« 水曜日の造形教室・幼児・小学生クラス 2021/02 | トップページ | いろいろ素材版画 2021 小学生クラス<火曜日> »

2021年2月11日 (木)

粘土で作った文房具 2020/11/10完成

01_20210206221201

 

ねん土で作った文ぼうぐ   あやな(小学2年)

■くふうしたところ・みてほしいところ
えのぐは、いっぱい形を作って、ぜんぶ色をかえたところ

■むずかしかったところ
けしごむのけして黒っぽくなったところの色つけをしたとき

■はっけんしたこと・きづいたこと
ねん土でこんなに文ぼうぐに近づけられること

 

02_20210206221201

 

いつも教室のバッグに入れている道具や、アトリエにある画材。
それをそっくりに作りたいと思ったAちゃん。

粘土でそれを表現できるだろうか?

素直に疑問に思ったことを、実際にやってみる。
どうやったら、近づくかな。
どんな道具を使えば上手に作れるかな。

消しゴムは、使いかけの表情を出せるかな。
筆の穂先は何を使ったら表現できるだろう?

粘土をのばしたり、丸めたりしながら 実物に近づけていきました。
穂先は、紙紐を使って工夫してみました。

 

03_20210206221201

 

ハサミをよく観察することって・・・普段あまりありませんよね。当たり前のように使っている。
でも、このような機会に、どんなパーツが組み合わさってできているのか、どんなフォルムをしているのか、
構造を見たり考えたりすることができます。

梅皿にしてもそうです。 陶器の形をどうやって出したらいいのだろう?
粘土の厚みをそろえてのばす方法、そしてお皿に合わせて形を出す方法を覚え、
教わったり考えたりしながら、実物に近づけていきました。

自分の興味を見つける。表現する。

やってみたいな、と思うことを まずは やってみる。

そこから発見したこと、感じたこと、考えたことは一生忘れないでしょう。
そして、そういったことを繰り返すうちに段々と、自分らしさとは何か?がわかってくるのではないでしょうか。

 

Ayana_20210206221201


制作の様子を少しだけご紹介


Dsc_7204
Dsc_0925

2020年6月〜11月 火曜日クラスの日記でも見ることができます。




アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室

★幼児クラスは 各クラス募集中!(4月から新年長・新年中対象)
くわしくは、お問い合わせください📩
★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりません

Sundayおやこワークショップ
しばらくの間、お休みします

 

 


« 水曜日の造形教室・幼児・小学生クラス 2021/02 | トップページ | いろいろ素材版画 2021 小学生クラス<火曜日> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水曜日の造形教室・幼児・小学生クラス 2021/02 | トップページ | いろいろ素材版画 2021 小学生クラス<火曜日> »