« にじみ絵 | トップページ | ラインアートで色面構成 »

2014年9月22日 (月)

ナタマメその後・・

暑さ寒さも彼岸まで。

猛暑再来を覚悟していたのに、今年は暑さがぴたっと止まったと思ったらそのまま秋に突入してしまったようです。

もう一ヶ月以上前の真夏日には、午後になるとアトリエ玄関前に、
背の高い植木鉢が時折出現していたのですが、
そこで育てていた 大きなナタマメ
少しずつさやが膨らんで、中の豆が生長しているようです。このナタマメ、大きくなったさやは食べられないようですが、小さめのさやなら食べられるとか。・・・どんなお味なんでしょう?
Dscf5893

いつも、アリの軍団がさやを目指して豆のツルを登ってくるくらいですから、さぞかしおいしいに違いない・・
それに、福神漬けに入っている、ひょうたん型の歯ごたえのよいアレは、ナタマメなんだそうですよ。
ならば、食べてみようか? と・・いや、食べてみて。・・と、ナタマメ育成担当のT氏から指令が。

え?・・どうしよう、えぐかったり、しぶかったりしたら。
おっかなびっくりですが、初挑戦のナタマメ。

香りは、イチジクの実のような、植物独特のあおくささの中にほんのり甘さを漂わせています。
切ってみると、確かにひょうたん型の、福神漬けのあの姿。
Dscf5895Dscf5896
ごま油でさっと炒めて塩をふって、鰹節をパラリ。
Dscf5898

どうかな?

なんと! 甘い!
くせもなく、やわらかく、とても食べやすい。 

・・・予想以上においしかったのです。


« にじみ絵 | トップページ | ラインアートで色面構成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« にじみ絵 | トップページ | ラインアートで色面構成 »