« こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 「羊毛フェルトのバッグ」」 | トップページ | 水曜日の造形教室・小学生クラス »

2017年7月11日 (火)

火曜日の造形教室 幼児クラス・小学生クラス

今日も暑い一日でした。 関東地方は、もう梅雨明けしたのでは? という陽射しの日が続いています。

こどもデザイン造形教室 今週も、元気に始まりました!

111_3


↑幼児クラスでは、けんだまを作っています。 今日は、張り子の基本、新聞紙を手でちぎってボンド水で貼る・・という作業を続けましたよ。この技法を覚えておけば、様々な工作に応用できます。
もう準備も、制作も自分一人でできますね。 今日はなんと、3層も貼ることができました! 来週、紙コップが堅くなっているはず!


112


↑続いて、小学生クラス。 いよいよ夏休みが近づいてきた7月二週目。

今週来週は、イーゼルを立ててえんぴつデッサンにチャレンジ! 一年生は初めてですね。
さあ、今回のモチーフは何でしょう?


Yuzuna


↑大きく手を動かして、形をとっていきます。見て確認して描く。何度も線を消してしまいましたが、形は取れていますから、消さずに自信を持ってどんどん描き加えていこう!


Haru


↑初めてのえんぴつデッサン。壺は重いかな?堅いかな?ザラザラ、ごつごつ?
触ってみた感じ、見た感じ、どんなだろう? 思ったことを画面に描こう!まずは、よく見つめて・・・そして大きく描こう!


Yuina


↑デッサンをする時には、えんぴつの持ち方を変えます。普段、文字を書くときとは違って大きな面を捉えて描けるように芯の部分を寝かせて描きます。えんぴつの黒い色は えんぴつの持ち方、力加減、描く向き等々で色が変わります。えんぴつの描き方を確かめ、光を意識しながら大きく描けていますね。


Jyunna


↑まずは練習用紙に、えんぴつで大きく描いてみます。力強く描いた色、淡く弱く描いた色。さて、本番でも活かせるかな? よく見て、見えた形を紙の上に再現させます。頭の中にあるイメージではなく、目の前にあるものをあるがまま、見えた形を描こう!

Koha


↑初めてのえんぴつデッサン。大きな壺を大きく描こう! ザラザラしていたり、表面が凸凹していたり、欠けているところや表面のもようも気になる・・・発見したものをどんどん描いていきました。


Soyomi


↑どんな位置に壺とリンゴを入れようかな。 構図は大切ですね。まずは枠を使って考えます。表面のもようも気になるけれど、横に置いてあるリンゴも! 影の様子を捉えると立体感が生まれるね。壺とリンゴは大きさが随分違う。表面の様子も色も違う。一本のえんぴつでどこまで違いを表せるかな?


113


↑本日のモチーフ。  さあ、このモチーフを見つめる今週来週二日間! 
よくよく見つめて観察して・・感じたこと、見つけたことを画面にぶつけよう!

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/


 


« こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 「羊毛フェルトのバッグ」」 | トップページ | 水曜日の造形教室・小学生クラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 「羊毛フェルトのバッグ」」 | トップページ | 水曜日の造形教室・小学生クラス »