« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

行ってみたいところ 代々木公園アートスタジオの展覧会

20110618113858ce9_3 毎週月曜日に、アシスタントをさせていただいている代々木公園アートスタジオの展覧会が7月9日から14日まで、代々木八幡宮拝殿脇の廊下で開催されます。
今年のテーマは「行ってみたいところ」
どの作品も一年近くを費やして制作した大作です!コドモたちの想像の世界、あこがれの世界、心の中の世界・・が垣間見れるとてもステキな作品群です。頭に思い浮かぶ世界や風景を、平面に描き起こし、それをまた立体に作っていく・・・。そばで見ていると、制作をとおして明らかにコドモたちが成長していくのがわかります。こどもの力ってスゴイ!そして、それを導くアートスタジオ主宰の鈴木完先生、聖子先生も!・・いつもいつも感動させて頂いております。

ぜひとも、実物をじっくりとご覧いただきたいと思います。
7/10(日)には、代々木八幡宮にて青空個展も開かれるそうですよ。


またまた途中経過・・

小学生クラスでただいま制作中の「大きな絵」。
入会したばかりなのに、大作に挑んでいる子たちもいます!
予想外の梅雨まっただ中の猛暑日に・・負けそうな時もありますが・・でも、必ず夏休み前には仕上がるはず!暑さに負けるな、がんばれ、みんな〜
Dscf2350s Dscf2352sDscf2353s Dscf2355sDscf2357s


2011年6月24日 (金)

驚くべき学びの世界展

外苑前、ワタリウム美術館で開催中の「驚くべき学びの世界展」を見てきました。会期中何度も入れるパスポートチケットですが、もう一回いけるかどうか。
レッジョエミリアでの実践風景がたくさん流れているので、それを見ていたらとても
一回で全部見るのはムリ。今日もあっという間に時間が過ぎてしまって・・う〜ん、もう少し見たかったな。
コドモの言葉を、日々すべて記録しているのだろうか。
聞き逃してしまう一言一言を大切にすくい上げ、それに対して肯定も否定もせず、次の発見へと導くのがオトナの役割なのだろう。そのためには、コドモたちと一緒になって驚き、楽しめないと。
とかくコドモよりもオトナが先回りをし、お膳立てをしてしまうことがつい多くなってしまうが、それこそがコドモたちの思考や実践の芽をつんでしまうことなのだと改めて考えさせられた。
この展覧会をみても、ハッキリと「コレがコドモたちにとって重要なのです」、などというメッセージは見受けられない。ただ実際に行われている風景の中から、見る人それぞれが答えを導き出しなさいと言うことなのだろう。
さりげない日常の遊びや行為、会話の中から生まれる発見。その驚きについてたくさん考え自分の思考を形にする。見たモノをただ見たままに描く形ではない。行為そのもの、考えていく過程が作品。
とかく、仕上がりのきれいさや、見た目の正確さ、オトナが見た基準でイイワルイの天秤にかけてしまいがちだけれど、考えて形にしていくまでのコドモたちの行為こそが大切なのだ。どんな「遊び(テーマ・課題)」をオトナが提供するか・・ということも。


2011年6月22日 (水)

梅雨だけど・・暑い!

昨日、今日とお天気が続き、それに伴い気温も上昇。それでも昨日は、風があったから良かったのですが、今日は湿度も高い上に無風状態。当然アトリエ内も、それなりに気温上昇・・
真夏を前にして、暑さに負けてたまるか〜と・・エアコンかけずにがんばっていたのですが。
やはり、のども渇くし集中力にもかけてしまうこともあり。
気温が30℃を超していましたので、ゆるゆるのドライ&扇風機をかけてみました。今からこれでは・・なんだか、真夏はどうなるのか、心配でした。

さて、昨日と本日の幼児クラスでは、先日ビー玉をころがして作った紙で封筒をつくることにしました。その前に、ハサミの練習。丸いカラーペーパーを、クルクルクルクル回しながらハサミで切っていきました。途中で切れないように、出来るだけ長くなるように、そう、リンゴの皮むきのように。
たくさん切るうちにだいぶハサミにも慣れたかな?次に、まっすぐの線を切ってみました。封筒の形を切り取るときには、この、まっすぐの線に沿って切るテクニックが必要です。まだうまく切ることができなくても、これから何度も繰り返すうちに上手になるでしょうね。
クルクルの紙と、まっすぐ切った紙・・
さて。次に何を作っていくかは、お楽しみ!
Dscf2329s_2 Dscf2331s_2 Dscf2333s Dscf2345sDscf2327s















2011年6月21日 (火)

はってはって・・できあがり!

Aちゃんの張り子のけん玉・・できました!
がんばったね。同じ作業の繰り返しだけど、黙々とやっていたね。貼り方もすごく上手
ピンクが好きなAちゃんは、新聞紙を貼るときも、ピンク色の印刷があると選んで貼っていました。
先週できあがったので、すぐ持って帰りたかったAちゃんですが、一週間アトリエに飾らせてもらいました。今日、持って帰ったら遊んでね。
Dscf1750sDscf2139sDscf2273s

 

 

 

 

 

 

 

 


2011年6月15日 (水)

遊びながら描く

ビー玉に絵の具をつけて・・コロコロころがせば、不思議なもようのできあがり。
同じようにころがしたはずなのに、みんなそれぞれ違うもようができあがります。色の組み合わせも様々。コロコロころがしているときは、コドモたちはビー玉で遊んでいます。ころがしながら、競争だ〜、わ〜ぶつかる〜・・なんて、つぶやきも。そうしてできあがった絵は、何故かスピード感のある躍動的な人間の姿に見えたりしませんか?想像力も膨らみますね。
Dscf2187sDscf2192sDscf2204sDscf2211s_2


2011年6月11日 (土)

途中経過・・

梅雨のまっただ中ですが、ここ数日はお天気がだいぶよくて雨には降られずにすんでいますね。また週末から雨の予報が出ています。小学生クラスでは、ただいま大きな絵に挑戦中。本番前の下絵描きです。
画面は大きいのですが、描いている内容は結構細かい・・。最後まで集中をきらさず描ききるのは大変そうですが、皆口々に「がんばれる、大丈夫!」というので、期待しています
板に描いて、外に飾ります。梅雨が明ける頃には出来るかな? アトリエの外が楽しいギャラリーになりますように!
Dscf2123sDscf2133sDscf2225s


2011年6月 8日 (水)

額絵完成!

年中さんのTくんは、4月半ばから通い始めたのですが、絵の具を使う練習として自由な絵を描きました。道具の使い方になれることがまず第一なのですが、のびのびときれいな色ともようができあがりました。フレームも作って、モダンな作品が完成しました。
Dscf2150s

 

 

Dscf2166s_2

 

 

 

 


2011年6月 5日 (日)

手でこねる

幼児クラスでは、小麦粉を使った粘土遊びをしました。
素材に直に触れる機会が減ってきている昨今ですが、小麦粉に絵の具を混ぜてこねて丸めて・・色粘土を作りました。
アトリエでの時間が足りずにお家に持ってかえって作品を仕上げてきたMちゃん。絵の具で背景まで塗って躍動的な力強い作品に仕上がりました!
おうちでずっとこねてこねて夢中になって作品を完成させたSくん。Aちゃんは、絵もつけたんだね。

 

コドモたちみんなが、色粘土の混ざりぐあいを楽しんだり、素材に直接触れて感触を実感し握ったりちぎったり・・の「手」作業を体験。大切にしたい時間ですね。
Dscf2059sDscf2068sDscf2121sDscf2142sDscf2184sDscf2200s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2011年6月 4日 (土)

インテリアライフスタイル

3日に、東京ビッグサイトで開催されていたインテリアライフスタイルを見てきました。
た またま、招待状をいただき打ち合わせもあったので初めて行ったのですが・・おしゃれなインテリアセレクトショップ、雑貨のセレクトショップを一つの場所でまとめてみる ことが出来た感じで、久しぶりにトレンド空間にどっぷり。ここのところ、お店を見る時間も街へ出る時間も限られているから、たくさんの商品を見回るコトな んてほとんど出来なかったのでなんとも楽しい時間。

それにしても、
これらあらゆる大量の商品に携わっているヒトがこれまた大量にいるんだなあと。
こういう展示場は、節電って、どうしてるのかなあと。
以前は考えもしなかったことを改めて考えてしまった。

世の中不景気だし、震災の被害は甚大だし、政治はガッカリを通り越してホントにあきれて目も向けられない・・あんな調子だし。原発騒ぎで先が見えないし。 この先どうなっちゃうんだと思いつつ、こういう空間にいるとしばしそんなことも忘れてしまう。

でも、これだけの商品を誰かが買ってくれないとまた、経済は まわらないんですが・・。


2011年6月 1日 (水)

カミハンガ 01

会社勤めの時から、ずっと仲良くさせて頂いている 鎌田光代さん
会社勤めの時は、私がプランナーで、鎌田さんはデザイナー。かわいい(!)雑貨を作っていました。昔から本当にステキなデザインや企画を思いつく方で、とっても尊敬しているのですが、ここ最近はリトグラフ制作を中心に活動されています。リトグラフも大好きですが、今度はご自宅でカミハンガを作っているらしい・・

実は、私と鎌田さんは週に一回、絵手紙交換をしているペンパルなのですが、私はいつも忙しさに言い訳しながら慌てた絵ばかりを送っているというのに、ここのところ彼女はこのカミハンガを立て続けに送ってくれていました。連作として、何かつなげて考えているのかな〜と思っていたら・・先日、アトリエにて製本倶楽部が開催されている日にカミハンガを綴じたステキな作品集を持参されたとのこと。(私は製本倶楽部を催している月曜日にはいつもアートスタジオのお手伝いに行っているので不在で、残念ながら会えず・・

・・さすが!
全体にやわらかで、カミハンガの世界を崩さず、
ページをめくるヒトに緩やかに響いてくる感じ・・

空気感までお伝えすることは出来ないかもしれませんが、ご紹介したくて。
Dscf2146s Dscf2147s Dscf2148sDscf2149s


« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »