« 金曜日の造形教室・小学生クラス 2020/06 | トップページ | 一折り中綴じノート  2020/06/11完成 »

2020年6月20日 (土)

一折り中綴じノート 2020/6/11完成

Sara2

 


年中さんのSちゃんが体験クラスの時に描いた絵を、ノートの表紙にしました。
絵を描くとき、絵の具を重ねて重ねて、たくさん手を動かしました。

重なり合う色の中に、複雑な新しい色が見えてきます。 無心で筆を動かして表された色や形は、心の中を写し出しているようにも見えます。
幼い時期だからこその、この表現を大事にしたいですね。

 

Sara1_20200618152001

 

右)おまつりちゃん  左)いすのちゃん      さら(年中)
   

■みてほしいところ
おまつりちゃんは、おれんじのところ
いすのちゃんは、むらさきのところ

■むずかしかったところ
かみでつくるところ

■はっけんしたこと、きづいたこと
あなでいとをとおすこと

■なにをかきたいですか
だいじなもの

 

Sara3

 

表紙を作るとき。一つ一つの工程のお話をきちんと聞いて、ニードルで穴を開けるときも、麻紐で綴じるときも、固結びにチャレンジするときも、とてもスムーズにできました!

作品のタイトルを決めるときに、
ノートにお名前をつけてね と話すと、 ○○ちゃん と、お友だちのような親しみのあるタイトルに!
かわいいですね〜〜😄
早くお父さんやお母さんに見せたかったSちゃん。 このノートに何をかくのかな? 



Sara

 

これから、どんな作品がSちゃんの手から生まれるのかな? 楽しみです!

★制作の様子は、6/4 6/11の日記で見ることができます

 


« 金曜日の造形教室・小学生クラス 2020/06 | トップページ | 一折り中綴じノート  2020/06/11完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金曜日の造形教室・小学生クラス 2020/06 | トップページ | 一折り中綴じノート  2020/06/11完成 »