日記

2018年5月11日 (金)

作品集はじめました

1002


こどもたちの作品をまとめる作品集をはじめました。

いままでも作品が完成するとそのつどホームページでご紹介していたのですが、どうしてもある作品にたどり着くのに何度かクリックしなければならず面倒なこともあるように感じていました。

過去にさかのぼって直感的に作品に向き合うには実際にファイルにまとめたほうがよいと考え、写真が揃っている作品から作業をはじめています。


1003


このようにすることで、子供たちが「こんな作品をつくってみたい」、「こんなこともできるんだ」と自分たちの制作の参考になればとも思っています。

また、これを機会に送迎のご父兄が空き時間に他のクラスの生徒の作品や卒業した先輩たちの作品に気軽に触れていただけたら幸いです。


1001_2


まだ数は少ないですが、アトリエ近くの本棚あたりにこんな感じでファイルがあります。

この企画にともない、できるだけ丁寧に撮影したので作品は完成の翌週にお返しすることにしたいと思いますので、ご協力お願いいたします。


*ランダムに掲載しており、現在進行形で増えていく予定ですが、
ホームページ内の作品集ページも どうぞご覧ください。


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 おとなのための造形教室
http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年3月 8日 (木)

雨宿り

Dsc_5110


しばらく雨がつづくらしいので、犬たちは玄関で雨宿り。

晴れたらまた元気に外で遊びます。                APPLET PLUS


| コメント (0)

2018年1月23日 (火)

1月23日 午前0時

23


反響音の少ない白く静かな夜。

明日の朝は路面が凍結しているかも知れません。皆さん足下に十分注意してくださいね。

| コメント (0)

2018年1月 1日 (月)

2018年も どうぞよろしくお願いいたします

2018_2

2018年 1月1日
雲一つない日本晴れ!

戌年がスタートしました。
昨年中は、大変お世話になりありがとうございました。

今年もたくさん 手を動かし 頭を働かせ 心をこめて
作り動き考え感じ 形に残していきましょう! 

みなさんにとって アプレットプラスのアトリエが
また行ってみたい場所
新しい目が育つ場所
自分自身のアンテナが動く場所
純粋に楽しめる場所
になれるよう日々、考えていきたいと思っています。

たらところがたくさんあると思いますが
本年も アプレットプラス・アプレットデザインを どうぞよろしくお願いいたします。

アプレットプラス  http://aplt.jp/

| コメント (0)

2017年8月31日 (木)

夏休みも最終日!!

291_2


子供たちの長かった夏休みも今日が最終日。

たくさん楽しい<おもいで>つくれましたか?

宿題、終わりましたか?

私たちも夏休みの最終週、新学期に向けての準備にいそしんでいました。

夏休みボックスの準備。

小学生のみんな、今年はボックスの壁は自分で作ってもらいますよ!!


292


恒例夏の木工。 

今年は紙棚の上にのせる棚です。

置き場を増やせば増やすほどモノも増えていく…と言う話もありますが、しまいきれず山積みになった荷物や、ふだん良くつかう材料なのにのに使い勝手の悪い場所に置かざるを得ない状況を少しでも改善出来るようにできれば、と思っています。

それに、たまには先生たちも手を動かさないとね…。


 

| コメント (0)

2017年4月 7日 (金)

桜が散ってしまわないかと心配ですが・・この頃 思うこと。

暖かな日でしたが、強風が吹きました。 咲きかけた桜が散ってしまわないかと心配です。まだ、しっかりと、今年の桜を見ていません・・ 散らないで〜!

そういえば、最近 頻繁に見かける光景。
昨日も、アトリエの窓から見えました。
小さなお子さんを連れたお父さん。仲良く手をつないで歩いているのですが、お父さんの手にはスマホ。見つめているのはお子さんではなく、スマホ。

十日ほど前の朝、大急ぎで自転車を走らせるお父さん。前には小さなお子さん・・保育園か幼稚園へ送るのかな?でもなんと、ハンドルの上にスマホをのせながら画面を見ています。危なっかしい場面でした。

しばらく前にも、休日に小さな姉妹を連れてお散歩中のお父さん、道の脇にちょっと高くなった空き地のような所があり そこにこどもたちが登って遊んでいるのを見守りながらも・・見ているのはスマホ。

また、これも少し前のことですが、お母さんがベビーカーを押しながら忙しそうにスーパーマーケットでお買い物中、ベビーカーのシェードは下ろして中には一才くらいの小さな女の子が横になっています。でも、その手にはスマホ。小さな女の子はスマホに夢中で、画面は女の子の目のすぐ近く。画面がアイマスクのように目を覆わんばかりの距離・・・。ブルーライトが目を攻撃してやしないかと、心配になりました。 

まだあります。数年前なら、あまりにも不自然な風景と思っていたことですが、最近では少し慣れてしまっている自分がコワイくらいですが・・外食中の風景。 隣に座るカップルは食事をしながら、スマホに夢中。相手が目の前に居るにもかかわらず、見つめているのはお互いにスマホの画面。会話無し。せっかく食事に来ているんだから、せめて前に居る人のことを見ようよ!会話しようよ!・・・・と、おせっかいにも、心の中でヤキモキしてしまう。

などと、いろいろと気になることを書いていますが 
そういう情報や 日々のあれこれを これまたネットに書き込み、読んでいただいている私・・。
なんだかなあ、この構造・・。

それでもやっぱり言いたい。 
隣に居る人 目の前に居る人 手をつないでいるこどもたちを見つめよう、話をしよう、感じたことを共有しよう! 心や言葉のキャッチボールをしよう! と。


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2017年1月 9日 (月)

カオスからコスモスへ

0109


アトリエをしていると色々な事柄が同時進行するため、ものも加速度的に増えていきます。  

自然とあたりはカオス(混沌)と化していくわけで、段ボールで作った収納ケースなどあっという間にメタボリックシンドロームな様相を呈します。

これの解決も正月休みの< To do list>に入っていたわけですが、明日からアトリエが始まるという今日にやっとその解決の順番がやってきました。


01092


先日ジョイフル本田でカットしてもらった合板を図面に合わせ、ボンドで組み、ネジを打ち込みます。 

部材さえきちんと切り出してもらえれば 多少は時間がかかりますが、 イケアの家具を組み立てるのとそうたいした違いはありません。

注意すべきは合板を買う際「ソリ」の少ない板を選ぶこと。 


01093


簡単な構造なので、休み休み半日程でできあがり。


01094


お腹が引っ込んだだけですが、随分とスッキリしました。


 

| コメント (0)

2017年1月 7日 (土)

始動!

Dsc_6913


新しい年が始まりにむけ、色々と仕込みに西多摩「ジョイフル本田」へ出かけました。

近所にもホームセンターはいくつかあるのですが、やはり扱う品の豊富さは別格。

遠いですが、ここへ来れば大体何とかなるし、アイディアもわいてくる素敵な場所です。


Dsc_6900


今回の目的の一つには簡単なのこぎり台の材料を材から切り出す予定でしたが、店に入るなり、展示品の可愛い 一品ものソーホースを見つけ、とりあえずこれをのこぎり台として流用することに決定。

家に戻りふと、糸のこ盤をのせるとなんだか馬のようですね。これぞソーホース(sawhose) 。


Dsc_6973


今回のメインの目的の材料。

出来合いのキットではないので、あれやこれや吟味して部材をそろえました。


Dsc_7016


部材を組み合わせ、脚立に乗って外の雨どいに仮に取り付けてみました。

ハンドメイドの水平型フラッグポール。 上出来!!

 新春一回目の課題で子供たちと作るフラッグを飾る予定。 お楽しみに。


| コメント (0)

2017年1月 1日 (日)

2017年 年頭にあたり

あけましておめでとうございます。
昨年中は、アプレットプラスの活動にご理解ご協力をいただきまして 本当にありがとうございました。

Dscf7566_2


「様々な素材にふれ、感じ、自由に発想し、考え、アイデアやイメージを表現し、形にする」を目標にたちあげた アプレットプラスの こどもデザイン造形教室 も、早いもので 今春8周年を迎えます。

8年の間に 小学生のスマホ所有率は6割に達しており、多くの時間を友だちとの交流やゲーム、動画視聴などに費やすようになりました。
一方で 学校教育は、記憶し、理解し、答えを出すということ が求められています。

『みんなが知っていることを知っている』『決められたことがきちんと理解できる』ことも大切な能力です。

しかし、人間は一人一人違います。

得意なことも不得意なこともある。
できないからダメなのではなく、どうしたらできるようになるのか?

要は、自分自身の良いところをしっかりと見極めて、どのように取り組めば問題を解決できるかを学ぶことが大切ではないでしょうか。

一つのものをアイデアから形にする「ものづくり」は 時間がかかります。
一つのものを作るには、自分なりに越えなくてはいけない壁が出てきますし、またできあがった時には達成感や反省があります。

こうしたことを繰り返すうちに、
自分が好きなこと 
自分が一生懸命になれること 
壁に当たったときに乗り越える方法など、 
ものづくりに限らない知恵がつくものです。

私たちは、これまで以上に それぞれのこどもたちの特長・長所をいかし、何事にも自信をもって取り組むことができるような指導をしていきたいと思います。 
また作品完成時には、保護者の皆様にも観ていただける時間をできるだけ設けるようにしますので、ご一緒に こどもたちの成長を見守っていただけたらと思っています。

今年もアプレットプラスを どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0)

2016年12月31日 (土)

大晦日

12311


今年も残すところあと数時間。

大掃除やおせち造りの合間に新年に向けてディスプレーの飾りつけ。


12312


小さい頃から愛用していた百科事典の洋書の中から可愛らしい鳥たちに飾り窓から伸びた止まり木に飛んできてもらっています。


12313


下で鳥を狙う狐にたべられなければ、来年皆さんにも観ていただけると思います。

それでは、どなた様も良いお年をお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

アプレットプラス


 

| コメント (0)

より以前の記事一覧