« 金曜日の造形教室・小学生クラス | トップページ | 火曜日の造形教室 幼児クラス・小学生クラス »

2017年7月11日 (火)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 「羊毛フェルトのバッグ」」

暑い日が続いていますね。
確か、正式な梅雨明けはまだだと思いますが、すっかり真夏のようです。

そんな、暑いさなかですが、温かな羊毛フェルトを使ったバッグ、
こどもデザイン造形教室 小学生クラスで完成した作品のご紹介。

完成したのは、ちいさなてんらんかいの直前でしたから、6月の半ば。
てんらんかい後の片付けなどでバタバタが続いてしまい、なかなかご紹介ができず すみませんでした。

Kai1


ちょうちょとお花の国   かい(3年)小学2〜3年/制作時
■くふうしたところ
くふうしたところは、ちょうちょのはねのすきまや、こまかいもようです。
■むずかしかったところ
むずかしかったところは、ビーズとようもうの玉をテグスにとおすところです。
どうしてかというと、ようもうの玉のまん中にテグスをとおすのがむずかしかったし、ビーズの小さなあなにテグスをとおすのがたいへんだったからです。
■なにをいれたいですか?
・本  ・シール  ・キャンディー  ・お花
■ポイント
バッグを開けると、もう1ぴき ちょうちょがいるよ!!


Kai2


細かいもようのデザインも、最初にきちんと設計図を描き、それに沿って計画的に作って行きました。 羊毛をほぐし、フェルトシートを作り、そこにもようをニードルで刺し。そしてシート裏に裏地を張り、細かく縫い止めました。 ショルダーひもは、当初すべてを羊毛ボールにしたかったのですが、時間との闘いもありましたので、ビーズと羊毛ボールのミックスにしました。


Kai3_2


↑花びらは、立体的に見えるように重ね合わせ、細かい水玉もようは、大小織り交ぜ、少し盛り上がるように差し込んでいます。


Kai4_2


↑ショルダーひもの全長は85㎝。その中に羊毛ボールが五つ。ビーズの直径を測りビーズは全部で一体いくつ必要か、考えました。算数もこういう所で必要になるのです!

というわけで・・・
完成まで、およそ一年かかった羊毛バッグです。

Dscf9715

それでは、制作の様子。


Dscf4195_2Dscf4199_2Dscf4263_3Dscf4317Dscf4327Dscf4483Dscf4526Dscf4529Dscf6010Dscf7899Dscf8058Dscf8064Dscf8107Dscf8117Dscf8237Dscf8317Dscf8628Dscf9037Dscf9042Dscf9110Dscf9342Dscf9348Dscf9514Dscf9538_2Dscf9701_2Dscf9712_2

ずっとモチベーションが下がらず、「作りたい!」という気持ちが維持されて一年。
細かいもようがデザイン画通り再現され、世界に一つのバッグができあがりました。

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/


 


« 金曜日の造形教室・小学生クラス | トップページ | 火曜日の造形教室 幼児クラス・小学生クラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金曜日の造形教室・小学生クラス | トップページ | 火曜日の造形教室 幼児クラス・小学生クラス »