« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月24日 (月)

タマネギのスケッチ 小学生クラス

小学生クラスでは、ここのところ季節の制作や 自分で作りたいとテーマを掲げて取り組んでいる作品づくりを中心に進んでいましたが、久しぶりにスケッチをすることにしました。
モチーフをじっと見つめ、観察し、描いていく練習です。
Dscf3015

自分の目でじっくりと見て、今まで思いこんでいたことを取り払って新しい発見をして欲しいと思います。
タマネギは丸い。皮に線が入っている。・・と思い込んでいると、きちんとした丸いライン、そこに均等に平行にラインを引いてしまうことがあります。
よく見て。本当にそんな形かな?
回り込んでいく皮のラインはそんな風な線で表現できるのかな?
色はどうかな? 紫タマネギの影は、くろいの? 
紫って、何色と何色を混ぜた色? 紫でも赤に近い紫と、青に近い紫と・・どんな風に違っているのかな?
Dscf2970Dscf3000Dscf2977Dscf2978Dscf3002Dscf3005

自然の対象の中に、たくさんの発見をして、しつこくしつこく食らいついて描いていくこと。スケッチには、自分で見たこと発見したことが素直に表現できているといいね。
パステルも、いきなりドバッと塗らないで、考えながら少しずつ少しずつ色を重ねていこう。
指も道具。色を広げる方向を考えよう。
Dscf3012Dscf2987Dscf2980Dscf2989Dscf2992Dscf3007Dscf3008Dscf3010

・・たくさんの観察がスケッチをより奥深いものに変身させます。集中してモノを見て捉える時間。・・とても大切な時間です。
Dscf3018_2Dscf3019Dscf3020Dscf3022Dscf3025Dscf3026Dscf3028Dscf3030Dscf3033Dscf3035

| コメント (0)

2014年2月23日 (日)

制作経過報告・・幼児クラス

2月に入って、記録的な大雪が降り、ソチ五輪が開幕となり・・・
なんだか日常生活のすべての時間がひっくり返ってしまったような?翻弄された日々が続いて、あっという間に一ヶ月が終わろうかという2月最終週!
・・ちょっと焦っています。今年度もそろそろ終わりに近づいています。忙しい時期到来!(とかいいながら、年中そんなことをつぶやいているかも?)

こどもたちにとって、いよいよ進級・進学の季節がやってきます。寒い冬をくぐり抜け、明るい春の訪れと共に、ワクワクドキドキ緊張と興奮と、期待とが・・・草木が芽吹くように、身体からあふれてくる時期ですね。Dscf2716s_2

幼児クラスでは、牛乳パックを使ったお家を作り始めました。アイデアスケッチを描いてみます。まだ、よくわからないけれど・・どんな家がいいかな?とりあえず、頭の中を整理して、手を動かして書いてみます。
家の形も様々。みんなそれぞれが違うアイデアを持っていて、うれしくなります!みんなとは、違うことやってみよう、つくってみよう!考えだそう!
完成までの道のりは長い・・・一つ一つの行程は、紙やすりで削ってみたり、下地を塗ってみたり、段ボールカッターで切ってみたり・・・初めてのことだらけ!それでも、少しずつ経験を積んで、自分の手で作っていく自信をつけていこう。
どんなお家が建つかな?
春が近づくのと一緒で・・少しずつだとしても、できあがりに近づいていくとワクワクドキドキするね!
Dscf2726Dscf2730Dscf2708Dscf2806Dscf1260Dscf1262Dscf2713Dscf2995Dscf2715

| コメント (0)

2014年2月14日 (金)

雪が降る

今夜の雪はスゴイ!あっという間に積もります。
夕方、変貌を遂げたあの雪山も・・・夜になったらまたこんな表情に。進化が面白くて、ついつい撮影してしまいます。
Dscf2954_3

| コメント (0)

やられた!!

アトリエ前に、大きな雪の山があったんです。
先週末の雪に本日の雪がのり、いい形になりかけていたんです。
Dscf2938
Dscf2944
し、しかし・・・・

やられたっ!!
通りすがりのコドモに〜〜〜
こわされてしまいました・・・
Dscf2950
こら〜っ!・・・

遅かった・・・

| コメント (0)

描き初め 2014 小学生クラス編 その5

さて、全員のお話が出そろったので、教室の始まりや最後に発表の場を設けました。
これは経験上もいえることですが、大人になっても、プレゼンテーションって大事だよ〜!堂々と、楽しく面白く自分で考えたお話をみんなの前で発表してみよう! 回数を重ねることで、きっと上手になっていきます。
お友達の話を聞く、というのも大切ですね。これからも、こんな場をたくさん設けていきたいと思います。
Dscf2919
Dscf2933

| コメント (0)

2014年2月11日 (火)

描き初め 2014 小学生クラス編 その4

その3からの続きです。
アプレットプラスのこどもデザイン造形教室では、2014年の年が明けてから、描き初めとそれを絵巻物に仕立てていくカリキュラムに取り組みました。

その4では、木曜の小学生クラスの作品をご紹介します!
*絵の始まりは、各作品により右から始まったり左から始まったり・・最後に自分の落款(朱色の印)が押してありますので、それを目印にご覧ください。

Dscf2529_3Dscf2518_2
Dscf2741 「馬がきりんになった」作:ゆうと(小2)
耳の大きな王さまの馬がしろからにげだした。大きな耳で王さまは、馬がにげた音をききつけた。騎士がおいかけた。走っていたら、馬がきりんになった。きりんは、いつも同じ場所にいて楽しくなかったから、他の島に行きたくて海にドボンととびこんだとさ。(一部聞き書き)

Dscf2523_4
Dscf2744_5 「まほうのトンネル」作:ちさと(小3)
ある日、雨の中、馬が歩いていました。歩いて行くと馬がいままで食べたことのない木の実がありました。その木の実を2,3こ食べたあとまたあるいていくと。3わの鳥に会いました。このさきにまほうのトンネルがあると教えてくれました。行ってみるとなぞのトンネルがありました。これじゃないかと思った馬は、トンネルを通ってみると小さくなり、羽がはえていました。馬は羽を動かしながらとんで行きました。

Dscf2532_2
Dscf2743_4 「馬と二人の探検」作:れい(小4)
ある晴れた日の朝、馬一匹と二人は探検に行きました。歩いて行くとへびがいて馬が食べられてしまいました。二人はにげている間に食料をすべておとしてしまいました。食料を捜している時になぞのマスクをつけた人物が食料をくれました。家に帰ると中判大判小判を見つけました。

Dscf2541_2
Dscf2742 「道のわかんなくなる道」作:あや(小3)
ある日少年の馬がいました。その馬は、ぼうけんがすきでした。そしたら馬がある山に行きました。その山道のわかんなくなる道のわかんなくなる山です。少年の馬は、その山に行きました。そしたらその山でまいごになりました。なので、道をどんどん進むと大雨になり速く進むとパラパラとまた雨がふり始まりました。ずっとふっていてずっと道を進んで行くと雨がやみました。そしたら本当に道がわかんなくなっちゃいました。道の始めの時は、道がきちんとしてあったのに山のだいめいのとうりに道がわかんなくなりました。なので、少年の馬は自分をしんじて道を進むと山のてっぺんについたとさ。

Dscf2537
Dscf2941   作:はんな(小3)
青い空の日、馬のうまおは、馬のじいさんに会いに行っていると、やばやば村を通っていました。やばやば村は、きょうぼうな魚やワニがいて、ガードンという名前のスフィンクスがあって、そのスフィンクスの目はあらしをよびます。そしたら、うまおはそこに来てしまったのに気づいてあせって走ってきょうぼうな魚のいる川をジャンプしていっぱい石があるところもころばないように歩いて、海のところにやってきて、うまおは泳ぐのがにがてだから、ヨットを作ってヨットにのったら嵐が来て、よっとがこわれたら魚が助けてくれました。そしたらおとしあながあったけどスキップしてたら、ぎりぎりおちませんでした。そしたら、おじいちゃんの家につきました。

| コメント (0)

2014年2月10日 (月)

描き初め 2014 小学生クラス編 その3

さて、描き初めの続きですが・・
それぞれにストーリーを考えてもらいましたので、作品と共にご紹介します!
こどもたちには、ただ単に、馬と旅をして楽しかった・・というような簡単な話では無く、どんな馬がどんなところからどんな風に歩いてきたのか、水に落ちたら ドボ〜ンなのか、バッシャーンなのか? 馬の様子はどうなのか、できるだけいろんな想像ができるように書いてね。とお願いしました。
国語のテストではないので、自由に思ったままの書き方でいいのですが、絵に沿ってストーリーを考えて絵巻物を完成させてもらいました。さて、どんなお話かな?
まずは、水曜日クラスの5人から!

*絵の始まりは、各作品により右から始まったり左から始まったり・・最後に自分の落款(朱色の印)が押してありますので、それを目印にご覧ください。

Dscf2477_2
Dscf2749_2 「うまたろうのぼうけん」 作:けいと(小2)
日本からアメリカへ行くおはなしで、日本をしゅっぱつしたら嵐がとつぜんきて、でも
うまたろうはその嵐の中ずうっと歩いていったら嵐がやんだら目の前が りったいこうさの はしがあらわれて でもうまたろうは歩きつづけて はしがおわったら やっとアメリカについた。


Dscf2474

Dscf2745 「ゆめの中のたび」 作:あかる(小3)
むかしむかしある馬のゆめの中の話です。
ある一ぴきの馬は、じゃくにくきょうしょくの むじんとうにいました。人は一人いて かいぞくがとりのこされていて 大きい鳥と大きいぞうがいました。川には わにがいてさるがおちょくって口の上にたっています。馬はむこうのほうまでいきたいですが、鳥やわにやぞうに ころされそうです。馬はちょっとずつ ちかづいていきました。川のちょっとまえで わにに足をかまれひきずりこまれそうになり、鳥がつっついてぞうはびっくりして とっしんしてきて、かいぞくはやりをなげ、さるは かおをたたいて、もうすぐ死にそうなときに ゆめからさめました。馬はゆめのことを母さんに話しました。おしまい。

Dscf2480
Dscf2748 「歩 あゆむ作:ゆき(小6)
日本から遠く遠くはなれた国に馬が一頭いた。馬はいつもいつも同じ景色を見ていた。馬は思った。「こことはちがう景色が見てみたい。」と。
馬は歩いた。休みながらも歩いた。雨が降っても嵐が来ても。いろいろな道を歩いた。凸凹していても。ぐにゃぐにゃして迷路のようでも歩いた。終わりのない道を。ある日、馬はたおれた。でも馬はそれでも歩いた。そしてその日、馬は旅立った。


Dscf2486
Dscf2747
「がんばったうま」作:としき(小1)
むかしむかしあるところに村人がいました。村人は金もちなのでうまをかいました。村人は、うまと日本中をたびすることにしました。たとえ風の中、たとえ雨の中をとおりました。やっと日本じゅうをまわりました。つぎは日本からロシアまでいくことになりました。たとえ水の中もとおりました。そしてやっと日本につきました。うまはへとへとでうごけなくなりました。村人はうまをしぜんにかえしましたとさ。おしまい。
 

Dscf2482
Dscf2746
「馬のピンが行く!雨、風、雪、晴れ、の珍散歩」作:ゆうひ(小6)
カラッと晴れたある夏の日、馬の「ピン」が散歩をしていました。するととつぜん真っ黒な雨雲さんがふわふわやってきて雨を降らせました。ピンは、たまらず全速力で雨雲さんの下から出ました。
次にピンが約17000才の大木を通り過ぎると、ものすごい勢いで風がふいてきました。突然の出来事だったので最初はびっくりして何もできませんでしたが、だんだん風にも慣れてきて、ピンは一歩ずつ確実に地面をふみしめてやっとこさで風がふいているところからぬけだしました。

次に高さ372mほどの山をこえて、そろそろ家に戻ろうかと思っていると、また真っ黒な雲がやってきました。始めはまた雨雲さんかと思いましたが、その雲から降ってきたのは真っ白な雪でした。ピンがきれいな雪だと思っているとその雪は冷えたピンの体に追い打ちをかけました。このままでは、体のしんまで冷えきってしまうとピンは思い、かさこをかぶって歩き始めました。

やっと雪を降らすくろい雪の下から抜け出すと、次はどんな天気になるのかとピンはビクビクしていました。少し歩くと、今度は向こうの地平線からまんまるいものが顔を出し、やがて空へ上がっていきました。そのまんまるいものは、やさしくひかりだし、冷えきったピンの体をあたためました。

そうです、「晴れ」です。ピンは頭の上のかさこをとって、太陽の光をたくさんあびると、再び歩き始めました。 めでたし、めでたし。

| コメント (0)

2014年2月 9日 (日)

アトリエ前になにやら・・

記録的な大雪のあと、意外にも気温が上がりあっという間にとけてゆく雪・・・しかし、たくさんの雪かきの成果がここに集結!・・何ができあがるのでしょう?いや、その前に溶けちゃうかも・・・ともかく、今日の夜はこんな形でした。
Dscf2884

| コメント (0)

2014年2月 8日 (土)

描き初め 2014 小学生クラス編 その2

ご報告が遅くなりました!
描き初め、小学生クラス編 その2です。
Dscf2750_2
小学生クラスは、「馬と一緒に旅をする」をテーマに絵巻物仕立てで描き初めをしたのですが、最終的に巻物にして仕上げました。
芯の両端に丸く切った台紙を貼り、色紙を貼り付け、白い紙を巻いておきます。描き初めの絵を合体させ、クルクルと巻いてカラーペーパーを表紙にして、紐で巻きます。紐は、毛糸を三色選んで三つ編みにして作ったのですが・・初めて三つ編みをする子もいて、悪戦苦闘! 特に男子〜 女子は、普段自分やお友達の髪で遊ぶこともあるようで、上手な子はあっという間にできてしまうのですが、男子で初挑戦の子は終わったあとに、疲れすぎて家に帰ったら爆睡するかも・・・と言っていましたよ。あらら・・
でも、そうやって指を動かしモノを作る経験こそが、脳を活性化するばかりで無く、達成感を感じたりその後の制作に応用できる力をつけたりするのです。すぐにあきらめずに、ガンバレ〜!
さて、紐ができあがったらいよいよ組み立て。まっすぐに線を引いて折り目をつけたり、丁寧にノリを塗ったりしながら巻物が完成。こどもたちには、絵巻物のストーリーを書いてもらいました。どんな展開になるのかな?
Dscf2431Dscf2432Dscf2566Dscf2567Dscf2569Dscf2578Dscf2576Dscf2575Dscf2735Dscf2738 
Dscf2755_2

| コメント (0)

大雪!

Dscf2844
昨日の夜中までは、こんな大雪になるとは全く思いもしませんでした。天気予報では、大雪に注意と出ていましたが、それにしても目覚めて窓を開けてビックリ!そして、時間を追うごとに降り積もっています。しかも、今はまだピークじゃ無いんだとか・・・
みなさま、体調管理、足下、十分に注意してお過ごしください!
Dscf2842Dscf2851Dscf2852Dscf2854Dscf2862Dscf2863Dscf2864

| コメント (0)

大雪

明日は、何年かぶりの大雪だそうです!たまたま土曜日なので、家に籠もっていようと思います。明朝起きたら、雪が降っているのかな?どうなんだろう・・

| コメント (0)

2014年2月 2日 (日)

しょく感教室vol.30 ロリポップチョコをつくろう!〜おさとうの話〜 ご報告

Dscf2677_2
2014年1月25日(土)
に行われた しょく感教室vol.30 のご報告です。
見て、聴いて、香って、触れて、味わう・・五感を使ったワークショップとして始めた「しょく感教室」も、なんと!30回目を迎えました。
始めは手探り状態でしたが、ここまで続けて来れたのも、興味を持っていただきご参加くださる親御さんと、こどもたちのおかげです。本当にありがとうございます

私たちスタッフ(食の仕事をしている岩本留里子さんと、デザインや造形の仕事をしている私 鶴岡まり子)も、毎回、こどもたちがどんな反応を示してくれるか?どうすれば時間内にいろいろな体験ができるか?どんなアレンジをすれば、食がより楽しく身近に感じられるか、どうすれば「食と蝕」を印象的に体感することができるか?・・・等々、楽しみながら打ち合わせを重ねています。 

2014年は、一昨年好評だった「五味」を再び大きなテーマに掲げてスタート。第一回目の一月は 甘味 です。
世の中、インフルエンザの猛威が襲ってきて・・残念ながら参加できなかったこどもたちが数名・・! 毎年この季節は、ドキドキですね。

さて、いつものように自己紹介から始まり、岩本留里子さんからは、お砂糖についてのお話。
Dscf2584_3Dscf2646_3Dscf2592_2Dscf2648
上白糖、三温糖、黒糖、粗目、グラニュー糖、氷砂糖、粉糖・・たくさんのお砂糖を観察し、触れたり香ったり、味わったり。音も聞いてみましたよ。
Dscf2596Dscf2600
上白糖や三温糖のように、ふわっと柔らかなお砂糖は、お醤油などに溶けやすいようにできている日本独特なものなのだそうです。海外では、ハードシュガーが主流なのだそう。
それから、コーラ500mlの中には、スティックシュガーが何本くらい入っているか?え?!10本も入っているの!甘いわけですね〜。砂糖の摂りすぎは禁物。だから、コーラと一緒に食べるものは、なるべく甘くない方がいいんだね。食べ物の組み合わせを考えることが大切です。
なるほど〜。
Dscf2587Dscf2650
そのほか、栄養価が高いのは黒糖、料理によってお砂糖の種類を使い分ける 等々、お砂糖について学んだあとは・・
いよいよ、棒付きチョコ・・ロリポップチョコを作りましょう!
Dscf2603Dscf2655Dscf2606Dscf2615
スウィートチョコを湯せんにかけてテンパリング。マシュマロを芯にしてチョコをクルクルと塗ったら、トッピングで飾り付け!しっかりと冷やしてから、ラッピングです。
Dscf2610Dscf2658Dscf2669Dscf2673Dscf2617Dscf2623Dscf2624Dscf2675
トッピング材料のレイアウトをそれぞれ工夫し、ラッピングでは、花びらに見立てたペーパーを切り抜き取り付けて・・チョコブーケを作りましたよ!
Dscf2626Dscf2680Dscf2683Dscf2685Dscf2632Dscf2634_2Dscf2636Dscf2638Dscf2639Dscf2641Dscf2642Dscf2690Dscf2691Dscf2692Dscf2693
作ったお菓子をどういう風にラッピングすれば、簡単に可愛くアレンジできるか・・? 頭をひねって、手を動かして・・工夫次第で個性的なスウィーツに大変身しますね。一つ一つを楽しんで作っているうちに、たくさんできあがりますよ〜
もうすぐバレンタインデー。今回作ったロリポップチョコをぜひ!また作ってお友達やお父さんにプレゼントしてくださいね。
次回の しょく感教室は、2014/3/15(土)を予定しています。テーマは「酸味」・・押し寿司を作っちゃいますよ〜!詳細はまた、後日お知らせしますので、どうぞお楽しみに!

| コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »