« 一折り中綴じノート  2020/07/09完成 | トップページ | 水曜日の造形教室・小学生クラス 2020/07 »

2020年7月21日 (火)

火曜日の造形教室・幼児・小学生クラス 2020/07

Dsc_8505

 

今週の授業が終わると、造形教室は夏休みに入ります。
今年は新型コロナウイルスによる休校で夏休みが縮小されたり、プールや臨海学校などが中止されたりと、子供たちにとっては悲しい夏になってしまいました。
しかし、こんな時だからこそ出来ることもあるはずです。 家族で工夫して少しでも楽しくなることが創造できる夏になるといいですね。

 

Dsc_8494

 

Sちゃんのつくる猫の張り子のうつわは大まかな形を作り終え、鼻やしっぽなどのパーツづくりに入っています。
どんな形にしたいのかな? それを作るにはどうしたらいいだろう? 失敗しても構わないからどんどん自分の考えで作ってみよう。

 

Dsc_8482

 

Aちゃんのうつわは色々なパーツがついてきてモモンガの雰囲気がでてきました。 
このあと目や鼻、耳など表情のパーツのバランスで出来あがりが変わってくるので位置決めは慎重に。

 

Dsc_8502

 

Hくんは3階建てレストランの張り子の続き。
出来るだけ手際よく張り子するにはどうするといいかな? 単調な作業の中にも効率や手際など得られるスキルがたくさんつまっています。
こうやってみたらどうだろう? これを試してみようなど、常に色々考えながら作業するといいですね。

 

Dsc_8490

 

Eくんは未完成だった器を置くための台座に色を塗ったあと、ビー玉ゲームの下描きトレースを始めました。 とても細かい図柄なので、写すのに時間がかかりますが、手を加えれば加えただけ仕上がったあとの満足度も高まります。

 

Dsc_8467

 

Aちゃんは粘土で作る文房具のラスト「花皿パレット」を作っています。  最初に厚紙で花皿の外形を切り出して、それを薄くのばした粘土にのせ、ヘラで型抜きします。 出来た花形の粘土に壁をつけていく方法で作っていきました。 
今回、粘土で色々作る中で様々なテクニックを使って来ました。 そうしたテクニックはいつか使える日が来るはずです。 忘れないでね。

 

Dsc_8477

 

Sくんは船型うつわの船室づくり。 今日は屋根をつけ、船室全体に張り子をしました。 窓があるため、窓の透明部分を汚さないようにいつもより張り子の紙を小さく切って、いつもより慎重に作業を進めていました。 

 

Dsc_8503

 

Jちゃんはツリーハウスの続き。 前回作った家部分について、窓が小さすぎるように思えたので、この家に住む人の人型を作って窓や出入り口などの大きさを再検討しました。 こうしたミニチュアを作る場合自分がその中にいるというイメージを持つことはとても大事なことです。

 

Dsc_8458

 

幼児クラスのSくん。 牛乳パックを二つつけた形を土台にして、背の高いビルを作っています。このビルは、ホテルです。 クレヨンで大まかに絵の具をどこに塗るかの計画を立てた後、絵の具で色を塗っていきました。
これから、このホテルの周りに庭を作り、池を作り、木を作り、バイクをおく・・予定です。まだまだ完成までには作るものがいっぱい!
夏休みで記憶が薄れないように〜^^




アトリエでは この一年間に作ってきた作品を展示する
ちいさなてんらんかい2020 を開催予定。7/26〜8/2
今年は、新型コロナウィルス感染拡大予防のため、事前予約制でみていただくことになっています。
ご覧になりたい方は、必ずご予約の上、お越しください。
詳しくはこちら

アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室

体験をご希望の方は個別にご相談いただき ご希望日の一週間前までにはご予約ください

Sundayおやこワークショップ
しばらくの間、お休みします


« 一折り中綴じノート  2020/07/09完成 | トップページ | 水曜日の造形教室・小学生クラス 2020/07 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一折り中綴じノート  2020/07/09完成 | トップページ | 水曜日の造形教室・小学生クラス 2020/07 »