« 張り子のうつわ 2020/06/02 完成 | トップページ | 蓬莱鱛 ホウライエソ Viperfish »

2020年6月15日 (月)

張り子のうつわ  2020/06/09 完成

 

 

梅雨の晴れ間は貴重です!
雨続きでしたが、本日は太陽が顔をのぞかせ、濡れた傘を干したらカラッと乾きそう。

さて・・
この角度! 本物の鼻のようにみえますが・・

01_20200610181801

 

一年近くかけてコツコツ作ってきた顔の形の器が、完成しました!
二つの表情を持つ器。 
その微妙な違いから、何を読み取る?!

 

02_20200610181801

 

えがおと おこってる入れもの   えいた(小学2年/制作時1年)

■くふうしたところ・みてほしいところ
はなの中

■むずかしかったところ
ねんどで目とか口とかパーツをつくるところ

■はっけんしたこと、きづいたこと
じかんがかかったこと

■なにをいれたいですか
だいじなもの

 

03_20200610181801

 

アイデアスケッチの時に、古代博物館の本を見ながら、顔が器になっていたら・・というアイデアを思いつきました。
二つの表情をもつ器です。

作者本人は、いたってあっけらかん!と、完成させているのですが、
その微妙な表情の違いとタイトルを見ながら鑑賞していると、そこから人間の二面性を感じたりします。

表と裏  内面と外面  心の内と外・・・ 

見る人によってはどちらが笑っている顔か?と考えるかもしれません。
無表情のようでありながら動きの無い唇にムッとした怒りを感じたり、 少し離れた目の位置に優しさと穏やかさを見つけたり・・・

色も大胆に塗り分けているところがまた、おもしろいですよね。
Eくんは、いつも何気なく自然体で作っているのに、結果的に大胆で個性的な作品を完成させますね〜👏


果たして作者の意図したものは・・・・・???!


 

04_20200610181801

 

入れる物によっては、クスッと笑いたくなる楽しさも!
何も入れないときとは、ちがった表情が見えてきますね。 
 

 

Eita_20200610181801

 

家族に囲まれたとき、この器はどんな表情に変化するのかな?





★制作の様子は、2019年6月から2020年6月の 木曜日・火曜日小学生クラスの日記で見ることができます。


アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室

6月から教室を再開しました。幼児クラスの体験をご希望の方は個別にご相談ください

Sundayおやこワークショップ
しばらくの間、お休みします


twitter
Facebook
instagram

 


« 張り子のうつわ 2020/06/02 完成 | トップページ | 蓬莱鱛 ホウライエソ Viperfish »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 張り子のうつわ 2020/06/02 完成 | トップページ | 蓬莱鱛 ホウライエソ Viperfish »