« 羊毛で作ったロボット  小学生クラスより | トップページ | こどもデザイン造形教室 最近の様子 »

2016年5月23日 (月)

イメージと言葉

金曜日の小学生クラス。
ちょうど体験のお友だちがいたので、特別メニューとしてみんなでマーブリング(墨流し)をやってみることにしました。
色を水の上に滴下してできる大きな広がり。そしてそれをそーっと動かすと、うねうねと、ぐるぐると、もやもやと・・・・だんだんに模様が変化してきます。
Dscf3961
Dscf3969

そしてそれをそっと紙に写し取る。

Dscf3964

同じ作業を繰り返すけれど、同じ模様には二度と出会えません。
しばし、できあがる模様と対峙しながらの作業です。

たくさんの模様紙ができあがりました。

できあがった紙の中からお気に入りの一枚を選んでもらい、そこからイメージするタイトルを書いてもらいました。

流れる模様に何を見るかな?

Dscf3971

2年生のMちゃん
「くるぐるぽーん バイバーイ」 とつけてくれました。

・・なんて、かわいいんだろう!!

おとなじゃ、なかなかこういう言葉はうまれない
イメージと、言葉・・・

絵を描く、形や色を表現するだけでなく
言葉もたくさん紡ぎ出せるといい・・・
そうして、自分を表現できるとステキですね。

人間は本来、表現したい動物なのだと、先日新聞のコラムで読み
そうだ、その通りだと思った。
表現方法は人それぞれだけれど、
生きている限り、私はここにいるよ、こんな自分を見ていてね・・・って・・
表現したいんじゃないだろうか・・と思うのです。

どんな表現がフィットするのか、小さい頃からたくさん体験して、年を追うごとにそれがクリアになっていくといいなと思います。

Dscf3974台風 りょう/3年

Dscf3976夕焼け色の空 はな/4年

Dscf3971_2くるぐるぽーん バイバーイ まこ/2年


« 羊毛で作ったロボット  小学生クラスより | トップページ | こどもデザイン造形教室 最近の様子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羊毛で作ったロボット  小学生クラスより | トップページ | こどもデザイン造形教室 最近の様子 »