« 木曜日の造形教室・幼児・小学生クラス 2020/12 クリスマスリース | トップページ | 金曜日の造形教室・小学生クラス 2020/12 クリスマスリース »

2020年12月18日 (金)

ディッピングキャンドル2020 木曜日クラス

もうすぐクリスマス。
11月に制作していたディッピングキャンドル作品を順にご紹介しています。


個性派揃いの木曜日。 <こんなロウソクにしたい!!>という意思をもって作り始めました。

 

Photo_20201130163801

 

Hちゃん6年生  クリスマスの1日

ツリーのロウソクを作りたいと、緑色を基調に青や黄色、紫を織り交ぜながら、深みのある綠のツリーができました。
飾りに色ロウを割りばしで点々とつけました。

ラッピングの紙コップはツリーの鉢をイメージしています。 ツリーの頂点には星も輝いて、全体としてクリスマスツリーというテーマを貫いているところはさすがに経験者ですね。

 

Photo_20201130163702

 

Kちゃん5年生 けんばんの音

はじめから階段状のロウソクを作ると決めていたKちゃん。 ロウをつける位置、成形をしっかり意識して、目的のディッピングキャンドルを完成させました。 成り行きではなく、計画を決めて完成させるということは簡単なようで難しいことです。

紙コップのラッピングも限られた時間の中、色々な要素を完成度高く盛り込めました。

 

Photo_20201130163701

 

Yくん5年生 炉得訴駆(ろうそく)

階段状のディッピングキャンドルですが、上部の丸から下部の緩やかな四角へと断面の形状が変化しています。
こうした形状に対する興味がYくんの良いところです。

プラコップのラッピングは考えすぎで手が入っていないところが残念です。 

 

Photo_20201130163802

 

Kちゃん4年生 みんなをてらす灯台

鋭く立ち上がる形が印象的な作品です。 ロウソクが良く磨かれていてロウの発色が最大限活かされていますね。

ラッピングは透明コップを活かして内側に色紙でデザイン、外側に文字を貼って奥行きを出す工夫もなされています。
デザインに対する積極性が評価できます。

 

Photo_20201130162101

 

Mちゃん3年生  火をつけるまで明るいろうそく

2回目のキャンドルづくり。きれいなグラデーションがつくれました。 
形は細い釣り鐘型ですが、最初から終わり頃までロウのカップの底までキャンドルをひたすとこのような形になります。
次回は作りたい形状を意識して、ロウにひたす位置を調整すると良いと思います。

紙コップのラッピングは、口の部分にマスキングテープを巻いたり、底の部分に切り込みを入れるなど、細かい部分に手を入れオリジナリティを出しているところが良いですね。

 

Photo_20201130163703

 

Mくん3年生  はじめてのキャンドル

こちらも細い釣り鐘型です。 下に紫など濃い色にすることで安定感がありますね。初めてのキャンドルでしたが次回へのヒントが色々見つかったのではないでしょうか。

ラッピングは独自の世界が広がって…。 面白いのですが、もう少し一つ一つの作業に時間をかけ、丁寧な作業を心がけると良いと思います。

 



アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室

★幼児クラス(年中~年長対象)は 各クラス募集中! 
ただし体験レッスンは、カリキュラムの都合上 11月~1月まで受け付けておりません
くわしくは、お問い合わせください
★小学生クラスは、12月現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません

Sundayおやこワークショップ
しばらくの間、お休みします


« 木曜日の造形教室・幼児・小学生クラス 2020/12 クリスマスリース | トップページ | 金曜日の造形教室・小学生クラス 2020/12 クリスマスリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木曜日の造形教室・幼児・小学生クラス 2020/12 クリスマスリース | トップページ | 金曜日の造形教室・小学生クラス 2020/12 クリスマスリース »