« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

カメラのスケッチ

冷たい北風、カサカサと舞う落ち葉・・晩秋から冬へ、あっという間に季節が巡りますね。
一ヶ月ほど前に小学生クラスでは、カメラをよくよく観察しながらスケッチしました。デジタル全盛の現代ですが、このカメラはもう40年くらい前のもの。年期が入ってスイッチもレンズ周りもアンティークな様相。コドモたちの目にはどう映ったでしょうか・・
じっくり向き合い、いろいろな方向から観察することも訓練。それを下描き無しで形にあらわすのですからなかなか難しいことです。特に黒と銀色のボディなので、ただただモノトーンにぬるのではなく、光や影の中にも色を感じて欲しいと思いました。画材に慣れることも大切ですね。これからもたくさん描きましょう!
Dscf7327s_2Dscf7319s_2Dscf7322s_2Dscf7323sDscf7332sDscf7336sDscf7339sDscf7411sDscf7413sDscf7568s


2012年11月26日 (月)

けん玉

幼児クラスのKちゃんが、丁寧に丁寧に作っていた紙コップのけん玉。
途中、体調を崩してお休みすることもあったりして、とても時間がかかってしまいましたがKちゃんの描いた紙で仕上げられ、カラフルでカワイイけん玉になりました!
とっても喜んで遊んでいたKちゃんです。仕上がったのはもう一月も前のこと・・ご報告がとっても遅くなってしまいました・・ごめんなさい!
Dscf7003sDscf7152sDscf7311sDscf7309s


尊厳の芸術展 The art of Gaman

三連休の最終日、上野の東京芸術大学美術館で開催中の「尊厳の芸術展」を見てきました。
先週の日曜美術館で放映され、大変興味深い内容で是非実物を見てみたいと思ったのです。上野公園の見事なイチョウや色づいた木々を楽しみながら美術館へ。
Dscf7739s

第二次大戦中にアメリカで普通に暮らしていた日系アメリカ人が強制収容所に送り込まれ、厳しい環境の中、未来への不安を持ちながらも、不足していた道具や家具おもちゃやアクセサリーなど・・生活に必要なものを自分たちの手で作り上げていったと言うこと。作るに当たっての道具も材料もまともになかったというのにその作品が大変見事で完成度が高く、また日本文化をちりばめて創られていること。日本人の器用さ、知恵、そして手仕事や芸術が精神を潤すものであるという実証を見ました。

現代の日本には、何でもあります。短時間で完成度の高いものが出来上がるし、情報も即座に調べ上げ、どうやって作るかのノウハウも自ら考えずに簡単に手に入れることが出来てしまう。・・しかしいったいそれで良いのだろうか。急ぎ暮らす中で、大切な何かを置き去りにしていないか。本当の豊かさとは何なのだろう。また、例え未来が不安に思えても、自分の中に創意工夫の知恵を持つ努力をすれば何とか乗り越えられ、一人一人のココロにも潤う何かが芽生えるのではないか、それこそが底力となるのではないか・・・
閉塞感に満ち、元気が失われている今の日本で、是非たくさんの方が見るべき展示だと思いました。
12月9日までです!秋の公園散歩がてら、是非上野へ!
Dscf7692sDscf7697sDscf7700sDscf7705sDscf7706sDscf7718sDscf7708sDscf7682s_2


2012年11月21日 (水)

しょく感教室vol.23 自分で味つけカリカリスナック!

11/10(土)のしょく感教室vol.23は、「自分で味付けカリカリスナック!」。

2012年のテーマであった五味ですが、全ての味に参加してくれたお友だちもいましたね、ありがとうございます!
今回は、近隣の小学校が登校日ということもあり、午前クラスの参加者が少なめだったのが残念だったのですが・・でも、その分とてもじっくりと取り組めたワークショップになりました。
Dscf7501s_2Dscf7504sDscf7458s
いつものように、元気に自己紹介をしたあとは、岩本留里子さんのお話。今回は「辛味」です。五味を覚えているかな?・・塩味、甘味、酸味、苦味、旨味。あれ?辛味は??
・・そう、辛味は味というより刺激なのだそうです。ご存じ七味唐辛子。これには何が入っているか知っているかな?唐辛子、山椒、麻の実、けしの実、陳皮、ゴマ、青のりなど・・七つの味が混ざり合って、辛味だけでなく風味や味わいをつけているんだね。焼鳥屋さんがオリジナルで作った七味唐辛子と、スーパーで一般的に売られている七味唐辛子とではちょっと香りや色が違っているみたい。焼鳥屋さんのは、山椒が多いみたいだね、鶏肉にあうように作っているのかな?なるほど七味はいろいろな味が混ざって、食べ物の味を引き立てるように作られているんだね。
Dscf7502sDscf7460sDscf7511sDscf750s7
そんな確認をしながら、わさびのツーンとくる匂いやショウガの爽快感のある香りを体験した後は、いよいよ・・
自分たちの鼻や舌で感じながら・・、さあ、オリジナルフレーバーを作ってみよう!
たくさん用意された調味料やスパイス。少しずつ確かめながら調合。まるで薬剤師さん??なんだか実験みたいだね。これとこれを混ぜたら・・え〜〜〜!意外においしい!新たな発見がいっぱいです。メモ書きをしながら、最終決定したフレーバーをカリカリパスタにまぶしてシャカシャカ!味がなじんだら、パッケージも作っちゃおう。
スナックの名前も考えて・・さて、どんなスナックが出来上がったかな?
短時間で集中してよくがんばりましたね〜、みんなの開発したスナックのお披露目です。ネーミングや味の紹介、そして自分やお友だちのを試食してみました。
Dscf7519sDscf7526sDscf7529sDscf7527sDscf7473sDscf7484s
おいし〜!
甘くてスパイシー!
お〜、なるほどね〜、チーズとココアが意外と合うね!
お店で買うスナックよりもどうかな?おいしかったかな?微妙な味の分析ができたかな?
会社の商品開発部に配属されたスタッフのように??最後はプレゼンテーション!

みんなの考えたネーミングをご紹介すると・・ココチー、ゆかりと昆布茶の和のスナック、とうがらし、ベルツリースノースナック、スパイシースナック、チャーズ、あまめスパイス、よりどりの3種スパイス・・・
Dscf7479s_2Dscf7482sDscf7485sDscf7538sDscf7542sDscf7486sDscf7487sDscf7496sDscf7559s

それぞれ感想も発表して、とっても楽しいワークショップになりました!
次回vol.24は、来年1月19日(土)を予定しています。お楽しみに!
Dscf7488sjpgDscf7489sDscf7491sDscf7544sDscf7546sDscf7548sDscf7549sDscf7551sDscf7552sDscf7554s


2012年11月16日 (金)

おとなのための造形教室 キャンドル

クリスマスにはちょっと早いのですが、おとなのための造形教室では、キャンドルを作りました!ロウを芯に浸しては固め・・という作業を繰り返していくディッピングという方法で作りました。色の重ね具合で微妙なグラデーションを奏で、とても優しい色合いに・・。形も、ロウが温かいうちに少しずつ整えていくと自分の思ったとおりの形になっていきます。
自然な曲線も味わいですし、整えた円錐形もキレイですね。
キャンドルのあたたかい灯はココロを癒しますが、ロウが重なり合っていく制作過程も癒されるように思います。
次回はラッピングを施して完成です。
Dscf7414sDscf7419sDscf7423sDscf7424sDscf7431s_2


2012年11月15日 (木)

ヒモを使って色面構成

出来上がってからずいぶん時間が経ってしまいましたが・・!
幼児クラスで作った作品。自分の好きな形に切った厚い段ボール板にヒモを貼って画面を分割し、そこに色を塗っていく色面構成です。ヒモとヒモで区切った部屋のお隣同士は同じ色で塗ってはいけないというルールを設け、自分で感じたままに色を塗ります。
色と色を混ぜるとどうなるか?お隣同士が同じ色にしないようにするにはどうしたらいい?と考えつつ、隅から隅まで丁寧にぬる作業も加わり、密度の濃いワークになりました。
出来上がりもとてもカッコイイ!
Dscf6835s Dscf6879s Dscf6912s Dscf6917s Dscf7167s Dscf6980s Dscf6936s Dscf6993s Dscf7130s Dscf7168s Dscf7297s  


2012年11月 4日 (日)

ハロウィン カボチャのちょうちん

ハロウィンが終わって、街の飾りは一気にクリスマスへ!
今年は10月の初旬まで残暑が続いていたように記憶していますが、ほんの一ヶ月前のことなのに近頃の寒さのせいで遠い昔のような気がします。あんなに汗をかいて暑い暑いとうなっていたというのに、今や朝晩の冷え込みに驚きながらフリースを着込んでいます。季節がどんどん巡っていきますね。
ご報告が遅くなりましたが、10月末に幼児クラスでカワイイちょうちんを作りましたのでご紹介します!小学生クラスのKくんも、作ってみましたよ!
ヒモを使って風船にグルグル巻いて貼り付けて・・翌週固まったら風船をパ〜ンと割って!!
顔をつけたら出来上がり。・・途中、糸を結んだり苦戦しますが、一つ一つの手作業が大切。枝に取り付けて楽しそうに揺らしながら持って帰っていったコドモたちです!
Dscf7305sDscf7365sDscf7369sDscf7374sDscf7378sDscf7358sDscf7362sDscf7380s


« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »