« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月26日 (水)

今日のお天気

お彼岸をすぎて、本当に暑さもすっかりおさまり、涼しく・・いえ、寒いほどのお天気になりました。ここのところ不安定で、曇っていたと思ったらパラパラと小さな雨粒が落ちてきたりします。暑くて暑くて汗が噴き出るほどの天気もツライですが、ハッキリしないどんよりとしたお天気も何だか気が滅入るものです。こんなことなら、ギラギラと灼熱の太陽がカ〜ッっと照りつける方がよっぽど良かった??
いえ・・それはまた、極端ですね。
ともかく、今日のお天気はなんだかどんよりしていて、それでいて雨も降らずハッキリしませんでした。
そんなお天気の様子を見て・・小学生クラスのKくんが一言。

「なんだか地味に晴れてるね」

・・・地味に晴れてる!!

なるほど・・そうね。雨は降っていない、でもなんだか地味。うすぐらいし。
・・思わず笑ってしまいました!


2012年9月24日 (月)

自分のマークを考えよう! その1

小学生クラスでは、夏休み明けから「自分のマークを考えよう!」というカリキュラムに取り組んでいます。

なんとなくかっこいいなあ・・という理由でマークのデザインを決めたのでは誰のマークかわかりません。
デザインを考える上で、自分の名前の頭文字を使うこととそしてそのアルファベットと自分をあらわすモチーフとを絡めてマークにしてみようという条件を出しました。
まずは、自分の名前をアルファベットで書いてみる。そして、自分ってどんな性格かな?どんなものが好きかな?得意なことは何だろう?あこがれていることって何だろう?・・と自己分析してみます。用紙にたくさん書いていきました。

真剣に考えてみると、自分の性格って・・えっ??よくわかんな〜い!
・・・自分のことなんだから、わからないことはないでしょう。お父さんやお母さんから褒められることってないかな?○○ちゃんのこういうところはいいね。△△くんは、いつもこうなんだから〜!・・なんて。
お友だちからも何か言われないかな?上手だね〜すごいね〜、そんな風に言われることはないかな?
頭の中にたくさん浮かんできてすぐ言葉に出来る子。一つ二つでとまってしまう子。いろいろですが、声かけをして、頭の中をやわらか〜くしてもらいます。
文字でおおよそが書けたところで、形にあらわしていきます。■と●と▲。どういう風に違って見えるかな?優しそうに感じる形って何だろう。元気に感じる色ってどうだろう。

そうしてようやく、アイデアスケッチに入りました。思いついたことをどんどん描いてみよう。ストップしないで、10個は描いてね!・・と声かけするものの・・難しいのか、なかなかアイデアが浮かばない様子。だったら、自分の好きなもの、自分の得意なことをアルファベットの形に盛り込んでもいいよ。
Dscf6801s_2Dscf6838sDscf6860s

白い紙にどんどんアイデアを描いていきました。
大人になっても、このアイデアをいっぱい出す作業はとても大切。一つのことに固執して頭を固くしないで、たくさんたくさん描いていきます。これをエスキースといいますが、例え失敗したとしても消しゴムで消さずに残しておきます。時々立ち戻って見直してみると、結構いいものを持っているかもしれないからです。
Dscf6862sDscf6863sDscf6864sDscf6868s Dscf6865sDscf6869sDscf6866s

アイデアスケッチの中から、条件を満たしてキレイに形になりそうなものを選んでから、
拡大して描き直しブラッシュアップしていきます。色鉛筆で色を入れて、どんな仕上がりになるかをしっかり決めます。そのあと、最終的な紙に下書きをトレース。今回は、マーカーや色鉛筆で彩色しました。絵の具を使う時よりも細かい作業が多いのでその分、仕上がりへの細かな配慮が必要です・・さて、どんな風に仕上がっていくかな。 その2につづく・・
Dscf6887sDscf6891sDscf6895sDscf6900sDscf6902sDscf6901s


2012年9月20日 (木)

やっと・・

ようやく、すこ〜し涼しくなってきましたね。暑さ寒さも彼岸まで・・
今年は本当によく汗をかきました。体の水分が抜けきるかと思うくらい!
この頃は夕方、6時に近くなるとすっかり暗くなってきました。日も短くなりいよいよ秋がやってきますね。


2012年9月17日 (月)

けん玉、できたよ!

幼児クラスで作ったけん玉です。色がキレイ!
Dscf6830s
紙コップを土台にして、新聞紙をたくさん貼って固くしていきました。最後に自分たちで染めた色紙を貼って出来上がり。根気よく手作業を続けるのは、コドモたちにとって大切な時間。同じことをコツコツ繰り返し積み上げていくことが最後に目標達成につながるのです!小さな頃から、そういう習慣が身に付くといいですね。
最後に自分のけん玉で遊んでみたら・・格別楽しいね!
Dscf5924sDscf5927sDscf6793sDscf6795sDscf6825s


2012年9月15日 (土)

おとなのための造形教室

4月から隔週火曜日夜に開いている「おとなのための造形教室」ですが、現在3名のみなさんが和やかに楽しく制作されています。隔週なので、進度はのんびりですが先日また一つ作品が完成しました。
Dscf6027sDscf6778s_2Dscf6781s
タマゴのカラで描いた絵の周りに自分たちでサイズを決めたフレームを取り付けました。フレームのベースは段ボール。周りに紙を巻き付け丈夫にしてから、教室第一回目の時に描いた色紙を細かくちぎって貼っていきました。色の並べ方や形の見え方に配慮しながら貼り付けていくのは、大人の方ならではですね。タマゴのカラで描いた絵なので、カラに当たらないように少しフレームを浮かせた形で貼り付けましたが、フレームやタマゴのカラの陰影が作品に奥行きを創り出しています。
どれも身近にある素材を利用したものです。日々の忙しさをしばし忘れて手を動かす時間を作り、こんな風に部屋に自分の作品を飾ってみる楽しさを味わってみませんか? Dscf5574sDscf5679sDscf5677sDscf5680s_2Dscf5839sDscf5835sDscf5957sDscf5958sDscf6021sDscf6023s


2012年9月13日 (木)

にじ色ゴリラ

Dscf5985s_2 何とも愛らしい表情とタイトルは、女の子にも人気!・・実はこの作品、小学2年生のAくんが作ったものですが、作り始めたのは約一年前。6月にアトリエで催した「ちいさな展覧会」でも展示しました。完成までおよそ半年を要したこの作品は、元は新聞紙で出来ています。長い時間をかけて紙を貼って貼って・・形を作ってから、色を塗っていき、最後にこだわりの力こぶや牙や目鼻を付けた大胆かつ繊細な作品なのです。倒れないように台も作りました。はじめは、黒っぽいゴリラでしたが、最終的には、にじ色のカラフルな作品に!
Aくんは、とにかく自分がゴリラの生まれ変わりだと公言するほど、大のゴリラ好き。動物大好き!だから・・愛情がたっぷりこもった作品に仕上がったのですね。
ご紹介が遅くなってしまいましたが、制作過程も含めて是非、ご覧ください!ちなみに、Aくんは冬でも半袖ランニング・・と薄着なので、写真では今年の夏?と思われるかもしれませんが・・昨年秋、冬、春・・と長い時間がかかっているんですよ それから、写真の一番最後のスケッチは、Aくんの作品がカワイイ!と気に入ったやはり小学2年生の女の子Aちゃんが作品を見ながらスケッチしたもの。これもまた、愛らしいですね
Dscf3041s Dscf3218s Dscf3259s Dscf4661s Dscf4751s_2 Dscf4867s Dscf5016s Dscf5044s Dscf5588s Dscf5640s Dscf5700s Dscf6816s



2012年9月12日 (水)

しょく感教室vol.22 だしを味わい、うどんを作ろう!

九月も半ばになり、ほんのわずかに朝晩涼しくなってきたような・・それでも、昼間の日射しはまだまだ暑く、残暑厳しい毎日です

さて、9月1日(土)に行われた「しょく感教室vol.22」のご報告です。

2012年のしょく感教室は、五味を体感するプログラム!その第5弾は、旨味。
日本人にとって、幼い頃より親しんでいる「だし」。その繊細で柔らか、微妙な旨味を五感を研ぎ澄まして味わってみましょう!
そして、「だし」を活かした料理といえば・・
お吸い物や麺類。・・ということで、今回は、手打ちうどんに挑戦しました。
恒例の自己紹介のあとは、すぐにうどんの準備です。なにしろ、30分寝かせなくてはなりませんので・・!
Dscf6601s Dscf6605s Dscf6694s
粉に塩水を加えながら、二人一組でこねていきます。ある程度まとまったら、ビニール袋に入れてタオルに挟み、足で踏みます。手で触る感覚、足で踏む感覚・・どうだろう??みんな楽しそうに数を数えながら踏んでいましたね。
Dscf6627s Dscf6705s Dscf6707s Dscf6711s Dscf6714s Dscf6716s
よ〜く踏んで、生地が出来上がったら一人分ずつ丸めてしばらく寝かせます。
さて、その間に岩本留里子さんの「だし」のお話。だしにもいろいろ種類があるのですが、今回はかつお節。みんな、かつお節を削ったことあるかな??削り立てのかつお節と、スーパーで売っているパックのかつお節。味わいに違いがあるのでしょうか?削り立ての香りや色に違いはあるのかな?集中して味わってみよう。
Dscf6629s Dscf6636s Dscf6642s Dscf6721s Dscf6726s Dscf6638s
それから、こんぶとかつお節を使って作った一番だし。実際のだしと、顆粒のインスタントだしとは味に違いがあるのでしょうか??どちらがおいしいと感じる?香りは、色は?
Dscf6728s Dscf6731s Dscf6732s Dscf6656s Dscf6657s Dscf6658s Dscf6737s Dscf6738s Dscf6739s Dscf6741s
日々忙しいと、だしをきちんととることもなかなか出来ないのですが、こどもの時に本物の味をしっかりと体験して、舌で覚えていることは大切ですね。だしの香りもとても優しく、どこかホッとする空気になるのは何故でしょう?旨味を体全体で覚えておきたいですね。
Dscf6660s Dscf6672s Dscf6674s Dscf6749s Dscf6758s Dscf6676s Dscf6680s Dscf6681s Dscf6682s
さて、だしをしっかり味わった後は、いよいようどん作りの後半戦。寝かせていた生地を麺棒で薄く均等にのばしてのばして・・屏風折りに折りたたんだら、包丁やスケッパーを使って細く切っていきます。包丁を正しく使いながら同じ巾に切っていくのは結構難しい!集中して切っている姿は、さながら麺職人〜。均等に切れたら、ふわっとほぐしパッキングしてできあがり。出来上がった後、最後のお片づけもみんなで協力して行いました。
今回は、試食の時間がとれなかったので、出来上がった麺を手書きのレシピと共に持ち帰り、家で茹でてもらうことになりましたが・・味はどうだったかな?もちもちの歯ごたえでおいしかったでしょう!意外に簡単に出来る手打ちうどん。今度はぜひ、ご家族で作ってみてくださいね。もちろん、めんつゆも作ってみてくださいね。
Dscf6683s Dscf6762s Dscf6765s Dscf6766s Dscf6769s Dscf6686s Dscf6687s Dscf6774s Dscf6776s


2012年9月11日 (火)

モビール作り

夏休みが終わって早10日。いえ、最近は近隣の小学校が二期制になり、夏休みが8月26日までだったので・・既に二週間が過ぎました。
それでも、太陽はギラギラまだまだ残暑厳しい日が続いています。

こどもデザイン造形教室も、夏休みが明けて先週からまた始まりました。
小学生クラスで、夏休み前から作っていたモビールも完成しましたのでご紹介します。

ワイヤーを使って自由に形を作り、そこにカラーペーパーを貼って行く方法でパーツを作りました。それぞれの形にストーリーやテーマがあってもいいね、それに沿って形や色も決められるよ・・と声をかけると
電池が大好きなので、電池関係の形でまとめよう
食べ物シリーズにしよう
自由に思いついた形にしようかな・・
等々アイデアがあふれてきて、コドモたちそれぞれ頭の中でイメージしながら手を動かしていきました。
Dscf5811s Dscf5940s Dscf6003s
モビールの難しいところは、パーツが出来上がってから。
糸を通して棒に結びつけ、バランスをとりながら組み立てていく・・簡単に思えるようでいて、コドモたちにとっては結構難しく、まず糸を結ぶのにかなりの時間を要する子もいました。細かい作業でしたが何とか完成
Dscf5854s Dscf5861s Dscf6001s_2 Dscf6808s Dscf6810s
楽しくカラフルな作品が出来ました!
Dscf5945s Dscf5972s Dscf6038ss Dscf6041ss Dscf6815s


2012年9月 8日 (土)

紙すきをしよう! ご報告

九月に入ってしまいましたが・・
夏休みこどもワークショップ「紙すき」のご報告です。

今年の紙すきは、一日おきに三回催しました。お申し込み開始から早々に満席になり、また遠方からもご参加くださり本当にありがとうございました!
紙すきのワークショップは日本全国いろいろな場所で行われていると思いますが、アプレットプラスの紙すきは、量がちがう!一人でたくさんたくさん漉きます。三時間ほぼ立ちっぱなしで作っていくので体力を使いますが、夢中になっているとあっという間の充実の三時間なのです。
紙の材料や牛乳パックのパルプの話など聞いてから、いよいよ紙すきの制作開始。パルプをほぐす時には、ミキサーを使ったり、それをラーメン屋さんのようにザルで水を切ったり・・漉き枠の使い方、パルプを均等にすくうには?等々お話を聞きながら実践。とにかく手を動かしてやってみる。紙すきは、もしうまくパルプがすくえなくてもすぐにやり直せるので、とにかくやってみること。幼いコドモたちでもそのうちに、薄くてきれいな紙が漉けるようになります。
Dscf6466s Dscf6490s Dscf6491s
お花紙をパルプの間に挟み込み、模様を作ったのですが、シンプルな形をどう並べるかで一枚一枚が全く違った印象になります。どんな模様にしていこうかな?さっきと違う模様にするにはどうしたらいいかな?・・と考えながら、コドモたちそれぞれが違う模様を作り出していきました。
Dscf6486s Dscf6495s Dscf6500s Dscf6498s Dscf6521s Dscf6522s
パルプの水を絞るのには、製本の機械を使っています。ハンドルをグルグル回すと、水がたっぷり出てきます。そうしてそれを、窓のたくさん貼り付けていきます。作品が並ぶと、水気を含んだ紙は光に透けてとてもきれいに輝きます!
こちらのブログもご覧ください・・→ 
Dscf6514s Dscf6549s Dscf6553s Dscf6557s                             


2012年9月 4日 (火)


トウモロコシを切り取ってみた。形も色々。


« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »