« 夏休みボックス2020 水曜日 小学生クラス | トップページ | 夏休みボックス2020 金曜日 小学生クラス »

2020年12月21日 (月)

夏休みボックス2020 木曜日 小学生クラス

今年の夏休みボックスを、順にご紹介しています。

曜日によって箱に色を塗ったり塗らなかったり別れるものですね。
木曜日は全員着色なし!! 

 

 

1_20201130213901

 

<左>海しかいけなかった思いでの夏休みボックス。 (まこと 小学3年)

●今年の夏休みはどんな夏休みでしたか
つまんないなつやすみ(どこもいけなかった)

●夏休みに、きになったことやものを書いてください
・海にいっておよいだこと
・サッカーのしあいにいったこと

●どんなことを考えながら、この夏休みボックスを作りましたか
海にいったことを考えて


ざくざく切ってペタペタ思い切りよく貼っていく…。 初めての夏休みボックスですが、実にMくんらしい作業で制作していました。
夏の色々な体験を自分なりの思いで作っていて面白いのですが、やや雑なところも目立つのでむしろ背景に色などを塗ったほうが完成度は上がったのではないかと思います。



<右>べっ世界の夏休みボックス (こはる 小学4年)

●今年の夏休みはどんな夏休みでしたか
あまり、りょこうには行かず、去年の夏休みよりあっというまだった

●夏休みに、きになったことやものを書いてください
・ある場所でせりのたいけんをした時にもらったホタテ。海のにおいがした
・海辺でひろった貝がら。あながあいていた。昔の人たちがくびかざりにつかったのかも
・ほうせきすくいでもらったロケット。中にぎん色のかみのようなものが入っていた

●どんなことを考えながら、この夏休みボックスを作りましたか
いつもとちがう夏休みだったから。私たちが今くらしている世界と少しちがう世界にしようと思いながらつくった


古典芸能に興味をもつKちゃん、趣味や習い事に頑張っている姿をボックスにとじ込めました。 
貝がらの中にいる自分も二人、和服姿の自分も二人、魚も二匹…分身が必要なくらい充実した夏休みだったのかな?


 

2_20201130213901

 

<左>短いほど自由な夏休み (みそら 小学3年)

●今年の夏休みはどんな夏休みでしたか
いつもより短い夏休みだった

●夏休みに、きになったことやものを書いてください
・ずーっと家にいて、いぬと遊んでいたら、そのお母さんもお父さんも同じような見ためなのかと思った
・コロナウィルスのちゅうしゃはいつ出来るのかなと思っていた

●どんなことを考えながら、この夏休みボックスを作りましたか
短い夏休みだったけど、自由な感じを思って作った


細かい作業がとても上手で、持参した素材以外にアトリエで用意された木っ端などで文字やオブジェを作るなど、積極的にもの作りを進めています。
ただ、写真になるとそうした細部の手の入れようが見えにくくなってしまっているのがもったいない!!
大きさや色など吟味して、全体の中でのものの見え方に気を配ると良くなると思います。



<右>セミキライ=セミキライ=セミキライ (きい 小学5年)

●今年の夏休みはどんな夏休みでしたか
いつもより、短くて、あんまりりょこうに行けなかった

●夏休みに、きになったことやものを書いてください
・スタバのフラペチーノがおいしかった
・としまえんが楽しかった
・お父さんのダサイTシャツがきになった

●どんなことを考えながら、この夏休みボックスを作りましたか
今年はあまりりょこうに行けなかったから、ざいりょうになるものがなかったから、近所のだんちにせみがいるよとお母さんに言われて見つけ出して、大っキライなセミをがんばってとったから、あのどりょくをむだにしたくないから、ぜったいにセミをはる気で作っていた


透明なカップの中をプール?に見立てて水遊びしている姿を組み合わせたり(右下)、マスキングテープを使い終わった残りの紙芯を 写真の額縁として利用したり(左下)、細い複数に先別れした枝に小さな写真を貼ったりと、ただ素材を単純に組み合わせるだけではなく、自分なりの見せ方に加工しているところが素晴らしいです。 何より大嫌いな<セミ>をあえて貼るところがKちゃんらしい気概を感じます。

 

Photo_20201130213901

 

<左>感電 (ゆうだい 小学5年)

●今年の夏休みはどんな夏休みでしたか
つまんない
ひま

●夏休みに、きになったことやものを書いてください
ない

●どんなことを考えながら、この夏休みボックスを作りましたか
ふつうにやった


何ごとも<シンプル イズ ベスト>を好むYくん。 ゴチャゴチャするのに抵抗があるのは仕方ないのですが<シンプル>と<さみしい>には大きな差があるように思います。 糸ノコ盤で切り出した文字の正確さや木の板の並べ方など、見所もたくさんあります。 
そうしたYくんの良さを自分なりに引き出すには、少しやり過ぎぐらいのはちゃめちゃな作品にも挑戦するとよいのではないかと思います。





<右>INSIDE・OUTSIDE うちがわ・そとがわ (まりこ おとな)

●どんなことを考えながら、この夏休みボックスを作りましたか
・ペットボトルの口を切り取ると、これまで気づかなかったおもしろい形になる上に、光の当たり方によっては虹が見える
・箱の外側が内側にうつりこんだ状態やメタリックな紙(ゼリーのパッケージ)の反射・うつりこみ、見る位置によって変化する形・すけてみえる色などにより、何通りもの表情を楽しめるようにしたい
・写真にすると、メタリックな紙や透明プラスチックに映り込んだ風景や光の変化がわからなくなってしまいますが、実物で体感していろいろな見え方を楽しんでほしいと思い、教室のこどもたちにも 見方を変えること、箱の中に周囲を取り込む面白さ、それが伝われば・・と思い作りました


今年はコロナ禍にあって、各ご家庭でも なかなか外出できず、面白いネタ(素材)を集めるのも大変だったのではないでしょうか。

ただ、私たちは最近の夏休みボックスの傾向としてどこかに出かけた<特別な経験>や<体験>を通した写真や素材での制作が中心になってしまっているように感じていたこともあり、むしろ出かけるチャンスが少ないというのは新しい表現が生まれるチャンスではないかと思っていました。

確かに普段目にしない景色や経験は刺激的ではありますが、実は普段の生活の中にもその人なりのものの見方…興味や趣味・趣向のようなことも同様に面白さを見つけることができると考えます。

そういう意味でこの作品はペットボトルや銀紙、色紙、雑誌の切り抜き、アクリル板など、ごく身近な家にあった素材を利用し、それぞれの素材が持つ現象・・・反射・屈折・歪み・陰影をテーマとして制作し<わたしのものの見方>が作品になり得るということを表現しています。

日常、何でもない時にふと気になったり、心をゆさぶられたり・うごかされたり、不思議に思ったり、それぞれの人の琴線に触れるようなささいな経験に気を配ることで ものの見え方がより深く豊かなものになっていくのだと思いますし、それこそが個性の本質と言えるのではないでしょうか。






アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室

★幼児クラス(年中~年長対象)は 各クラス募集中! 
ただし体験レッスンは、カリキュラムの都合上 11月~1月まで受け付けておりません
くわしくは、お問い合わせください
★小学生クラスは、12月現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません

Sundayおやこワークショップ
しばらくの間、お休みします


« 夏休みボックス2020 水曜日 小学生クラス | トップページ | 夏休みボックス2020 金曜日 小学生クラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みボックス2020 水曜日 小学生クラス | トップページ | 夏休みボックス2020 金曜日 小学生クラス »