« 木曜日の造形教室・幼児・小学生クラス | トップページ | こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / 張り子で作る船 »

2018年7月21日 (土)

金曜日の造形教室・小学生クラス

Dsc_5573


こどもデザイン造形教室 金曜日の様子。
猛暑日の連続で、なかなか涼しくならない室内・・怖いくらいに日本列島の気温上昇中! どうか地球が壊れていかないように・・祈るばかり・・typhoon

今日、終業式だったこどもたち、いよいよ夏休みですね。

アトリエでは、デッサンの続き。改めてよく見つめて、さあ描こう!


Dsc_5561


先週まで描いていた線や形・・消してしまったこどもたちもいました。
消す前に、・・ちょっと待ったpaper! いっぺんに消さないで、確かめながら 残しながら 新しい線や影や形を描いて行こう。
それから、どうしても形を線として捉えがちだけど、影はどうかな? 光るところ影のところ、色の違いを感じてみよう。


Dsc_5559


顔だけでなく、身体、髪の毛、頭の形。比較しながら、描いて行こう。
鏡の奥に見える自分、画用紙の上に描かれる自分、手を動かして描いている自分。・・・なんだか不思議だね。


静かな空間に、鏡と画用紙と鉛筆と練り消しと。それだけを与えられて、ほっぽり出された数時間。

みんなは何を見つけられたのかな?


Dsc_5587


最後にみんなで作品を見合いました。 そして感想や、難しかったところや気になったところを発表。

みんな積極的に自分と向き合い、果敢にデッサンに取り組みました。成果は画面にしっかりと現れていますよ!


Dsc_5598


↑ツル先生からは、ピカソの自画像の話。若い頃からなくなる直前まで、こんなにたくさんの、しかもこんなに表現方法の違う自画像をピカソは描いていたんだね。

そこには、何かを見つけてやろう、考えたこと気づいたことを表現してやろう、自分だけの表現方法を見つけようと格闘し、常に変化し表現し続けていたピカソの姿が。

みんなも、どんなときにも何か見つけよう発見しようという気持ちを忘れずに、自分を表現していってほしいなと思います。

いよいよ楽しみな夏休み。
今年は、ことさら暑いので体調管理に充分気をつけて過ごしてくださいね。

長いお休みの中で、さて、何を発見するのかな? 新しく見える世界は何だろう?
お休み明けに、みんながどんなことを話してくれるのか楽しみにしています。


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/


« 木曜日の造形教室・幼児・小学生クラス | トップページ | こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / 張り子で作る船 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木曜日の造形教室・幼児・小学生クラス | トップページ | こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / 張り子で作る船 »