« 製本ワークショップ | トップページ | 金曜日の造形教室・小学生クラス »

2017年7月20日 (木)

木曜日の造形教室・幼児・小学生クラス

ドアを開けると、熱風が!!
・・・・昼間の東京は、あり得ないほど暑かった・・・

ここ最近の暑さは、本当に厳しいですね。

明日から夏休み! というこどもたちが多く、幼児クラスでは
幼稚園での夏祭り、おばけ屋敷のお話で盛り上がっていましたよ〜。
楽しみいっぱいですね。

さて、制作の様子。

201_2


↑けん玉にはる、色紙を作りました。絵の具を用意して、どれくらいの量を出して水をいれるか? 色を替えるときは、バケツで筆を洗って、ぞうきんでぬぐってから別の色・・道具の使い方を覚えながら絵を描きます。時々、混色についても、質問して考えてもらいました。


202


↑けん玉の土台に、紙を貼っていきます。何を用意して、どうやって貼るか?一週間経つと、忘れてしまうこともあるけれど、すぐに思い出して貼ることができましたよ!隙間なく紙が貼れたとき、ガッツポーズで喜んでいたSくんです!


203


↑こちらも、けん玉の土台作り。どの筆を使うか、ボンド水の用意をどうするか?よ〜〜く覚えています! 


次に、小学生クラス。

今日は、お休みもいて、静かなアトリエ。


Haru


↑全体を柔らかな色調で表現し、立体を追求していました。実物の周囲には、『線』は存在しないものね。


Masaki


↑先週は、輪郭線が目立っていましたが、今日になって光と影を意識した色が出てきました。遠くのくぼみの形、手前側に感じられる壺の張り。リンゴの柔らかな影もよく見て描いていました。


204


↑さて、自分の作品を見てみよう! 感じたこと、気になることをみんなの前で声に出して伝えることも大切。 そうして、遠くからまた、自分の作品を見つめてみる。 自分の思いが現れているだろうか?


205


↑リンゴや壺の置かれた台に映り込む影も、壺と比較しながら柔らかく描けました。デッサンは、漫然と見つめることではなく、なぜ? と問いかけながら描くもの。 心の中のやりとりを、たくさんしてくださいね。

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/


 


« 製本ワークショップ | トップページ | 金曜日の造形教室・小学生クラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 製本ワークショップ | トップページ | 金曜日の造形教室・小学生クラス »