« 2022/05 木曜日の造形教室・小学生クラス | トップページ | 一折り中綴じノート 2022/4/15完成 »

2022年5月13日 (金)

2022/05 金曜日の造形教室・小学生クラス

梅雨の走りのようなお天気が続くそうです。
ジトジトと湿度が高いのが日本らしい気候とも言えますが、
湿度が高い時は、光も曇りがち、目に入る色彩もスモーキー・・だからこそ日本らしい色合わせは彩度が低く落ち着いたものが多いのかもしれません。

さて、こどもデザイン造形教室、金曜日の様子です。

 

Dsc_2898

ビー玉コマの仕上げ。重心の位置を調べてから、円定規で印をつけ、ニードルで点を打つ方法を使って台紙を切り抜きます。その後、ニスを塗ってビー玉をはめ込んで固定したら完成! 次、これやるよ〜、と声をかけるたびに、ゔ〜っと唸っているRちゃん、やりたいのか?やりたくないのか?どうなのかな〜〜?

 

Dsc_2913

スノーボード選手を粘土で作っています。ボードの色も、実際のデザインに合わせて丁寧に塗っています。粘土で作った選手にも、色を塗り始めました。細かいので、細い面相筆を使っています。

Dsc_2914

張子で木を作っています。全体に紙が貼れたら、今度は粘土で作ってあったマレートビトカゲに羽をつける準備を始めました。トビトカゲの標本写真を見て、羽の位置を確認しながらワイヤーを差していきました。

Dsc_2921

名札を作っています。小さな板なので、作業は細かいのです。カーボン紙を挟んで下絵を板にトレースした後、アクリル絵の具を使って色を塗りました。

Dsc_2917

恐竜の形をした張子の入れ物を作っています。いつも作る時は、ほとんどおしゃべりもせず、集中力は教室一だと思います!お陰で、大きな作品ですが今日は二層以上も新聞紙を貼ることができました。

Dsc_2899

恐竜の図鑑をずっと見続けているRくん、何を描こうか考えているのか、いないのか・・・本日も過ぎて行ってしまいました・・  どんなことでもいいので、手を動かして形に残すことで前に進むことができるのですが・・
次回は、家で図鑑を見てきて、描くものを決めてから教室に来てみよう〜

Dsc_2934

Dくんが制作中のピラルクです。張子でここまできっちりと形にしてきて、色を塗るのも何度も塗り重ねて、深い黒、朱赤に深紅が混じり合い独特の色合いになりつつあります。スポイトを左手に持ち右手に筆・・そして塗り残しを見つけては色を差していく方法を自ら見つけたようです。
(制作中の様子を写真に撮り忘れました〜すみません!)

 

Dsc_2930

帰る前に、Rちゃんが初めての完成作品(ノート)の発表をしました。
教室では、作品が完成すると、みんなの前で発表してもらっています。作ったものをみんなに見てもらい、その作品について感じたことや気づいたことを話し、制作過程を振り返ることを大切にしたいからです。





アプレットプラス
 http://aplt.jp/

ちいさなてんらんかい2022 
  6/25ー6/27  at applet+

2022年度 幼児クラス募集中!(新年中・新年長さんを 募集しています) 
→ 体験レッスンは、一週間前までにご予約ください 📩 


こどもデザイン造形教室  
★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりませんが、キャンセル待ちをご希望の方はご相談ください  📩
 
こちらもチェックしてみてください
  ↓
Facebook

twitter

 
instagram


« 2022/05 木曜日の造形教室・小学生クラス | トップページ | 一折り中綴じノート 2022/4/15完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022/05 木曜日の造形教室・小学生クラス | トップページ | 一折り中綴じノート 2022/4/15完成 »