« 食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.45」 ご報告! | トップページ | 2018夏休みこどもワークショップ マスキング染めTシャツ01 »

2018年7月29日 (日)

2018 夏休み こどもワークショップ  紙すき 

01


毎年恒例、一夜限りの紙漉きウィンドウ!
今年は、小規模でしたが 光を通して模様が浮き上がり、道行く人の目を楽しませてくれました。(といっても、翌朝には乾きすぎるといけないのですぐに外してしまうのですが!)

自分の手で 直に素材に触れ、素材を楽しみながら 
紙ができあがる楽しさを存分に味わえるワークショップ。

小さなこどもたちでも、すぐに手順を覚えて自分のペースで制作を進めることができます。ただし、みっちり三時間近く立ちっぱなし! 疲れも見せず、黙々と制作に打ち込める三時間。制作の達成感を味わえます。


02


↑紙の元をミキサーで攪拌し、ザルにとって水を切り、水の中に入れてフワフワ〜。暑い日の紙すきは気持ちがいい!


03


↑フワフワと混ぜてから、その紙の元を漉き枠にすくい取ります。形もキレイに、用具の表裏も間違えずにバッチリ!


04


↑水を絞ってから窓ガラスに貼り付けて乾燥。


05


↑白い紙が上手に漉けるようになったら、今度は漉いた紙の上に花紙をレイアウト。そこにもう一枚紙を漉いてサンドイッチするようにしていきます。

位置合わせが腕の見せ所。


06


↑ずれずに合わせることができました!
紙の角も形がしっかりとしていますね〜。上手〜


07


↑ちょうど差し込んできた西日を通して、水に濡れた紙が光り輝く独特の光景。
毎年見るけれど、本当にキレイだな〜! 

ワークショップが終わる頃には、今日作った紙がすべてウィンドウに貼られていて、さながらギャラリーのよう。


どの作品が一番気に入ったのかな?
できあがった紙に、どんなことを書くのかな?
誰にあげるのかな?
この紙を使って、何か作ることはできるかな?

紙から広がる人とのつながり
紙から広がるイマジネーション!
紙にはたくさん可能性があるな〜。

紙すきワークショップも、今後どんなふうに発展していけるかな〜!?
と考える2018年夏です。

 ★ 2018 夏休みこどもワークショップは、まだまだ始まったばかり。参加者を募集中です!



« 食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.45」 ご報告! | トップページ | 2018夏休みこどもワークショップ マスキング染めTシャツ01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.45」 ご報告! | トップページ | 2018夏休みこどもワークショップ マスキング染めTシャツ01 »