« 作品集はじめました | トップページ | 金曜日の造形教室・小学生クラス »

2018年5月11日 (金)

木曜日の造形教室   小学生クラス

木曜日の こどもデザイン造形教室。

Mちゃん、このお休みで 何か気づきはあったかな??

ハッと思い出したような表情で教えてくれました。
小学校のクラスで 蚕を飼い始めたそうです。 教室の後ろの方で 水槽のような入れ物に 桑の葉と蚕。 教室が静かだと、シャリシャリって・・蚕が葉っぱを食べる音が聞こえるらしいです。 先生によると、夏前には 繭になるそう。

養蚕は、かつて日本の産業を大きく支えたと思うと、蚕を飼って観察することで生き物の変化だけでなく日本の歴史や産業・物づくり にも触れることができそうですね。

蚕と聞いて思い出したこと。
このゴールデンウィークに訪れた古民家は、天井裏で養蚕ができるような構造になっていました。現在は天井裏も、居住スペースや水回りもリフォームされて 実際には養蚕もされていませんし、天井裏の一部が物置になっていましたが、
当時は、生活での煮炊きで出る煙が天井や部屋の隅々に届くと、梁や柱に使われている木材を黒く独特の色に変え、その熱で天井裏で飼っている蚕にとっては暖かい環境になるのでしょう。昔の家は仕事と生活とが一体となり、実に合理的に作られていたのだなと想像します。

ちょっと、話がそれました・・

101


↑来月予定している ちいさなてんらんかいに向けて、完成予想図を見ながら作業をまとめて効率よく制作を進めています。今日は、粘土で細かいパーツを作った後、いよいよ色を塗り始めました!

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

ちいさなてんらんかい 2018/6/23〜25を予定しています
 



« 作品集はじめました | トップページ | 金曜日の造形教室・小学生クラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作品集はじめました | トップページ | 金曜日の造形教室・小学生クラス »