« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月27日 (月)

Tシャツをつくろう! ペインティング ご報告

夏休みこどもワークショップのご報告です。Cコースは、アクリル絵の具を使って自由に大胆に直接Tシャツに描いていくペインティングでした。
染め物と違って、描いたそのままが直接見て取れて結果がすぐわかるので、自分でデザインや絵柄をアレンジしていくことができます。
Dscf6363s Dscf6366s Dscf6368s Dscf6371s Dscf6416s Dscf6419s
いきなりTシャツに描き始めるのではなく、まず紙の上でどんな効果を得られるのか試してみました。霧吹きや、スポイトでたっぷりと水を含ませてから絵の具で描いてみる。筆をはじくことで絵の具をたらしたり吹き飛ばしたりして偶然でも勢いのある形を見つけてみる。色と色が混ざり合ったところに新しい色を発見する。牛乳パックを切り取って型紙にしてステンシル風に描いてみる。筆の使い方も、走らせたりリズム良くはずませたり、かすれさせたり・・。様々な表現を確かめた後に、いよいよ自分の真っ白なTシャツに描いていきました。
Dscf6423s Dscf6373s Dscf6379s Dscf6384s Dscf6387s Dscf6430s Dscf6437s Dscf6442s Dscf6451s Dscf6388s Dscf6396s Dscf6393s_2
大人だと、こういうときに結構躊躇してしまう人が多いと思うのですが、コドモたちは全く物怖じせず、どんどん筆が動きます。じゃんじゃん水をしみこませてにじませたり、思いっきり絵の具をたらしたり・・描いた後ににじんで広がる絵の具の色をしばし見つめて、わ〜・・花火みたい!と感動したり。色もアクリル絵の具なので、とても鮮やか。おしゃれに仕上がりましたよ〜
出来上がったTシャツはどれも個性的で、カッコイイ!
自分で着こなしている写真を是非送って欲しいな〜!
Dscf6398sDscf6401sDscf6402sDscf6404sDscf6405sDscf6406sDscf6409sDscf6410sDscf6453sDscf6455sDscf6457sDscf6458sDscf6461sDscf6462sDscf6582sjpgDscf6584s


2012年8月26日 (日)

Tシャツをつくろう!うずまき染め ご報告

夏休みこどもワークショップのご報告、Tシャツをつくろう!Bコースは「うずまき染め」でした。
Dscf6143sDscf6264sDscf6267sDscf6322sDscf6326s
今年のワークショップで、一番人気だったうずまき染め。どんなできあがりになるか、想像が難しいのもこの、うずまき染め。でも、色の話を聞き、色について考え、色と色が混ざるとどうなるか?どんな色合いのTシャツになりそうか?しっかりと頭の中で想像しながら・・完成予想図に色を塗っていくと、だんだんわかってきそうです。さて、どうなるかな?
Dscf6329s_2Dscf6145sDscf6146sDscf6271sDscf6275sDscf6279s
白いTシャツに染料を塗っている間は、さて、まだまだどうなるかナゾ・・
シワになった部分にも色をたっぷり塗りますが、それがどうなるかも・・ナゾ
しかも、Tシャツの固まりをドボンと染料につけると・・せっかく塗っていた色も消えてしまった??!・・いったいどうなってしまうんだろう?
Dscf6153sDscf6283s_2Dscf6159s_2
今回も、染めている間は、「絵しりとり」をつなげていきましたよ!
染めあがって、Tシャツにかけていた輪ゴムをほどく瞬間が感動〜。「うわ〜!」「え〜!?」予想と違ったのかな?想像していたのよりはるかにかっこよかったかな?お迎えにいらしたお母さんたちも、完成したTシャツをみて、感動〜!
Dscf6168sDscf6175sDscf6179sDscf6286sDscf6290sDscf6293sDscf6295sDscf6300sDscf6302sDscf6342sDscf6343sDscf6344sDscf6345sDscf6346sDscf6347s
できあがってみたら、もう、すぐに持って帰りたくなったコドモたち多数。そうだよね、すぐに着てお友だちやおじいちゃんおばあちゃんに見せたいよね。気に入ったTシャツが完成して本当に良かった!今年もまた、カラフルなうずまき染めTシャツがたくさん出来上がりました。同じ色を選択しても、渦の形、染料の塗り方によって全く違った模様があらわれ、一枚として同じものになりません。世界で一つだけのTシャツ!ステキですね。
Dscf6185sDscf6187s Dscf6306sDscf6308sDscf6311sDscf6312sDscf6316Dscf6351sDscf6353sDscf6355sDscf6357sDscf6358sDscf6361s


2012年8月25日 (土)

Tシャツをつくろう! 絞り染めご報告

遅くなりましたが、2012夏休みこどもワークショップのご報告です。

Tシャツをつくろう!Aコースは、「絞り染め」でした。ビー玉やわりばし、輪ゴムを使って白いTシャツにしぼり模様をつけていきます。できあがりのサンプルをみても、どうもピンと来ていなかった様子のコドモたちも、いくつかビー玉をくくりつけていくうちに、手慣れてきて、Tシャツの胸に一列入れてみよう・・、背中に大きく絞りを入れてみたい・・、サッカー日本代表のように「11」と見えるように入れたい・・、斜めに交差させてはどうかな?・・等々、つけてみたい模様のイメージがわいてきました。
Dscf6194sDscf6196sDscf6148s
絞っていくとだんだん元のTシャツの形が縮んできて、いったいどうなっちゃうのかな?と不安顔の子も・・。輪ゴムのしばり口に色を差していったのですが、それもこの後どうなるのか今ひとつ想像がつかない様子。果たしてどうなるのでしょう?楽しみ!

絞りと色塗りが出来るといよいよ染めに入ります。染料をお湯に入れて溶かしていく瞬間、コドモたちの目が「うぉ〜」と驚きに変わります。青だと思っていたのに黒く見えたりすると、え〜〜〜〜!!?ここにTシャツを入れても本当に平気なの?と、ドキドキ!
Dscf6210sDscf6215sDscf6217s
Tシャツをそ〜っと染液に入れて、長い棒でかき混ぜながら良く浸します。一時間近くを熱い染液の中で染め上げますので、その間・・このワークショップが始まって以来続いている「絵しりとり」をして待ちましょう!
Dscf6227sDscf6231s
去年から引き継いだ言葉は、「ご」だよ!!さ〜、今年はどうかな?うまくつなげていけるかな?言葉を出来るだけ発しないで、伝えることは出来るかな?
男の子たちの集まった二日目は、特に盛り上がって・・今まで出てこなかったような言葉や絵の連発に、大笑い!初めて出会って数時間なのに、とっても仲良くなりました。特に、「ん」で始まる言葉をつなげたTくんには、びっくり。世界のどこかに、ンゴロンゴロという地名があるんだそうです。は〜。知らなかった!スゴイね〜。楽しく過ごしている間に、Tシャツもとてもきれいに染め上がりましたよ!
Dscf6170sDscf6232sDscf6233sDscf6241sDscf6244sDscf6245sDscf6242s
輪ゴムをほどけば・・花火や金環日食のようなきれいな模様があらわれました!やった〜!
毎年、一枚一枚違った柄があらわれ、私もとても楽しいひとときです。
Dscf6188sDscf6249sDscf6251s_2Dscf6253sDscf6255sDscf6256sDscf6258sDscf6259s


2012年8月22日 (水)

暑いです!

毎日、毎日・・・このギラギラの太陽の光に押しつぶされそう・・・暑いですね〜
みなさんは夏ばてしていませんか? コドモたちの夏休みもあと一週間ですね・・
ホッとするような、焦るような
何しろ、私自身の宿題が終わっていない!いろいろ、まとめてやりたいことがてんこ盛り。ここ3ヶ月ほど、大変忙しかったために後回しにしていたこと多数。そして、これからのことの準備も多数。・・なのに、なんだか進んでません・・コドモたちが、自由研究に四苦八苦して締め切り間際までスッキリしないで焦ってしまっているのと同じように(いえ、コドモたちはきっと計画通りすっかり終わってますね)残暑の厳しさのせいにしながら・・楽しいことばかりについつい引っ張られて・・そして、冷たい食べ物スッキリするために欠かせないに助けられながら・・日々過ごしております。
来週は、もう、しょく感教室です。また、コドモたちとの楽しい制作が始まります。
サマーワークショップのご報告、もう少しお待ちくださいね!


2012年8月13日 (月)

しょく感教室vol.21 にがみ×グミ=?! ご報告!

毎日暑い日が続きますね〜。世の中、お盆休みに突入。アプレットプラスのサマーワークショップも8/10に無事終了しました。ご参加の皆様ありがとうございました!

さて、すっかり遅くなってしまいましたが、これまで行われたワークショップのご報告を順番にしていきたいと思います。

まず、7/28(土)に行われた、しょく感教室vol.21「にがみ×グミ=?!」のご報告です!
2012年のしょく感教室、4回目は「苦味」を体感するプログラム。「苦味」とあって、少々手強い予感?!普段よりも、お申し込みを躊躇される方もいらっしゃったかな?・・でも、様々な味を経験することで、味覚の幅も広がりますよ。
いつもの通り自己紹介の後は、岩本留里子さんのお話から・・。
Dscf6086s Dscf6093s 「苦い食べ物で思いつくものは何があるかな?」という質問に、こどもたちは「ゴーヤ!」「抹茶!」「コーヒー」「ピーマン!」「グレープフルーツ」「レモン?!」・・うーん・・それは、酸っぱいかな?・・等と楽しくやりとりしながら・・さて、紙コップに入っているのは何かな?香ってみよう。
ひえ〜、なんだか怖い予感・・おそるおそる嗅ぎ分けるコドモたち。「むむむ?」
三種類の香りを体感。香りから味を想像できるのかな?
次に、そのなかみを実際にほんの少しずつ、味わってみました・・・ゴーヤ・カカオ・抹茶・・それぞれ、違った苦味を体感。
Dscf6045s_3 Dscf6052s_2 Dscf6059s_2 Dscf6102s_2 Dscf6103s Dscf6095s_2
「うへ〜!」「・・にがっ!!」「・・・(無言)」「うっ・・みず〜っ!!」
予想通りのコドモたちの反応に、スタッフも「フフフ」怪しいほほえみ?
実は、舌にはそれぞれ味を感じる箇所があって、苦味は舌の奥の方でより強く感じる。舌の先の方は甘みを強く感じる、だからなるべく舌の先の方で味わってみると、苦味をおさえられるんだよ。・・・ほほ〜なるほど〜。実際やってみるとどうかな?
元は、とっても苦い食材も、加工することでおいしくなるのかな?
カカオ→チョコレート。ゴーヤ→ゴーヤチップス。抹茶→抹茶バームクーヘン・・
なるほど食べ比べてみると、どれもとってもおいしくなっているね。
Dscf6068s Dscf6069s Dscf6070s Dscf6110s Dscf6072s Dscf6115s
さあ、次はいよいよお待ちかね、「グミ」を作ってみよう。苦味も加工するとおいしくなる。抹茶のグミもおいしくなるかな?フルーツジュースのグミと組み合わせて、味は変わるかな?
材料を湯せんにかけて、やさしくまぜてアルミカップに注ぎ込み、その上に型抜きのグミを飾りつけ。ラッピングで仕上げます。
長い時間をかけて細かく飾りつけているコドモたちもいて、同じ素材でも本当に工夫次第で個性が出ますね!大忙しの二時間でしたが、どうだったかな?夏休みのスタートにふさわしい充実した時間だったね。暑い中、参加してくれてありがとうございました。
Dscf6075s Dscf6076s Dscf6079s Dscf6082s Dscf6122s Dscf6131s Dscf6132s Dscf6136s Dscf6140s


2012年8月11日 (土)

紙すきワークショップの夜 8/10

Dscf6561s
サマーワークショップ最終日、紙すきの作品が見られるのも今夜が最後!今回もみんな、デザインを一枚一枚よく考えて作っていましたね。作者によって、同じ素材でも色の選び方、レイアウトによって全く違ったデザインになっていきます。光に透けてとてもきれい!


2012年8月 9日 (木)

紙すきワークショップの夜 8/8 

Dscf6536s
紙すき二回目の夜です。紙と紙の間に挟んだお花紙が光を透かすと色が混じり合い、ステンドグラスのようですね。翌日になり、紙の湿り気が乾くと白っぽく不透明になっていくので、当日の夜しか見られないのです。今回もまた、ステキな作品がたくさん!ご参加のみなさん、ありがとうございました。


2012年8月 6日 (月)

紙すきワークショップの夜 8/6

Dscf6503s
紙すきワークショップが行われた日の夜のウィンドウ。光に透けて、まだ少し湿り気を帯びた紙たちが輝く!一晩だけしか見られないので、是非お散歩がてら見に来てください。


« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »