« 水曜日の造形教室・幼児・小学生クラス 2020/09 | トップページ | 金曜日の造形教室・小学生クラス 2020/09 »

2020年9月17日 (木)

木曜日の造形教室・幼児・小学生クラス 2020/09

9月が半分過ぎました!
今年もあと、残り三ヶ月ちょっと・・・・💧

えええ!
ホントに〜?

なんでしょう、今年の時間感覚・・。
ステイホーム期間もあって、振り返ると長かったような、あっという間だったような。
最近は、少しこの暮らし方が落ち着いてきたようにも感じられますが、いつまで経ってもなんだか ふわふわしているような、実態がないような心地なのです。
それでも、今年一年で得られたことがたくさんあった、といえるように、あと三ヶ月の2020年を工夫して過ごせたらいいなあ!

さて、木曜日のこどもデザイン造形教室。

幼児クラスでは・・

 

01_20200917201001

 

Sちゃんは、先週色を塗ったボックスに今週から素材を貼り付けて行きます。もって来た たくさんの写真の中から、自分が写った楽しい表情の写真を選びながらチョキチョキはさみで切り取りました。切っているときも、笑顔と鼻歌交じりで楽しそう! あ〜、手をきっちゃったよ〜、あ〜お母さん切っちゃったよ〜・・なんて!

Rちゃんは、手を動かし始めると真剣スイッチがオンになります。こんな風にしたいんだけど・・・ というイメージがハッキリしているRちゃん。それならこうしたら? と方法を教えると、まず自分でやってみたい。 そして、納得のいく位置にレイアウトしたい。ボンドで固定する前に、動かしたり入れ替えたりしながら検討しています。 小学生顔負けです!


続いて、小学生クラス。

 

02_20200917201001

 

今週も、夏休みボックスの続きです。 それぞれのアイデアを形にする時間・・集中しているとすぐに時間が過ぎていきます。

 

03_20200917201001

 

Mちゃんは、悩まずパッと決断しながら素材を貼り付けています。 こうしたいんだけど・・・どうしたら付くかな? あ、そうかこうしたらいい! と、思い立ったらやってみます。 まだまだ貼る箇所はありそうです。

Mくん、だいぶ箱の中は埋まってきました。 海藻をどうやって付けたらいいかな? お父さんの写真をアイスの棒に貼ってみたけれど、そのアイスの棒がとれそうで、さて、どうしよう? 様々な曲面で疑問がわくと、先生に相談したり手を借りたりしながら解決していきました。写真が無くなってしまったので、もう少し追加でプリントしてくると言うことになりました。


04_20200917201001

 

Kちゃん、 ねえ先生〜、こうしたいんだけど、どうしたらいいの〜〜〜?    どうしたらいいと思う? こうやるとできるんじゃない? そんなやりとりをしながら、切ったり貼ったり組み立てたりしていました。 あ、いいこと思いついた! さかさまに置いてみて、観る人がどんな反応をするか検証する〜! と言っていたKちゃん。ぜひ、やってみよう!

右のKちゃんは、リボンにワイヤーを取り付けてグルグル巻いて表現したり、大きなホタテ貝に写真を貼ってどうやったら貼り付くか考えたりしました。 透明のコップもどうやってどの位置にどんな状態で貼り付けると効果的か? 上・横・底から見たりしながら考えました。

 

05_20200917201001

 

Yくんは、先週アルファベットを糸のこ盤で切り出すという課題を自ら立て、今週切る予定だったのを、あっさり辞めてしまいました。 とりあえずSだけ切ったからあとはいい〜! だそうです。 時間がかかるし面倒だからと辞めてしまったのはちょっと惜しかった〜😵 でも、他の部分にはいつものこだわりを見せていたので、最終的にどんな形になるのかな〜?

Hちゃんは、みんなが夏休みボックスを作る中、卒業制作の絵を描いていました。 細かいタッチの絵地図です。先週透明水彩などの画材を試していたので、それをいよいよ塗っていきました。 自分でもって来た油性ペンも使ったりして、自らの画法を確かめていました。 重ねて塗ったりにじませたり、しつこく描くことで絵の完成度が深まると思うので、がんばろう〜!




2016年から始めた夏休みボックスのカリキュラム。
最初の頃は、集めてきた物を貼るだけで終了、という感じだったのが やはり毎年続けることで、たくさんの工夫やアイデアが増えてきました。

もっとこんな事ができるかもしれない・・と、こどもたちには、たくさん気づいたり発見したりして欲しいので、講師陣も資料をアトリエ内に貼ったり、こどもたちに声をかけたりしながら、毎年バージョンアップしていけるようにしています。

夏休みボックスは、大きさの決まった箱の中に貼り付けて行くという条件以外はほとんど自由。 そのため、それぞれのこどもたちが制作中に必ず抱く「こうしたい」という欲求と、どうしたらいいのだろう? という「疑問」 そしてそれを解決するにはどうすればいいかと考える。 その一連の流れが、制作中何度も何度も出てきます。 そのくり返しこそが大切なのかもしれません。

思いついた楽しいアイデア。 むずかしいからとか面倒だから とあきらめないで、乗り越えていけるといいのですが!

 


アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室

幼児クラスは 各クラス募集中!

Sundayおやこワークショップ
しばらくの間、お休みします

 


« 水曜日の造形教室・幼児・小学生クラス 2020/09 | トップページ | 金曜日の造形教室・小学生クラス 2020/09 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水曜日の造形教室・幼児・小学生クラス 2020/09 | トップページ | 金曜日の造形教室・小学生クラス 2020/09 »