« 金曜日の造形教室・小学生クラス 2020/06 | トップページ | 一折り中綴じノート 2020/6/19 完成 »

2020年6月28日 (日)

一折り中綴じノート 2020/06/19完成

Kento1

 

体験に来たときに描いた絵を表紙にして、ノートを作りました。
こどもデザイン造形教室に入会したこどもたちは、まずこのノートを作ってみます。

 

Kento3

 

右)ぱわーず   左)わーるどまーけっつ  けんと(小学1年)

■みてほしいところ
ぱわーずは、きれいなところ
わーるどまーけっつは、にじ

■むずかしかったところ
はりをさすところ

■はっけんしたこと、きづいたこと
つくってよかったです

■なにをかきたいですか
かわいいさかな

 

Kento2

 

色のコントラストが強まると、模様がくっきり見えてきますね。
絵の具が重なり合ってそこから模様がホワホワと育っていったような・・、そんなにじみがとてもキレイです。
今年度入会してくれたこどもたち、やはり様々な色を前にすると、虹が描きたくなるのかな。
どんな気持ちで絵を描いたのでしょう。

体験で描いた絵をノートの表紙に仕立てるために、ボンド水を使ったり、筆を大きく動かしたり。
また、台紙に表紙絵をくるむとき、折り込むとき・・ それぞれポイントがあるのですが、こどもたちは覚えているかな?

初めての紐結び、固結び、 さて? 今でも覚えているかな?

ものづくりの工程を体験することは、完成させるまでに何段階もの工程があるということを知ることです。
ひとつ作るにも、たくさんの手間がかかる。 気持ちを込めて、世界にひとつだけのものを作ろう。
そんなくり返しが、こどもたちの心に響いていくといいのですが。

 

Kento4

 

作品タイトルをつけるときに、 下に敷いていた新聞を読んで、言葉を見つけていたKくん。
とっさの発想がおもしろいね! タイトルを聞いてから作品を見つめると確かに、その絵の奥に世界がひろがっていたり、力がみなぎっていたりするよ!

 

Kento

 

これから、どんな作品がうまれるかな?
技法をたくさん体験して、自分でできる事を増やし、
ものづくりには段階があること・時間がかかることを実感し、そしてそれを楽しんでいけるといいですね。


★制作の様子は、6/5 6/19 の日記でみることができます







アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室

6月から教室を再開しました。幼児クラスの体験をご希望の方は個別にご相談ください

★ちいさなてんらんかい2020は、 7/26〜8/2
(予約制でご覧いただきます 詳しい予約方法は7/1〜 お知らせいたします)

Sundayおやこワークショップ
しばらくの間、お休みします

twitter
Facebook
instagram

 


« 金曜日の造形教室・小学生クラス 2020/06 | トップページ | 一折り中綴じノート 2020/6/19 完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金曜日の造形教室・小学生クラス 2020/06 | トップページ | 一折り中綴じノート 2020/6/19 完成 »