« 火曜日の造形教室 幼児・小学生クラス | トップページ | 高知より »

2019年1月31日 (木)

水曜日の造形教室  幼児・小学生クラス

01


インフルエンザが猛威をふるっているようです。予防対策しっかりしましょうね!
さて、こどもデザイン造形教室 水曜日の様子。

幼児クラスでは・・
Sくんは、けん玉の玉を作りました。ボンド水に浸した新聞紙を、ぎゅっと握ります。おにぎりや泥団子作りの経験もあるというSくん、上手に握れましたよ!最近は、こうした「にぎる」という動作も、難しく感じるお子さんがふえているとか・・直接素材に触れながら、手を使って物づくり・・大切なことと考えています。

Yくんは、お家作りのためのスケッチをしています。お家の屋根に虹が架かっていたり、庭には恐竜や大好きな虫・・そしてそれらのパーツが合体した不思議生物??これはなーに?と尋ねると、楽しそうに教えてくれるYくん。イメージが膨らむってステキなことです!Yくんの頭の中に広がるイメージを 形に表しながらぜひ、みんなに教えてね。

Eくん、けん玉にはる模様紙を作りました。新しい色を作ってはカードに記録。こんな色ができるんじゃないかな?と、まず思い浮かべてから混色します。新しくできた色の名前は・・・? 色名辞典で調べてみたら、名前がたくさん出ていました。でも、Eくんオリジナルの色名をつけていいんだよ!
そんな会話をしつつ、制作を進めています。

続いて小学生クラス。


02


Yくんは、作品作りを進めるにあたり、イメージを固めるために どんな色で、どんな素材でどんなサイズで・・ということをアイデアスケッチにメモしていきました。このガイドが今後とても大切になってきます。 

Kちゃんも、作っているドレスの作品を仕上げていくための予定を考えました。
今、足りないところ、それはどこかな? そして、どんな仕上がりを求めているのかな? こうしたい・・と思ったら、素材を探したりサイズを考えたり。そして、手順を考え予定表にメモ。

「自分は、こういう風に作りたいけれど、では、どういう順序でどうやって作ったらいいのかな?」

希望する結果を得るために、段階を踏まえて近づけていく。
物づくりだけでなく何事にも通じる流れだと思います。

昨年、デザインあ展を見に行った時の日記にも書きましたが
デザイン思考 〜したい という目標のデザインが大切 ということの再確認。

〜したい! という発想力を大切にしよう。

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 新年度生募集中!  http://aplt.jp/

twitter
Facebook
instagram


« 火曜日の造形教室 幼児・小学生クラス | トップページ | 高知より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火曜日の造形教室 幼児・小学生クラス | トップページ | 高知より »