« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

エブル体験

月末になって慌てているのは、いつものことですが 年度末というと、なんだかもう慌てて何かすると言うより、ゆっくりしたいなと。
外はまた、強風が吹いているので出る気にもならず。ここのところ外出が続いていたので、インドアでできることをこなしていこうかと。で・・これまで、アップできなかったことを順次載せていきます!
Dscf3409
もうすっかり時間が過ぎてしまったのですが、3月22日に新宿のトルコ文化センターというところで、エブル(トルコでいうマーブリング)体験をしてきました。
いわゆる 墨流しやマーブリング は何度もやったことがあり、しかも遙か昔、美大一年生の時に課題でアクシデントデザインというのがあり、そのときは独学?で油絵の具を使ったマーブリングに挑戦・・あまり良いできとはいえなかった記憶。ベースに手作りの糊を使ったと思う。すごく汚くなっていった・・油絵の具が紙に吸収されず苦戦・・。色も沈みがち。形も今ひとつだった。いや、はっきり言って酷いできだった。

最近は、マーブリングキットなるものが画材店でも手に入るので、それを使えばあっという間に鮮やかで美しいものができるのだが、規則的な連続模様は難しい。
このエブル、日本では手に入らないオックスゴールなる液体を絵の具に混ぜると 割とカンタンに形になっていく。
ベースは海草を溶かした粘度のある液体(ところてんが固まる前みたいな?)。絵の具を落とすと、キレイな正円を描きそこにまた別の色を落とすと、混ざることなく同心円状に色が増えていく。それだけでも美しいし見ていてもやってみてもかなり楽しいのだが、それをラテアートのように細いスティックを使って模様にしていくのがまた楽しい。
Dscf3396Dscf3391Dscf3381Dscf3389_2
できあがった模様を紙に写し取る際に、絵の具はキレイに紙に吸収されてしまうし、まるで魔法!
模様のバリエーションを楽しみながら、何枚もチャレンジしてみたい欲がフツフツとわいてしまう。
今や、ネット上で動画によりいろいろと制作の現場を見ることができる便利な世の中だが、やっぱり実際に自分で手を動かしてみると楽しい!色を選んだり、形を考えたり・・・貴重な2時間でした。

詳しいレポートについて・・こちらも良かったらご覧ください。
製本ブログ キルオルトジル →その1  その2  その3

| コメント (0)

年度末

世の中 春休みに入り、アプレットプラスのアトリエもお休みになっています。今年は、なかなか春がやってこなかったのですが、三月も終盤になってようやく春めいてきて、桜も開花し始めました。昨日の暖かさで随分花が開いてきました。
それにしても、あっという間の一年ですね。進級進学、出会いと別れの季節・・
造形教室でも、卒業したこどもたちが二人いて・・おめでとうというお祝いの気持ちと共に、正直寂しさもあり・・複雑です。
みんな、また遊びに来て欲しいな!

こどもデザイン造形教室を始めたばかりの頃から、通ってくれたY
ちゃん。教室でも、積極的にどんどん作品を作って、しかもとても丁寧にさっさとできてしまうので、みんなのお手本になっていました。しょく感教室も、夏のワークショップも、たくさん参加してくれました、ありがとう!
4年生から通い始めたYくん。弟のAくんと一緒に仲良く通ってくれて、兄弟の作品はお互い意識し合い、刺激し合った力強いものでした。作ることが大好き、ということが体中からあふれてくるようで・・こちらも本当に刺激になり勉強になりました、ありがとう!

中学生になっても、実際に自分の手を動かして、長い時間をかけて物作りをしていた経験を生かして欲しいし、これからは本当に忙しくなってくると思うので、そういう時間の大切さをずっと忘れずにいて欲しいと思います。自分の頭で考えて、自分の手を動かして思い描いたものを創り上げること。何でもできてしまう世の中だからこそ、他のヒトとは違った何かを思いつき、形にしていって欲しいと思います。
14__2

| コメント (0)

2014年3月25日 (火)

張り子の小物入れ  おまけ

こどもたちの作品に触発されて、追いつけ追い越せで作ったのがこちら。見本を作ると、それに引っ張られる子もいるので、あえて見本を作りたくないけれど、でも張り子を見ていると私も「貼って貼って・・」の世界に入りたくなるんですよね
取っ手は、以前、海辺で拾った流木を切って差し込みました。
_mrk2

| コメント (0)

2014年3月24日 (月)

張り子の小物入れ

Dscf3126s_4Dscf3354s_2

上/としき 小1
  作品名:かめかにかっちん
くふうしたところ:かみをたくさんはったこと
たいへんだったところ:かめのいろをぬったところ

 

下/こすず 年長 作品名:ビーダマ
たいへんだったところ:とってをつくるところ
なにをいれたいですか?:あめ。おとうさんのかお(かみねんどでつくったもの!)

張り子の技法で、まんまるい小物入れを作ったのは、小学生クラスの としきくんと 幼稚園クラスの こすずちゃん。
どちらも長い時間かかりましたが、ようやくできあがりました!
今はクラスが違うけど、実は二人とも昨年度までは一緒のクラス。作品を通して、お互いを思い出したかな?
取っ手の形も、それぞれ個性があって面白い。
張り子は、とにかく紙を貼って貼っての繰り返しだけれど、素材が身近なものだし、簡単な方法でいろいろな形に変化させることができる。あとは、根気と集中力!(そこが一番の かなめ !)
さて、みんな何を入れるのかな??
Dscf1374sDscf1379sDscf2723sDscf2801sDscf3128s

Dscf9919s_2Dscf9970sDscf1257s_2

| コメント (0)

2014年3月21日 (金)

しょく感教室vol.31 カップをつかって押し寿司つくろう!〜酸味〜 ご報告

2014年3月15日(土)に行われた しょく感教室vol.31。当日の様子をご報告します!

2014年のしょく感教室は、五味を体感するプログラム。第二回目は「酸味」。まずは、いつものように 自己紹介のあと、岩本留里子さんのお話。
Dscf3230Dscf3240

今回、1月は甘味3月は酸味と・・順番に五味を学んでいますが、五感と食べ物についても考えてみましょう。

一般に人は、食べ物を食べたときに、見た目(視覚)でおいしいと感じるものがほとんどで、あとは食べ物の香りや歯触り、また食べたときに出る音など(聴覚・触覚・嗅覚)でおいしさを感じるのだそうです。味覚は最後に加わる要素?・・え?
・・ということは、同じ食材、同じ作り方でも、盛りつけによってだいぶ変わってくると言うことですね。確かに、できたてホカホカでいい香りがする料理と、出来上がりからしばらくたった冷めた料理とでは、色つやも香りも歯触りも違ってきますね。

同じおにぎりでも、広くて寒い体育館で一人きりで食べるのと、お天気の良い日に公園にピクニックに行って大勢で食べるのと・・どっちがおいしく感じるかな?
こどもたちとそんなやりとりを交えながら、食べ物をおいしく感じる環境についても考えてみました。やっぱり、みんなで食べるほうがおいしく感じるよね。
それにテレビを見ながら食べていると、視覚に神経が集中してしまい、味覚が鈍くなってしまうんだって

なるほど、そんなお話を聞いていると・・仕事が忙しい時など、時間がないからとお総菜を買ってきたとしても、そのままパックで出すのではなく、ちょっとした野菜を添えながら温めて盛りつけることも大事ですね。味覚を育て生活を豊かにしていきたいですね。
Dscf3243Dscf3245

さて、酸っぱい食べ物というと思いつくものは何だろう?
食材の中でも、酸っぱい食べ物としてすぐ思いつく
レモン・梅干し・お酢 を味わってみました。酸味といっても、違うかな?どうかな?
酸っぱい食べ物は、見ているだけでも 口の中に唾液が広がってきますね〜・・
Dscf3250Dscf3249_2

でも、酸っぱい食べ物は疲れをとったり、食欲をわかせたり、脂っこさをさっぱりとさせたり・・食べ物に変化をもたらす優れもの!体にもいいので、上手に取り入れたいですね〜。

それでは、せっかくなので世界で一番酸っぱい食べ物とも言われている「梅肉エキス」を味わってみましょうか!
どうかな?
Dscf3259_3Dscf3262_2
Dscf3264Dscf3265
そうして、いよいよお待ちかねの寿司飯作り。炊きたてご飯を寿司桶に入れ、寿司酢を回しかけます。いったん切るように丁寧にごはんを混ぜ合わせてから、一斉にうちわであおぎ冷ましていきました!
Dscf3267Dscf3272Dscf3274Dscf3277
つややかな寿司飯ができあがったら、いよいよカップを使って押し寿司を作ってみよう!
Dscf3281Dscf3287
間にどんなふうに食材をはさんでいこうかな?
考えながら・・ご飯を詰めていきます。トッピングや盛りつけを、限られた時間内に発想し工夫していきます。
Dscf3284Dscf3286

同じ食材を使っていても、やっぱり盛りつけでそれぞれ変わってきますね〜!こどもたちには、食の演出を楽しむことも学んで欲しいなと思います。
カラーペーパーでお寿司の飾りを作ったら・・まるでパーティメニューのような楽しい押し寿司が完成しました。
Dscf3289Dscf3293Dscf3297Dscf3301Dscf3305Dscf3314Dscf3307Dscf3319Dscf3321Dscf3316Dscf3325Dscf3317_3

協力して片付けも手際よくできました!
Dscf3294

次回の しょく感教室vol.32 のテーマは「苦味」・・どんなワークショップになるか、今から楽しみです!2014年5月17日(土)を予定しています。

今回、小学校や幼稚園、保育園の卒業イベントなどと重なってしまったのかな?・・実は、参加人数が大変少なかったのですが、これからも我々スタッフは、こどもたちに小さい頃から、 五感を生かし様々な食を体感してもらい、食に親しみ、食を演出することの楽しさ、食材を違った視点から捉える面白さを感じて欲しいと 企画をしていきたいと思っております。
そんな、「しょく感教室」のことを伝えられるようにと、新たに しょく感教室のブログ を作りました。こちらもどうぞよろしくお願いします!

| コメント (0)

チューリップ

三月になっても、暖かい日があったかと思えばまた急に寒くなったり・・・天候が落ち着きませんね。
暑さ寒さも彼岸までとはいうものの

さて、こども造形教室も本日から春休みとなります。今度こどもたちにあうときにはみんな進級、進学しているのですね〜!

先日、幼児クラスに通う Jちゃんからステキなお花をいただきました!カワイイチューリップ。
なかなか暖かい日がこないけれど・・アトリエに、チューリップのやさしい香りがただよい、ふわっと春を感じます。
Chulip
Chulip2

| コメント (0)

2014年3月10日 (月)

棒人間4号、完成!

Dscf3154_2
こどもたちが張り子で作品を作っていると、どうしても自分でも紙を貼って貼って貼って・・・の、長い旅に同行したくなるのです!
これまで、棒人間一号から三号まで作りましたが、とうとう四号が完成しました
とはいえ、こんなにデカデカ堂々と発表するほどあっという間にできあがったわけでなく・・完成までに時間のかかることかかること・・こどもたちに、早く作ろう、がんばろう!と、励ましている割には、自分の手はなかなか張り子ばかりに限定できず、どうやら一号二号三号・・と、一年に一体のペース?!う〜ん・・・ちょっと遅すぎますが、お許しを!

こどもたちの感想はいつも・・カワイイ!というより、え〜っ怖い〜!なのですが、アトリエのマスコットとして皆様をお待ちしております。
Dscf3152

| コメント (0)

春の足音

やっと、少しずつ明るい日差しに春を感じるようになってきました。それでも、風はまだまだ冷たいですね。
昨日、外出先で通りに面した花屋の店頭に、ラナンキュラスの花があでやかに咲いていました。思わずパチリ!
カラフルな色を感じると、ますます春が待ち遠しいですね。
Ts3h0214
Ts3h0213
Ts3h0215
そして、このラナンキュラスのぎっしり重なった花びらを見て、すぐに思い出したのは小学生クラスに通うMちゃんのお花。自分でこんな花を作ってみたいな〜と設計図を書いて、それにあわせて一枚一枚の花びらを丁寧に組み立てていっています。時間がかかる制作ですが、本当に根気強くがんばっています。Mちゃんのお花、春がやってくるのと同時に満開に咲き誇るかな?
何種類も花が並ぶので、時間がかかりそうだけど、ガンバレ〜!
Dscf1302Dscf1303Dscf1305Dscf2704Dscf2706Dscf2707Dscf2777Dscf2779Dscf2782Dscf2784Dscf3046Dscf3049

| コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »