« 金曜日の小学生クラス | トップページ | こども デザイン 造形教室 作品のご紹介「プレーリードッグの家」 »

2017年3月27日 (月)

こどもデザイン 造形教室 作品のご紹介「だれもすんでいない島」

03241


↑ダンボールを土台にした家ができあがりました!


03242


だれもすんでいない島   なおき(3年)

■くふうしたところ
池のまわりの石。
だんだん大きくしていったところ
■むずかしかったところ
かべの色ぬり


03243


何か大作を!と希望して、家を作りたいと考えたなおきくん。 
イメージスケッチから始まって、屋根や壁の大きさを決めてダンボールに定規で測りながら線を引くとき、何度も考えました。
その線に沿って まっすぐカッターで切っていきます。ダンボールをまっすぐ切る・・これはなかなか難しい作業です。ゆがむと、屋根の形と壁の形が合わなくなってしまいます。
色を塗るときも、この色で、こうぬりたい という思いが強く何度も繰り返し塗っていた なおきくん。

限られた時間の中で どういう方法をとれば自分の思いを形にあらわし完成に到達するか。
庭に木を立てたい、池を作りたい、石を置きたい・・・こんな方法があるけれど、試してみる?等々 相談したりしながら、とうとう完成しました!

タイトルをつけると、何も無いときよりもグッとその奥に世界が広がってきますね。作品を観る人それぞれが、どんな思いを馳せるでしょう。

こちらは
制作中の様子
Dscf6057Dscf6444Dscf6198Dscf6195Dscf7942Dscf8183Dscf8194Dscf8207Dscf8293Dscf8586_2

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/


« 金曜日の小学生クラス | トップページ | こども デザイン 造形教室 作品のご紹介「プレーリードッグの家」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金曜日の小学生クラス | トップページ | こども デザイン 造形教室 作品のご紹介「プレーリードッグの家」 »