«  クリスマス イブ イブ | トップページ | 大晦日 »

2016年12月29日 (木)

2016年もあとわずか! 今年後半できあがっていた作品!

お菓子のお家を作って以来・・怒濤のように時が流れ〜(毎年のことですが)
あっという間に年末です!

造形教室は、冬休みに入っています。
今年もお世話になりました。ありがとうございました!

みなさん、クリスマスは楽しく過ごされましたか?
我が家では、毎年、学生時代から(!)続いているクリスマスパーティで盛り上がり!
その後一斉に、年末大掃除に突入。 
準備〜当日〜片付けのくり返し〜まっったく休みが無く、特急で駆け抜けていく感じです。(毎年のことですが



今年後半、造形教室で作品が完成していたのに、この場でご紹介できなかった作品がいくつかあります。すぐにご報告できずに申し訳ありません!
このまま年を越すわけにはいかないと・・・・一挙にご紹介させていただきます!


●細かいお花畑の広がる絵です。下描きを忠実に再現しました。

12
3 いろは(年長) おはなばたけ 2016年7月 完成
■むずかしかったところ
のこぎりでよこをきったところ
■だれにあそんでほしいですか?
ママ



●羊毛フェルトのペンケースに挑戦。フェルト化するのも模様を針で刺すのも、周りをぬっていくのもとても地道な作業でしたが、最後のボタン作りが一番大変だったかな?
01011
0203そよみ(3年) 星空ペンケース 2016年9月 完成
■くふうしたのは
ボタンとふたの水玉のもようの色を同じにしたこと
■むずかしかったところ
ボタンとひもをくくりつけること
■なにをいれたいですか?
えんぴつ、ペン、消しゴム




●ビーダマを転がすゲームだからと、顔が並んでいるにぎやかなデザインになりました。タイトルも楽しい!
01_203_2
02_2 てっぺい(年長) みんなであそぼ 2016年10月 完成
■おもしろかったところ
くぎうち
■むずかしかったところ
えのぐでぬるところ
■だれにあそんでほしいですか?
おにいちゃん



●黙々と張り子を続け、できあがったときの季節は秋。色も形も温かで穏やかな作品です。

01_302_3 
03_3 ゆうたろう(1年) あきのうつわ 2016年11月 完成
■おもしろかったところ
かみにいろをぬったとこ
■むずかしかったところ
かみをはったとこ
■なにをいれたいですか?
おかし




●ちいさなてんらんかいには、間に合わなかったけれど、フレームも個性的でかっこいいネームプレートになりました。
02_403_4 としき(4年) ネームプレート 2016年10月完成



●ビーダマを転がすところが道になっていたり、地図のようだったり・・転がすとお話が生まれそうですね。
01_402_5
03_5ゆずな(1年) 村のぐるぐるめいろ 2016年11月 完成
■くふうしたのは
村みたいにしたところ
■むずかしかったところ
木をのこぎりできるところ
■だれにあそんでほしいですか?
かぞく、しんゆう

●体験の時に制作した色紙を表紙にしてノートを作りました。5年生と言うこともあり、一折り中綴じのノート作りに挑戦しました。

01_5
02_603_6かのん(5年) にこにこノート 自然のノート 2016年11月 完成
■おもしろかったところ
はりでノートをぬうところ
■むずかしかったところ
穴と穴をあわせてとおすところ
■なにを書きたいですか?
絵など


●高台をつけないシンプルな器に、四角く整然と切った紙を全体を見渡しバランスをみながら はりました。置いたところの接点の形がキレイです。

011_201_7
03_7 はる(5年) 四角 2016年12月 完成
■くふうしたのは
紙を四角く切った
■むずかしかったところ
紙をはること
■どこにかざりたいですか?
たな



どの作品も、こどもたちがコツコツと時間をかけて制作したものばかりです。
それぞれのこどもたちが作品と向き合うときには、きっと使っている素材や描いた模様や図柄・形について、どうしたらいいのだろう?どんなふうに組み立てたらできあがるのだろう?・・等と考えたことがたくさんあるはずです。
自分で考え 形に表し、自分の思い描いたことを人に伝える。制作を楽しみながら練習していってほしいと思います。

また、つくる という行為の中には、表面に見えるだけでない様々な行為が含まれているということを 制作を通してこどもたちは実感するはずです。
こどもたちは、技法や素材のことをすぐに忘れてしまうこともありますが、体験したことは確実にこどもたちの身体の中に染みこんでいることでしょう。

何も無い状態から、形あるものを作れるって、すごいことなのです。
わからないから、即座にスマホにたずねる? 声を出して機械に聞けば答えてくれる? 
いやいや・・・まず、自分の頭で考えようよ! そう、こどもたちには伝えたいですね。そして、自分自身の手を動かすこと。
機械に聞いたって、所詮自分の力で何かをやりとげなかったら意味ないよ!
そもそも、機械は人間が考えたんだよ。むしろ考えて作れる人になろうよ!

小さな積み重ねが、その後大きく育つこと。それを信じて、すぐに結果は出なくても進み続けること。どんなジャンルにも、それは共通していえるのではないでしょうか。 


«  クリスマス イブ イブ | トップページ | 大晦日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  クリスマス イブ イブ | トップページ | 大晦日 »