« アトリエ前になにやら・・ | トップページ | 描き初め 2014 小学生クラス編 その4 »

2014年2月10日 (月)

描き初め 2014 小学生クラス編 その3

さて、描き初めの続きですが・・
それぞれにストーリーを考えてもらいましたので、作品と共にご紹介します!
こどもたちには、ただ単に、馬と旅をして楽しかった・・というような簡単な話では無く、どんな馬がどんなところからどんな風に歩いてきたのか、水に落ちたら ドボ〜ンなのか、バッシャーンなのか? 馬の様子はどうなのか、できるだけいろんな想像ができるように書いてね。とお願いしました。
国語のテストではないので、自由に思ったままの書き方でいいのですが、絵に沿ってストーリーを考えて絵巻物を完成させてもらいました。さて、どんなお話かな?
まずは、水曜日クラスの5人から!

*絵の始まりは、各作品により右から始まったり左から始まったり・・最後に自分の落款(朱色の印)が押してありますので、それを目印にご覧ください。

Dscf2477_2
Dscf2749_2 「うまたろうのぼうけん」 作:けいと(小2)
日本からアメリカへ行くおはなしで、日本をしゅっぱつしたら嵐がとつぜんきて、でも
うまたろうはその嵐の中ずうっと歩いていったら嵐がやんだら目の前が りったいこうさの はしがあらわれて でもうまたろうは歩きつづけて はしがおわったら やっとアメリカについた。


Dscf2474

Dscf2745 「ゆめの中のたび」 作:あかる(小3)
むかしむかしある馬のゆめの中の話です。
ある一ぴきの馬は、じゃくにくきょうしょくの むじんとうにいました。人は一人いて かいぞくがとりのこされていて 大きい鳥と大きいぞうがいました。川には わにがいてさるがおちょくって口の上にたっています。馬はむこうのほうまでいきたいですが、鳥やわにやぞうに ころされそうです。馬はちょっとずつ ちかづいていきました。川のちょっとまえで わにに足をかまれひきずりこまれそうになり、鳥がつっついてぞうはびっくりして とっしんしてきて、かいぞくはやりをなげ、さるは かおをたたいて、もうすぐ死にそうなときに ゆめからさめました。馬はゆめのことを母さんに話しました。おしまい。

Dscf2480
Dscf2748 「歩 あゆむ作:ゆき(小6)
日本から遠く遠くはなれた国に馬が一頭いた。馬はいつもいつも同じ景色を見ていた。馬は思った。「こことはちがう景色が見てみたい。」と。
馬は歩いた。休みながらも歩いた。雨が降っても嵐が来ても。いろいろな道を歩いた。凸凹していても。ぐにゃぐにゃして迷路のようでも歩いた。終わりのない道を。ある日、馬はたおれた。でも馬はそれでも歩いた。そしてその日、馬は旅立った。


Dscf2486
Dscf2747
「がんばったうま」作:としき(小1)
むかしむかしあるところに村人がいました。村人は金もちなのでうまをかいました。村人は、うまと日本中をたびすることにしました。たとえ風の中、たとえ雨の中をとおりました。やっと日本じゅうをまわりました。つぎは日本からロシアまでいくことになりました。たとえ水の中もとおりました。そしてやっと日本につきました。うまはへとへとでうごけなくなりました。村人はうまをしぜんにかえしましたとさ。おしまい。
 

Dscf2482
Dscf2746
「馬のピンが行く!雨、風、雪、晴れ、の珍散歩」作:ゆうひ(小6)
カラッと晴れたある夏の日、馬の「ピン」が散歩をしていました。するととつぜん真っ黒な雨雲さんがふわふわやってきて雨を降らせました。ピンは、たまらず全速力で雨雲さんの下から出ました。
次にピンが約17000才の大木を通り過ぎると、ものすごい勢いで風がふいてきました。突然の出来事だったので最初はびっくりして何もできませんでしたが、だんだん風にも慣れてきて、ピンは一歩ずつ確実に地面をふみしめてやっとこさで風がふいているところからぬけだしました。

次に高さ372mほどの山をこえて、そろそろ家に戻ろうかと思っていると、また真っ黒な雲がやってきました。始めはまた雨雲さんかと思いましたが、その雲から降ってきたのは真っ白な雪でした。ピンがきれいな雪だと思っているとその雪は冷えたピンの体に追い打ちをかけました。このままでは、体のしんまで冷えきってしまうとピンは思い、かさこをかぶって歩き始めました。

やっと雪を降らすくろい雪の下から抜け出すと、次はどんな天気になるのかとピンはビクビクしていました。少し歩くと、今度は向こうの地平線からまんまるいものが顔を出し、やがて空へ上がっていきました。そのまんまるいものは、やさしくひかりだし、冷えきったピンの体をあたためました。

そうです、「晴れ」です。ピンは頭の上のかさこをとって、太陽の光をたくさんあびると、再び歩き始めました。 めでたし、めでたし。


« アトリエ前になにやら・・ | トップページ | 描き初め 2014 小学生クラス編 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アトリエ前になにやら・・ | トップページ | 描き初め 2014 小学生クラス編 その4 »