジしているSちゃん、まだまだ同じ作業が続くけど、頑張ってくださいね。初めて張り子にチャレンジしているYちゃん、とても貼り方が上手です。だから下地がとってもしっかりしているね。剣玉を作っているのは、Kくん。最初は自分で紙を貼れなかったけれど、何度か繰り返すうちに自分でまっすぐはれるようになったね。スゴイ!

コドモたちでさえ何かと忙しいこの時代、携帯電話にインターネット、何でもすぐに結果がわかるこの時代!・・・手作業で時間をかけて何かを作るって、とても大切な経験だと思います。後もう少しかかると思うけれど、みんな頑張ろう!
Dscf8425sDscf8431sDscf8459s


2010年4月24日 (土)

まだまだ

前回の日記から一週間・・それでも、まだ冬のように寒い日が続いています。明日はお天気になるらしいので、太陽の光がある分、暖かくなるかな?
毎年この季節は、花が咲き始めたり光が明るく感じられたり、風が肌に心地よくなったり・・とにかく外に出ることが嬉しくなる季節のはずなのですが。
それでも、外に出たときなど近所の団地の庭先に咲く花に注目したりしています。最近は雨に濡れて寒そうですが、たくさんの花が咲き乱れるようになってきました。ポピーやタンポポ、花ニラ、ムスカリ、紫露草、カタバミ・・他にも名前をよく知らないのですが雑草と草花との境目くらいのささやかな花たちが、あちこちで開いています。
行ったり来たりの季節に戸惑う毎日ですが、体調を崩さないように気をつけましょうね。

Dscf8436s_2 Dscf8438s_2Dscf8439s_2 Dscf8440s_2Dscf8441s_2 Dscf8442s_2Dscf8443s_2Dscf8444s_2Dscf8445s_2Dscf8446s_2Dscf8447s_2Dscf8448s_2Dscf8449s_2Dscf8450s_2Dscf8451s_2Dscf8452s_2Dscf8453s_2Dscf8455s_2Dscf8456_2


2010年4月16日 (金)

寒いですね〜

何とも、毎日寒いですね〜 季節がわからなくなってきました。
かつて企業に勤めていたときに、いつも半年〜1年先の商品を企画していました。エアコンの効いたビルにこもって夏場に新入学の商品やお正月・クリスマス商品を考えていたりして・・実際の季節がわからなくなる状況がありましたが・・今年の春は、肌に感じる季節そのものが逆戻りしているようです。早く花を愛でたり外に出て元気に散歩したり・・そんな気温になって欲しいです!

さて、来月のしょく感教室へのお申し込みを早速いただいておりますが、今回はいつもよりずっと早くに定員に達してしまいそうです。もし、参加のご希望が多ければ急遽午後クラスを設けることも考えております。ご参加を希望される方は、是非ご連絡くださいませ!→


2010年4月 9日 (金)

今年の春は・・

3月終わりから4月に入っても、なかなか暖かくなりませんね。
桜の花も、満開でまぶしい!・・・というタイミングが無かったような気がします。雨や風で散ってしまったり。・・まあ、そんな年もありますね。ちょっと残念ですけど。
お花見の季節にいつも思うのですが、日本が一番ほわ〜っと幸せ感に包まれる時期なんじゃないかと・・。お花見をしている人は、たいてい笑っています。みんなまったりゆったり、飲んだり食べたり、自然の中で楽しんでいます。桜の開花と共に新しい季節が始まり、どこか引き締まったような気持ちにもなりますね。
アトリエも2年目となりました。まだまだ、ゆっくりゆっくりと成長している?アプレットプラスですが、通ってきてくれているコドモたちと共に楽しく制作して行けたらいいな、と思っています。よろしくお願い致します。


2010年4月 3日 (土)

しょく感教室 vol.8

2ヶ月に一回のペースで行ってきている、五感を使った食と造形のワークショップ「しょく感教室」も、8回目となりました。

3月26日(金)。春休みに入りたての日、アトリエは、ご飯を炊くほっこりと温かい香りにつつまれました。
いつものように、みじたくを整えた後、フードコーディネーターの岩本留里子さんのお話でスタート。昨年のおにぎりケーキにも参加したコドモたちもいましたが、今回が初めてのコドモたちも参加していましたので、まずはお米の話から。Dscf8316s
Dscf8319s Dscf8326s Dscf8329s Dscf8335s Dscf8338s 白米、玄米、黒米・・色も形もさわり心地も違います。音を聞いてみたり直接触れてみたり。いつもとは違った視点から「お米」を感じてみました。
そして、次にお米を研ぎました。お水に浸してすぐのお水は、植木にあげるといいんだよね。シャキシャキと研ぐ音も心地よいね。
毎日食べているお米ですが、・・では白米と玄米と黒米では、味はどう違うかな?土なべで炊いたごはんと、ジャーで炊いたごはんでは、どう違うかな?
「意外に玄米がおいしかった!噛みごたえがあって、甘みを感じられておいしく食べられた!黒米ももっちりしておいしかった!」・・それぞれをしっかりと味わいました。
Dscf8342sDscf8348sDscf8356sDscf8357s 土なべでご飯を炊いている間に、おにぎりキャンディ作りに挑戦。ラップにトッピング具材を乗せ模様を作り、そこにご飯を置いて巾着型に絞ります。棒をさしてゴムでしっかりと留めたら、チュッパチャプス型のおにぎりキャンディが出来ました。これは、後でラッピングをして仕上げていきます。

そうしているうちに、土なべのご飯が炊けましたよ。さあ、フタをとってみよう!湯気と共に甘い香りが立ちこめます。予想以上に上手に炊けました。お焦げもおいしそうです。
さて、この炊きたてご飯を使って、いよいよ三角おにぎりを作ってみましょう。手のひらに塩をふり、そのざらざら感に、コドモたち、キャッキャとしながらご飯を握りました。握り方を教わり、しっかりと三角になりました。おいしそう。
・・そのお味は・・・!!これがまた、本当にビックリするほどおいしかったのです。塩にぎりがこんなにおいしいとは・・目から鱗。お米一粒一粒がふっくらとし、甘みがあり、ほんのり温かさの残るどこか懐かしい味で、ジャーで炊いたご飯よりずっとずっと味が濃密でした。試食の後は、ラッピングタイム。カラフルな花紙で先ほど作ったおにぎりキャンディを巻いていきました。モールも使ってお花のよう!春ですね〜。
持って帰って食べるのがもったいないくらいです。

今回もとても楽しい2時間でした。何よりご飯のおいしさを再発見した充実した時間だったと思います。土なべご飯。簡単に炊けるし、是非お家でも作ってくださいね!
Dscf8360sDscf8362sDscf8365sDscf8364sDscf8369sDscf8373s

Dscf8375s Dscf8369s_2 Dscf8379s Dscf8382s Dscf8383sDscf8384s_2 Dscf8388sDscf8395sDscf8396sDscf8397sDscf8398sDscf8399s


« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »