« 『おうちじかん』 実験室?! | トップページ | 『おうちじかん』 愛犬クロの・・・ »

2020年4月12日 (日)

古城  2020/3/20完成


休校要請が出てから、一ヶ月以上が過ぎました。
その間に、緊急事態宣言も発令されました。
土日が過ぎるたびに、あと少し先まで・・と、こらえていますが。 どれくらい先なのかな・・

こどもたちは、お家でどんな風に過ごしているのかな! 
お家にいる間、手を動かしていますか? 何か作っていますか?
家族で一緒の時間を楽しんでいるかな? お手伝いはしているかな?

どんなことでも構わないけれど、自分の意志で時間を楽しめる人になれるといいね。

流れてくる情報、流れてくる映像、流れてくる音楽にのせられて、身をゆだねて・・
ただ流されていく・・・その行き着く先はどこだろう。
せめて、ボートを作って浮かべて、行き着く先を思いながらオールを動かしていく人になりたい。


さて、また前置きが長くなってしまいました。

遅くなりましたが、3月に卒業したYちゃんの卒業制作をご紹介します。

Yuina01

 

制作を開始したのは、小学五年生の12月でした。 自由制作のテーマが決まらず、四苦八苦。
当初はちょっとコワイ家を作ってみたいという希望だったのですが、思いを巡らせイメージを固めていくうちに、ようやくYちゃんが作ってみたいと考えたのは、お城でした。

自宅でどんなイメージのお城を作りたいのかを調べてきて、その写真をプリントしてきました。
それは、ウクライナの古いお城。 レンガ作りで丸いドーム型の屋根が特徴的。 
Yちゃんは、このお城を参考にしながら、窓の形や建物の構成を変えて、自分なりの設計図を描きました。

 

Yuina04
古城     ゆいな(小学6年)
■くふうしたところ・見てほしいところ
屋根の端の部分と壁の端の部分を同じ色にしたこと
■難しかったところ・苦労したところ
レンガの色塗り
(レンガの色を2色に分けたり、端を黄土色で塗った後、
はみ出したところをまた塗ったりしたこと)
■気づいたこと
設計図通りに作るためには、しっかりと測ることが大切

 

Yuina3

 

おそらく、写真を見ながらそれを立面図に起こしていくのは、想像力を駆使しながらだとしても、小学生にとってとても難しい作業だと思うのですが、Yちゃんは弱音を吐くことも無くコツコツ丁寧に作業を続けました。 正面から見た図、側面、背面、上面。

その後にはまた、想像以上に時間のかかる作業が待っていました。
まず、壁にはスチレンボードを使用し、立面図のサイズ通りに定規で線を引き丁寧に切る。 
カッターでスチレンボードを切るのも、やってみるとわかりますがなかなか難しいのです。

そして、窓。 窓はカーブのあるデザインですが、そのカーブは円定規を使用してベースになる型紙を作り、スチレンボードにあてがいながら下書き線を引く。 そして、はみ出さないようにカッターで切る。しかも、窓枠もいっしょに!
窓枠の巾は、一ミリ程度。 これをカッターで切る!

毎回、黙々と作業していたYちゃんは、時折その緊張感を緩めるかのように、深呼吸(ため息じゃないよね?)をしながらまたカッターを持ち、切る作業・・・

カッターワークもバッチリ!になってきたところで、今度は粘土で一枚一枚のレンガ作り。
同じ厚みで粘土をのばして、それを等幅で切って・・・何枚も何枚もレンガをこしらえました。
その後は当然、レンガを壁に貼ります。そして、壁に全部貼り終えてからはみ出た部分を切り取り、今度はレンガや窓枠に彩色です。

混色にも時間をかけ、イメージ通りの色に近づけます。 それを全て同じ色に塗るのではなく、ちがった色を織り交ぜつつ・・また、レンガとレンガの間や、壁と壁の接点は改めて後から粘土をつけたりと・・本当に時間と手間のかかる作業を乗り越えて行きました。

休校だったことが実は功を奏して、お家でも週末のアトリエでも、できる限り手を動かして完成に近づけていきました。

 

Yuina02

 

細かい部分はとにかく時間との勝負になりましたが、ツル先生からのヒントと指導のもと 
屋根はカラーペーパーを等幅に切ってから貼り合わせたり、ドーム屋根に貼る時は順序を考えながら。
煙突の縁はデザインカッターでキレイな凹凸がつくように切ったり
窓の奥にあるカーテンは、選んだ布をお家に持ち帰って、アイロンや手縫いで折り目をつけてきたり。
様々な技を駆使しました。

作らなければならないパーツの多さ。でも、作業時間が無い💦
作り始めると、とても丁寧な作業のYちゃん。 ドンドン時間は過ぎていく〜・・💦

というわけで、 3月は、ほぼドップリお城作りに時間を割いたYちゃんです。
結果として休校で良かったかも?! 

 

Yuina05


最後の造形教室の日までずっと作り続けました。 そして組み立てた全体像がこちら ↑

おとなも顔負けの作品ができあがりました。 まさにレンガの積み重ねは、かけた時間の証し。
とてつもない時間がかかりましたが、かけた時間分だけ必ず自分に返ってくる。

 


Yuina_20200327152701

コロナのことがあって、中学校生活がまだ始まっていないと思いますが
きっとこれからたくさんの発見、体験が待っている!  楽しみですね。

心から、卒業おめでとう!


それでは、制作の一部をご紹介します。

Dsc_9007
Dsc_0573


Dsc_5326
Dsc_3329
Dsc_4311
Dsc_8627
Dsc_4644
Dsc_7675

Dsc_9595
Dsc_2388


制作の様子は、2018年12月から2020年3月 火曜日小学生クラスの日記でも見ることができます。



アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室

4月はお休みいたします

Sundayおやこワークショップ


« 『おうちじかん』 実験室?! | トップページ | 『おうちじかん』 愛犬クロの・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『おうちじかん』 実験室?! | トップページ | 『おうちじかん』 愛犬クロの・・・ »