« 食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.40」 ご報告! | トップページ | 葉っぱのレリーフ 01  幼児クラス »

2016年11月16日 (水)

ディッピング・キャンドル       11/16/2016

11160


本日はクリスマスシーズンに向け、恒例の「ディッピング・キャンドル」製作をしました。


11161


ディッピング・キャンドルとはクレヨンを溶かした色ロウに編み込んだ糸芯に浸すことをくり返し、太らせるロウソクです。 浸す色の順序や浸しかたで様々な表情が現れます。  

作業のはじめに改めて色の特長ー色の三原色・純色・補色の仕組みを説明して「どのようにすると思った通りのデザインになるか?」をしっかり考えながら慌てずに作業をするよう心がけました。


11162


子供たちはそれぞれに心に秘めた「思惑」を形にすべくじっくり作業に取り組んだ結果、とても面白い作品ができました。

例年、色が混じりすぎてほりたてのサツマイモのようなキャンドルがいくつか混じるのですが、ご覧の通りそれぞれの色彩計画が見る人に伝わる作品になりました。


11163


また、形もロウが暖かいあいだに押したり引っぱったりすることでそれぞれが自分のイメージに近づけようとしたところもGOOD!!

力作揃いです。 


11164


ミニ紙コップを使ったおまけロウソク。

今年は紙コップに氷を入れ、ロウを注ぐキャンドルです。

完成後氷が溶けたところが空洞になります。 どんな形ができるかは開けてみてのお楽しみ。

 もしかしたらロウの中に水が閉じ込められて振ると水音が聞こえるかも知れませんね。



« 食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.40」 ご報告! | トップページ | 葉っぱのレリーフ 01  幼児クラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.40」 ご報告! | トップページ | 葉っぱのレリーフ 01  幼児クラス »