« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

落ち葉のステンドグラスを制作中!幼児クラス

このところ、すっかり秋の葉にココロを奪われておりますが(!)
自然の色は儚い・・
あっという間に色が変化していきます。
どうしても、とっておきたい。この色をとどめておく方法は無いのだろうか?
昔からそう思っていました。それに、葉っぱの形もオモシロイ。葉脈も、虫に食われた穴も、微妙に枯れた模様も・・
とっておけないからこそ貴重なのかもしれませんね。
それでも、光を通した葉の美しさをこどもたちに伝えたくて・・
今年は、幼児クラスで 葉っぱのステンドグラスを作ることにしました。
制作工程の写真は・・・残念ながら、あまりに忙しすぎて 撮影できなかったのですが・・しかも、今週でできあがるかな〜?と思っていたけれど思いの外時間もかかったので、枠を作って仕上げるのは、来週に持ち越しとなりました。
あ〜・・でも、もし、葉っぱの色が変化していったら・・
どうやら、桜の葉は早めに退色していくようです。仕方ない。これは、自然のことなのだから。人間、自然に対して、あまり贅沢なことを求めてはいけないのです。

色が変化する前の作品を一部、撮影しました。こどもたちがレイアウトに工夫しているのがよくわかると思います。窓に飾ると形が浮き上がってとてもキレイですね。
Dscf6728Dscf6730Dscf6729_2Dscf6731Dscf6732Dscf6733Dscf6734Dscf6736Dscf6737Dscf6738Dscf6739

| コメント (0)

2014年11月28日 (金)

季節の色 

アプレットプラスのアトリエ近くに古い団地がありますが、その団地の庭には大きな銀杏や桜・欅・紅葉やハナミズキなどがあり、
秋が深まり寒さが増すと葉っぱがだんだんと色づいてきます。先日の火曜水曜と冷たい雨が続いたおかげで、一気に秋色に変化しました。

水曜日に雨の中、葉っぱの収穫に行ったのですが(幼児クラスの工作で使用するため)
そのときにすでに銀杏の葉が絨毯のようにふりつもっていましたから、晴れた陽射しの中なら、さぞやキレイな色だろう。その様子をこの目で見てこなくては・・と思い、慌てて団地まで走っていきました。それに、もし早朝から落ち葉掃きが行われて、片付けられていたら・・もう二度と見られません!
Dscf6676_3
間に合った!
やっぱり、自然の光の中で、葉っぱは輝いていました。
Dscf6680

いつもなら、駅まで慌てて歩き、周りの木々など目もくれないことが多いのですが、足元を見つめ、木を見上げ・・自然が創り出した色彩にたくさん巡り会って、なんだか元気をもらった朝でした。
Dscf6681_2Dscf6682Dscf6684

| コメント (0)

2014年11月26日 (水)

秋の色

先週から、幼児クラスのこどもたちと、葉っぱの工作をしています。
その様子は、また後日まとめてご報告いたしますが・・

昨日今日の寒さで、葉っぱが一気に色づいています。
アトリエのそばには古い団地や川沿いの遊歩道があり、たくさんの樹木と出会えます。いつも駅まで何分で到着するか?・・等と、急いで周りに目もくれず歩いてしまうのですが、そんな分単位の時間軸とは別に、ゆったりと季節は巡っています。
こんな冷たい雨に濡れて、すでに役目を終えてハラハラと枝から落ちている葉っぱも生き生きと色づいています。
今日は、なまえのない色をたくさん見つけたような気分。木を眺めたり、足元を見たり、たくさんの色を捜しましたよ!
真冬のように寒い雨の日も、なんだか楽しくなりそうですね。
Dscf6624

| コメント (0)

2014年11月24日 (月)

食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.35」 ご報告!

2014/11/15(土)に行われた 
食育と造形 五感を使ったワークショップ / しょく感教室vol.35 スパイス香るふわふわソーダパンをつくろう! (タイトル長いですね)のご報告です。

11月も半ばとなり、いよいよ冬支度がはじまりそう・・
クリスマスまであと一ヶ月あまり。みんなサンタさんにお願いするプレゼントは決まっているのかな? 
いつも始まりの挨拶の時に、自己紹介をしますが そのときにひとこと
サンタさんからのプレゼントは何がいいか?教えてもらいました。
しかし・・まだまだ先のことなのか、まだ決まっていないこどもたちが多かった!(早めにサンタさんにお願いしておいた方がとどくよ〜!ってアドバイスしておきましたが。)いいな〜、サンタさん。がんばってるおとなたちにもプレゼントがとどかないかな〜
Dscf6387

S&Bのまわし者ではありませんが・・今回は、こんなスパイスを使っていきました。
Dscf6379Dscf6323_2

いつものように、自己紹介のあとは・・
岩本留里子さんの「スパイスのお話」
Dscf6321_2Dscf6318_3
日本の調味料と言えば??
しょうゆ、みそ、みりん・・・
では、アメリカやヨーロッパなどの外国では、何を使って味をつけているのでしょうか?・・・答えは、塩やスパイスなのです。
外国では、調味料の棚にずらーっと大きな入れ物でスパイスが並んでいるそうです。その組み合わせにより、味付けを変えるのですね。

今日はどんな香りに出会えるかな?
お店で売られているスパイスや、庭先に植えられたハーブを香ってみよう!
Dscf6316_2Dscf6326_2
おそるおそる・・・
鼻を近づけて・・むむ?

スパイスの香りを言葉に置き換えてみよう!

どんなイメージかな?
何を思い浮かべるかな?

たくさんのスパイスの中から、いくつかをピックアップして
こどもたちに答えてもらいました。ビックリするような?楽しい言葉やイメージがたくさん出てきたので、ご紹介しますね!

セージ
・入浴剤
・くすりみたい
・ベッドの中のにおい 
・くさもち
・公園にありそう
・草のにおい
ナツメグ
・きつねうどん 
・布
・鼻がツンとする
・じゃがりこ 
・からいにおい
オレガノ
・虫除け
・消毒
・ウインナー
クミン
・のり 納豆の時にあった・・ 
・カレー
・スパイシーなインドのカレー
・自分が食べているのではないカレー
・森のにおい
シナモン
・あまい
・生八つ橋
・クッキー
・チュロス
・粉っぽいような・・
ターメリック
・にがい
・色で言うと深緑みたいな・・
・野菜
・いんげんみたい
・苦手
ガーリックパウダー
・イタリアン
・トマトソース
・きつい
・にがそう

シナモンは、こどもたちにも親しみがあるのか、「このにおい好き!」「甘くていいにおい」と高評価。しかし、他のスパイスになると、ちょっと怖々と香っていました。それでも、風味付けをするときは、少量ずつを生地に投入していくので意外な組み合わせでおいしそうな香りに変身するから不思議です。
今回使用したのは・・
生ハーブとして(パンには使わず香っただけ)/ローズマリー、タイム、ミント、山椒
スパイスとして/胡椒、ガーリックパウダー、バジル、オレガノ、クミン、コリアンダー、シナモン、ナツメグ、タイム、ターメリック、セージ

Dscf6338Dscf6389Dscf6392Dscf6393Dscf6340Dscf6347
ソーダパンは、プレーンヨーグルトに砂糖と塩を混ぜ、粉と重曹をあわせてふるっていたところに混ぜて生地をつくって焼いていきます。発酵の手間と時間がかからないので、こどもたちにもとってもかんたんにつくれるパン。
Dscf6349Dscf6398Dscf6353
今回は、一人二種類のパンをつくりましたが、ガーリックとクミンやコリアンダー、ターメリックなどをまぜてカレー風味にしたり、シナモンとチョコチップを組み合わせた甘いパンを作るこどもたちが多かったですね。
Dscf6354Dscf6399Dscf6357Dscf6401Dscf6404Dscf6364 形やトッピングでの飾り付けも工夫して、オーブンで焼いていきます。
合間のお片付けもみんなで協力してできました!

焼き上がったパン。
Dscf6368_2Dscf6405Dscf6406Dscf6407Dscf6411Dscf6412Dscf6419

パンを焼いている間にラッピングパーツをつくっていきました。
Dscf6365Dscf6366Dscf6428Dscf6423
季節は秋です。秋にまつわる何かをつくってもいいし、作ったパンをイメージする何かをつくってもいいし。短い時間に何を思い浮かべて 手を動かしていこうか?! できあがったパーツをワックスペーパーで包んだポイントにあしらって・・ふわふわソーダパン、できあがりました!
Dscf6370Dscf6371Dscf6372Dscf6376Dscf6373Dscf6374Dscf6430Dscf6432Dscf6434

自分の手でつくることの楽しさ、香りから言葉に置き換えるイメージ力、
・・五感を使ったたくさんの体験が こどもたちの 「これから」に活きていきますように!
次回は、1月です。お楽しみに

| コメント (0)

2014年11月10日 (月)

こどもデザイン造形教室 手袋作品

Dscf6226s
先週までは暖かい日が多かったのですが、この週末はだいぶ肌寒くなってきました。いよいよジャケットやマフラー、手袋が必要な季節が到来したようですね。

昨冬の終盤に 当時2年生だったYくん(現在3年生)がやってみたいと希望したのは・・縫い物。
「家でもやったことがあるし、結構得意!」
そう宣言したYくん。
じゃあ、何を縫うか? 何を作ってみたいか?

その答えは・・・・
手袋!

針と糸で縫う。

・・・この作業は、想像以上に大変時間のかかることですが、覚悟してがんばれるかどうか?本人の意志を確かめつつ、スタートしました。
Dscf3228

布をあわせて縫っただけでは、寒いので
間にキルト芯を挟んで縫い合わせることにしました。
デザイン画を描いたあとに、手のサイズに合わせた型紙を作りました。
Dscf3986sDscf3985s

型紙にあわせて布を切り、まち針で留めながらずれないように縫っていきます。手の甲側と手のひら側とで柄を変えて、しかも間にキルト芯を挟むので、たくさん縫うところがあります。手の甲には、星型のワッペンを縫い付けました。
Dscf4611s

丁寧に〜、こまかく〜、できるだけまっすぐに〜
まがってるよ、縫い目が大きいなぁ

作るなら、どんどん上手になって欲しい
自分で最初から最後までできるようになって欲しい と思うあまりに
私が横でいろいろうるさく言うものですから
時々、こんなはずじゃなかった・・と現実逃避に走るYくん。

何枚も重ねて縫ってしまったり
気がつくとこんがらがって糸がスムーズに動かない、裏側を見るとゴシャゴシャの糸
「先生、縫えなくなりました〜

私が、せっかくここまでがんばったんだから・・と、こんがらがった糸をほどいている間、本人ぐるっと歩き回ってのんびりとお友達の制作風景を眺めながら水分補給してる・・
すっかりおしゃべりに花を咲かせていることも。
あれ? キミの作品だよね。なんで、私が懸命になって直してるのに。キミキミなにをしているんだい?!

・・いやはや、いろいろ険しい道のりがありました。途中で、投げ出したくなったことも何度もあったでしょう。6月末に開催した ちいさなてんらんかい でも展示しましたが、まだ制作中でした。
せっかくですから、使えるものにしたいよね、と
手首につけるのにぴったりのニット生地がありましたので、それを取り付けることにしました。そしてまた、チクチクチク・・
Dscf6063s_2Dscf6220s

そして

季節が巡りまた、秋がやってきていよいよ冬が近づいてくるかという10月末に・・
とうとう!  縫い終わりました!!!!
よかったね〜。

試着してみたら、
Yくんの手がやや大きくなってしまったためか、縫い代より内側を縫ってしまったからか・・手の先しか入らなくなってしまったのですが
でも、この制作過程のたくさんの経験は、かけがえのないものです。

あきらめずに取り組んで良かった! 本当に良かったね、がんばったね Yくん。

Dscf6227sDscf6228s
てぶくロン
くふうしたところ/ 手首のぬののつけかた
むずかしかったところ/ てくびをつけること
どんなときにつかいたいですか/ かざりとしてつかいたい(手がはいらないから)

| コメント (0)

2014年11月 9日 (日)

こどもデザイン造形教室 きんちゃく作品

あっという間に時間が経つのは毎度のことですが
また、いよいよ年末が近づいてきてしまいました

私事ですが、昨日新しい手帳を買いまして、これまた毎度のことですがいろいろと記入しているうちに・・
少々焦り気味 たっくさん・・やることがありますね。要領よくこなすには?どうしたらいいでしょう 

私だけかもしれませんが、トシを追うごとにやることが増える・・それに反比例して、能力脳力が衰えてきてしまう・・(いえ!・・たくさんの経験を積んで いくつになろうが、むしろそれを活かし、クリアしていく心意気でいきましょう〜!)こどもたちに負けず、成長していかないと

さて、毎週、火・水・木曜日にクラスを設けている こどもデザイン造形教室では、短期でできあがる季節の工作と、一人一人が目標を掲げて長い時間をかけて制作する作品作りとを絡めながら こどもたちに取り組んでもらっています。

ここ最近にできあがった作品をご紹介します。

まず・・
Dscf6204s_2

幼児クラスから通っていて、今年小学生クラスにあがった Kちゃん(1年生)。

これまで一通りいろいろな工作を体験したので、何を作ってみたいか相談して、布を縫う 巾着作りにチャレンジすることにしました。

どんな模様を施すかをスケッチを描き考えて、布にアクリル絵の具にメディウムを入れながら描きます。雨は、木片でスタンプしていきました。
Dscf4590s_2Dscf4593s
布の端を細かく縫っていきますが、順調に進めることができました。途中、夏休みが挟まりましたが、お家でお母さんと縫い物をしていたと言うことで
休み明けには、ぐぐっと縫い目も細かく上手になり、手際も良くなり見違えるほどに成長!
Dscf4663sDscf5583s
ほほ〜!すごいね〜!と感心していたのですが、9月ににじみ絵を描いたり少々他の制作が間に挟まり、少しの間 縫い物から離れていました。久しぶりに巾着作りを再開すると・・
おや? また少し忘れちゃったかな? どうやって裏表を縫い合わせていったっけ? 針に糸を通すのはどうだったかな? 
Dscf6053s
一緒に縫い物をしている Tくんに教えてもらったりしながら 記憶を呼び戻し
そうしたら、もうすっかり順調に進んで
とうとう 完成しました! 以前は、疲れてしまって なかなか手が動かないこともあったKちゃんですが、小学生になってから俄然体力がつき、男の子に混じってとっても頼もしい活躍を見せています。
楽しい絵が描かれている 巾着。何を入れるのかな?
Dscf6203sDscf6205
うさぎのおさんぽ 
くふうしたところ/ ちょうのこまかいところ
むずかしかったところ/ ちいさくぬうところ
なにをいれますか/ ハムスターのおにんぎょう

| コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »