« 日本美術をひも解く  東京藝術大学大学美術館 | トップページ | 2022/09 水曜日の造形教室・小学生クラス »

2022年9月 6日 (火)

2022/09 火曜日の造形教室・小学生クラス

お久しぶりです!

長い夏休みが明け、本日からまた、こどもデザイン造形教室が始まりました!
相変わらず蒸し暑い日が続いていますね。

厳しい暑さにも負けず、子どもたちは元気に全員休まず出席!

 

01_20220906201301

 

みんな、どんな夏休みだったのかな〜?
コロナ禍とはいえ、今年は行動制限がなかったから、遠くにお出かけした子どもたちも多かったようです。
これから、夏休みボックスを作っていくうちに、それぞれどんな夏休みだったのかがわかってくるはず。

さあ、今日は 夏休みボックスの箱を作っていきますよ!

 

02_20220906201301

 

夏休みボックス初挑戦のMちゃん。板に慎重にボンドを塗っています。
九州方面へ行って、水族館にも行って・・写真をたくさん持ってきました。

 

05_20220906201301

 

箱を組み立て終わって、どんな素材を持ってきたかを細かくメモしているMちゃん。たくさん素材を持ってきたので、どんなふうに作っていくか・・アイデアが溢れてきている様子。

 

06_20220906201301

 

いよいよ最後の夏休みボックス。サイズや素材などを確認して、どうやったらくっつくか? 今から考えて予定を立てているRちゃん。

 

07_20220906201301

 

どんな箱にしようかな? ある程度、イメージができているのか、アイデアスケッチも詳しく描いているRちゃん。

 

04_20220906201301

 

たくさんの素材を広げて眺めて思い出に浸っているMくん。これも使いたいし、これも貼りたいし・・どう表現するか?いろいろと構想は頭に浮かんでいるようです。

 

08_20220906201301

 

夏休みにあまり出かけずに、吹奏楽に専念していたというAちゃん。夏休みボックスのテーマは何だろう? 持ってきた素材などのメモも、詳しく書いていました。

 

03_20220906201301

 

箱作りが終わった後、自分の持ってきた素材を眺めて、どんな箱にしようかとアイデアスケッチをしているAちゃん。今年、心に響いたことは何かな?

 

09_20220906201301

 

Sちゃんは、持ってきた素材と共に、新たに作りたいモチーフがあるらしい。粘土で作る予定だそうですが・・果たして何がテーマの夏休みボックスになるのかな?


夏休みボックスは、
子どもたち自身が、こうしたい、こんなふうにしたらどうだろう?と発想を実現させるために考えていく作業が続きます。
たくさんの工夫が今年も見られますように!

 



アプレットプラス
 http://aplt.jp/



幼児クラス募集中!(年中・年長さんを 募集しています) 
→ 体験レッスンは、一週間前までにご予約ください 📩 
 

こどもデザイン造形教室  
★小学生クラスは、現在 全てのクラスが定員のため募集しておりませんが、キャンセル待ちをご希望の方はご相談ください  📩
 アキが出た場合には順番にご連絡します
 
こちらもチェックしてみてください
  ↓
Facebook

twitter

 
instagram


« 日本美術をひも解く  東京藝術大学大学美術館 | トップページ | 2022/09 水曜日の造形教室・小学生クラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本美術をひも解く  東京藝術大学大学美術館 | トップページ | 2022/09 水曜日の造形教室・小学生クラス »