« ウサギの家 | トップページ | 食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.38」 ご報告! »

2016年3月31日 (木)

ボール紙で作る立体 その2 小学生クラスより

P3190011_2

2月の日記で ボール紙で作る立体について書きました

こどもたちの思うままにボール紙がつながり始め、素材が形に変化して行きます。平面が立体になり そこに、物語が生まれていきます。
厚紙のカケラが生まれ変わりました。

P3190019

Dscf0911

Dscf0806_2

2年生のNくんは、紙を立体にしたあと、何日もかけて細かく色を塗りました。色の塗り方も、パーツ全部を塗らずにボール紙の色を残しながら、色の塗り重ねで表現しています。そこがNくんらしい仕上がりになりました。

Dscf1082

Dscf1083

Dscf1090

Dscf2364

Dscf2408
それぞれの場所には、Nくんなりの意味があり、だからこの色を塗る・・という理由があります。作品を見つめていると、その思いが伝わってくるようです。

完成と宣言するまでには、とても時間がかかりましたが、いつも楽しそうに作っていたNくんです。
Dscf2413

Dscf2688

Dscf2689

P3190018    
小さな町  なおき(2年)

■くふうしたところ
ドアをしめたいとき、ちゃんとしめられる
■むずかしかったところ
上につくって その下の面をぬること
■ここはどんなところ(ばしょ)ですか
ふしぎなまち
・たくさんのとびらがある
・まんなかの門をくぐるかべがあって もどされること
■だれが住んでいますか
紙でできた人(うすべったい人)

Dscf3141

Dscf3145

Dscf3139

↑この壁は、右側の月があるほうが夜の道、左の太陽のほうが昼の道なのだそうです。その他の場所にも いろいろな意味がありそうで、そのお話を聞いてみたくなる作品です。


« ウサギの家 | トップページ | 食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.38」 ご報告! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウサギの家 | トップページ | 食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.38」 ご報告! »