« ディッピングキャンドル2020 木曜日クラス | トップページ | ディッピングキャンドル2020 金曜日クラス »

2020年12月18日 (金)

金曜日の造形教室・小学生クラス 2020/12 クリスマスリース

今年最後のこどもデザイン造形教室!
金曜日小学生クラスの様子です。


00_20201218205001

 

今週は、全クラスでクリスマスリースを制作しました。 
今年はお菓子の家は作ることができませんでしたが、その代わりにクリスマスリースやスノードームがクリスマスシーンを彩ってくれるでしょう!

上の写真は、リース完成間近にこどもたちが椅子に乗って上から自分のリースを確認をしているところ。
作品を近くでばかり見ていると、つい見落としがちな全体のバランスやポイントが抜けている所など、遠くから見ると気づくことがあります。
ちゃんと最後に自主的に確認しようとしているところがエライ!

それでは、それぞれの作品をみてみましょう。

 

01_20201218205001

 

1年生のSくん。マイペースでのんびり作業をしているように見えましたが、ちゃんと蔓に葉っぱを差し込んでベースのグリーンもボリュームが出ています。グルーガンを一人で操るのがまだ少し怖いようでしたが、道具に慣れていけばもっとできる事が増えて、創意工夫の幅も拡がりますよ。

 

02_20201218205001

 

1年生のSちゃん、いつも積極的に手を動かし進んでいるSちゃんですが、今日は葉っぱをたくさんつけるというよりも松ぼっくりや木の実に心惹かれていた様子。葉っぱより先に、椿の実や松ぼっくりを付けていました。葉っぱの位置、松ぼっくりの位置もいっしょにバランスを見ながら考えられるようになるとメリハリが付き、ベースの蔓の形を活かしたリースになるでしょう。

 

04_20201218205001

 

1年生のMちゃん。土台の蔓に葉っぱを差し込みながら付けていく方法が少し難しいようにも見えましたが、様々な種類の葉っぱを付け、色のバランスも考えながらレイアウトしているようでした。左右に月桂樹の葉っぱを入れた所など、全体のデザインも考えていたのかな。実などで飾り付けをするときにも、色味を抑えた あるいは同系色のものを選んでいました。

 

03_20201218205001

 

3年生のKちゃん、土台の蔓に葉っぱを立てるように差し込んでいきました。土台を作るのにだいぶ時間がかかりましたが、ラストスパートで短い時間での飾り付けをがんばりました。

 

05_20201218205001

 

3年生のKちゃん。ベース作りに時間を割いていましたが、飾り付けの時には実とポプリの組み合わせを考えたり、並べ方を工夫していました。

 

06_20201218205001

 

4年生のRちゃん、緑のベース作りでは、積極的に大きな葉をスピーディに盛りつけ、形を整えながら作っていました。葉っぱの向きや色、流れなど考えながらレイアウトし、実などを飾り付けた後は椅子に立って上から眺めて全体を確認。周りのこどもたちもそれに影響されて、立って確認していました。

 

07_20201218205001

 

4年生のKちゃん、慎重に土台の葉っぱをレイアウト。蔓の間に葉を刺して向きを確認。緑色の濃淡を上手に使ってベースを作りました。葉っぱの流れも実の向きも、一方向に流れるように考えながらレイアウトしたのですね。


高学年になるほど、時間配分を考えながら作業できるようになりますね。
それは先を読める、ということでもあります。
これは、自分の目標を決めてそのためには何をしたらよいか逆算しながら思考する「未来逆算思考」にもつながること。
技術が伴ってくるともっと作業が効率良くなり、飾り付けにも時間がかけられるようになります。
年に一度の制作ですが、きっと来年は今年よりもっと成長を感じられる作品ができることでしょう。

さて、

コロナの勢いが止まらない中・・無事、今年の教室が終わりました・・!
こどもたちも、日々の検温、手洗いマスクを徹底しているからか、例年よりも風邪を引いている子が少なくとても元気です。
感染予防対策について、ご家族を含めてご協力をいただき本当にありがとうございました。

とはいえ、コロナが終息したわけではなく、現在も感染者数が増え続けているので、これからクリスマス・お正月とこどもたちにとって楽しい時期ですが、どうぞ体調管理に注意して過ごしてくださいね。また来年、元気に会いましょう!



おまけ。

Fu
こどもたちが帰った後の夜中・・
オトナが毎年恒例のリース作りをしました。(左/我が家の次女作  右/ツル先生作)

素材も、作る条件も、教室のこどもたちと同じ!

土台の蔓に差し込むように様々な方向からリースに見合った長さに切った葉を組んでいくと正面からも側面からも厚みと奥行きのある立体的なリースに仕上がっていきます。毎年作っていると、短い時間でもここまで作ることができます!(我が家の次女も小学生の頃から毎年作り続けています)
時間内にどこまで組み立てられるか・・年を追うごとにオトナも進化していますよ!

自然素材を探すところからリース作りは始まります。本当にすぐ近所に、リースの素材はあります。
近所の川沿いや公園、家の前や庭から採取してきたものばかりです。時には枯れ草さえも、立派によみがえります。
ぜひ、みなさんもお散歩がてらリース素材を探し、オリジナルのリースを作ってみてはいかがでしょう。この季節ならではの楽しみが見つかりますよ!








アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室

★幼児クラス(年中~年長対象)は 各クラス募集中! 
ただし体験レッスンは、カリキュラムの都合上 11月~1月まで受け付けておりません
くわしくは、お問い合わせください
★小学生クラスは、12月現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません

Sundayおやこワークショップ
しばらくの間、お休みします


« ディッピングキャンドル2020 木曜日クラス | トップページ | ディッピングキャンドル2020 金曜日クラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディッピングキャンドル2020 木曜日クラス | トップページ | ディッピングキャンドル2020 金曜日クラス »