« 2022/04 金曜日の造形教室・小学生クラス | トップページ | 2022/04 火曜日の造形教室・小学生クラス »

2022年4月26日 (火)

牛乳パックの家  2022/4/8完成

01_20220426084501

 

年長さんの頃から作り始め、この4月に小学1年生になってまもなく完成しました!
恐竜が大好き、虫が大好き という気持ちが存分に表現された作品。

牛乳パックでお家を作ろう、 というカリキュラムでしたが、むしろお家の周りの恐竜や生き物が主役になりました。

 

03_20220426084501

 

いきものらくえん         そうた (年長~小学1年/制作時)
制作期間 2021年10月~2022年4月 

■くふうしたところ・みてほしいところ  
きょうりゅうのたまご

■むずかしかったところ
べろきらぷとるのあし

■つくっているときに、はっけんしたこと・きづいたこと
しゅうちゅうしたから、ねんどできょうりゅうをつくれた

■ここにいるきょうりゅうやむしのなまえをおしえてください
・べろきらぷとる
・ぱきけふぁろさうるす
・えどもんとさうるす
・ドラゴンカブト
・トリくわがた

 

05_20220426084501

 

粘土での立体表現が、ここまでスイスイできるとは!
Sくんが制作を始めると集中力がすごい、と そばで見ていて思っていたのですが、とにかく周りで何があろうとも作り始めたら手が止まることなく夢中になって制作していました。 向かいでお友だちが話をしていても、ほとんど意に介さず 作ることに没頭する姿は、小学生クラスのみんなにも見てほしかったほど。
作品と向き合うとか、夢中になるってこういうことなんだよって。

虫の足、恐竜の足など、細くて胴体にくっつけにくいときには、粘土の芯につま楊枝やワイヤーを仕込むことを一つ教えると、それを忘れずに応用して、恐竜の胴体につま楊枝を貫通させてから左右の足を取り付ける。そうして、自分の思うペースでどんどん作る。

恐竜にも種類があって、肉食だから口の形がとがっているとか、草食だから体がこんな形・・とか、ちゃんと意味があって形を作っているところも、作者の意志を感じます。
形へのこだわりは、色塗りへのこだわりにもつながり、白い所が見えていたら恐竜じゃない、と言わんばかりに隙間なく絵の具を塗り込みました。

 

09_20220426084501

 

お家の周りを、勢いよく恐竜が走り回っている庭!!
恐竜より大きな虫!   うわ〜っ!
でも、そこは楽園なのです。

家と家の間に吊り橋を付けたのにも、意味があったようで、Sくんに詳しく話を聞いてみると
カブトとクワガタが、もう一方の家にどっちが先につくか競走するんだそうです。

途中に恐竜がいたりして、ちょっと危険な吊り橋ですね😆💦


02_20220426084901

 

次の作品も楽しみですね!

 

Souta_20220426084901

 

それでは、制作の様子を少しばかりご紹介!

 

Misouta01
Misouta02
⭐️制作の様子は、2021年 10月〜 2022年 3月 火曜日クラスの日記でも見ることができます




 

 

アプレットプラス http://aplt.jp/

2022年度 幼児クラス募集中!(新年中・新年長さんを 募集しています) 

体験レッスンは、一週間前までにご予約ください 📩 


こどもデザイン造形教室
  
★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりませんが、キャンセル待ちをご希望の方はご相談ください  📩
 

こちらもチェックしてみてください
  ↓
Facebook

twitter

 
instagram

 


« 2022/04 金曜日の造形教室・小学生クラス | トップページ | 2022/04 火曜日の造形教室・小学生クラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022/04 金曜日の造形教室・小学生クラス | トップページ | 2022/04 火曜日の造形教室・小学生クラス »