« 木曜日の造形教室・小学生クラス | トップページ | 紙コップで作る けんだま 2019/10/1 完成 »

2019年10月27日 (日)

金曜日の造形教室・小学生クラス

10月も終盤戦!
こどもデザイン造形教室 金曜日 小学生クラスの様子

教室の最後には、みんなで 夏休みボックスを鑑賞し、発表会をしています。

 

01_20191026094301

 

Kちゃん、自由制作では、粘土で動物を作っています。ゾウの牙・・少しカーブした細い形にワイヤーを仕込んでいきます。粘土がうまくまとまらなかったり、途中からワイヤーが出てしまったり。苦労していますが、少しずつ進んでいます。
夏休みボックスの発表は・・一番に手を挙げて、しっかりと自分の箱をアピール! 今年の夏は、日本の伝統的な文化にたくさん触れたというKちゃん。狂言のお面や、阿波踊り、着物の展示・・上手に箱の中に納めました!

 

03_20191026094301

 

Rちゃん、オリンピックポスターのイラストをコツコツ描き続けています。今日は、卓球。選手のシューズや手の先まで、細かい模様が活きています。段々と絵の具や筆使いに慣れてきてレベルアップしていますよ! 発表は、元気に大きな声でできました。箱のレイアウトでは、たくさん集めた素材に新たに何か加えたりしながら、工夫をしていましたね。

 

04_20191026094301

 

Kちゃん、張り子の器に模様紙をちぎって貼っていきました。ランダムだけれど、レイアウトによって個性的な模様が浮き上がるようです。なかなかいいペース、出来上がりが楽しみ! 初めての夏休みボックス、持ってきた素材も、様々な種類で、それらをほとんど箱の中に貼ることができました。

 

02_20191026094301

 

こちらのKちゃんも、張り子の器。でも、模様紙を貼って色の表現をするのではなく、絵の具を塗ることで色を表現していきます。自分で調合した色を丹念に塗りました。薄い塗り方のところは、二度塗り三度塗りしました。 初めての夏休みボックス、発表もしっかりとできましたよ! Kちゃんは、初めてだったので最初に持ってきた素材が少しだけでした。そのときに、普段の生活の中でかわいいな、すてきだな と思った物を持ってきたのですが、そういうものを持ってきたところがとても良かった! 日常の当たり前の生活の中で心に響く物を見つけられるってすばらしいこと! 

 

05_20191026094301

 

最後の鑑賞会の時に、他のクラスのこどもたちの作品も含めてじっくり鑑賞します。
毎年続けていると、もっと何か新しい方法は無いかな?という気持ちになってきます。 何度も作っているこどもたちには、今の気持ちやアイデアを忘れずに、来年に臨んでほしいな〜と思います。(とはいっても、こどもたちの一年はものすごく長いので、忘れてしまうかもしれないけど・・)
そして、普段の生活の中でも、感じることを言葉に置き換える習慣をつけていけたら・・作品タイトルの言葉数も増えるかな?

楽しい ・・どんな楽しさなのか? 
キラキラ ・・・どんなキラキラなのか? キラキラって何? キラキラってどういうこと?
にじ色 ・・・虹は本当に見えたときにどんな感じがするのか? にじ色ってどんな色?
カラフル ・・・そもそもカラフルって・・???

こどもたちからよく発せられる言葉。 
その本質はどんなことなのか、問いかけられたその瞬間に
こどもたちは、ハッとするかもしれません。 何でそんなこと聞かれるの?と思うかもしれません。

自分自身に問いかけること。 本当に感じたことは、どうなのか?どんな感じがしたのか?
そこが大切かなと感じます。



アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室

★新規ご入会受付中 😃体験はお気軽に!(予約制)
  


ワークショップ参加者募集中

Sundayおやこワークショップ

twitter
Facebook
instagram

 

 


« 木曜日の造形教室・小学生クラス | トップページ | 紙コップで作る けんだま 2019/10/1 完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木曜日の造形教室・小学生クラス | トップページ | 紙コップで作る けんだま 2019/10/1 完成 »