« 宝箱 小学生クラス編 その3 | トップページ | 等身大の自分 »

2012年2月22日 (水)

宝箱 小学生クラス編 その4

Hちゃんの箱は、各面それぞれ違った絵が描かれていて、見る方向によって様々な表情を見せます。フタには、粘土で作ったカラフルなタイルを貼り付け、ビルや遊具を木のパーツで取り付けました。細かいところも何度も塗り直して丁寧に仕上げた作品です。教室に通い始めた頃より、ずっとずっと自信を持って描くことが出来るようになりましたね。時間がかかったけれど、最後までよく頑張りました!
Dscf3228sDscf3264ssDscf3314sDscf3533sDscf3723sDscf4642sDscf4667sDscf4736sDscf4739sDscf4742sDscf4743sDscf4746s
「こうえんにいくみち」・・・工夫したところは、信号をつけるところ。大変だったのは、人間を描くところ。


« 宝箱 小学生クラス編 その3 | トップページ | 等身大の自分 »