« タマゴのカラを使って | トップページ | 無心になって・・おとなのための造形教室 »

2012年5月20日 (日)

家族の絵

10月に、東京ドームシティープリズムホールで開催予定の「こどもきずな絵画展」に参加することになり、コドモたちにこの展覧会に出品する絵のテーマである「家族」について尋ねました。

みんなにとって家族って誰だろう?おとうさん、おかあさん、おにいちゃん、おねえちゃん、いもうと、おとうと、おじいちゃん、おばあちゃん、ペットの犬や猫も・・離れて暮らしていてもつながっている家族との楽しかったこと、朝ご飯夜ご飯、寝るとき・・毎日のこと、兄弟とケンカしたときのことでもいいよ、どんなことが思い出せるかな??

ふわ〜っとコドモたちの頭の中にはいろいろな場面や思い出や、気持ちや形が思い浮かんできている様子・・しかし、絵にあらわすのがなかなか難しい・・・テーマに沿えるように、一度下絵を描いてから本番に向かうことにしました。
いつ、どこで、だれと、どんな気持ちで、どんな様子の場面だろう?

家族と一緒の何気ない日常。昨年の大震災後、あたり前のことがあたり前に出来る日がどんなに幸せなことかを切実に感じるようになりました。
私事ですが、4月に父が亡くなりまして、自分が小学生の頃、父と過ごした出来事もたくさん思い出しました。自分自身に子どもが生まれたときには、命のつながりを感じました。毎日普通に過ごしながら、おはよう、おやすみと笑顔で挨拶できることの大切さも実感しています。家族に支えられて今があるということも・・。本当に感謝しなくてはいけませんね。

みんなが絵を描くことを通じて、自分の周りにいる家族とのことを思い起こし、楽しかった思い出や何気ない日常を振り返ることで自分にとって家族って誰だろう、どういう存在だろう、大切なものは何か・・を改めて感じてくれるといいなと思います。
Dscf5145sDscf5148sDscf5197sDscf5199sDscf5200sDscf5201sDscf5269sDscf5279sDscf5292sDscf5293sDscf5308sDscf5319s


« タマゴのカラを使って | トップページ | 無心になって・・おとなのための造形教室 »