日記

2023年1月 2日 (月)

あけましておめでとうございます 2023

Nenga202301

 

 

あけましておめでとうございます。

相変わらず、バタバタと慌ただしく年の瀬を過ごし
あっという間に新年が明けてしまいました。

近年、地球温暖化や戦争、経済的な不安定化等々、少しずつ世界が変化しているのを肌で感じていますが、
未来が穏やかで平和な世の中であるように、心から願う年明けです。

未だコロナ禍から抜け出せず、マスクを外せない生活が日常になっていますが
そんな閉塞感に負けず、
今年も、アトリエで手や頭を動かし、
心に響くモノを探し、
自分を見つめ自然を見つめ世界を見つめ、
表現していけますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。




★こどもデザイン造形教室は、10日(火)から始まります




 

 

 

| コメント (0)

2022年4月 1日 (金)

満開の桜 2022

教室の春休み期間と、桜の満開時期が重なって
今年は、外出先のあちこちで 桜を楽しむことができました!

未だコロナ禍で、花見で一杯 というわけにはいかないですが
お散歩しながらのお花見で充分。

桜の季節って、やっぱりいいですね〜!

0147334207303576270455174037eef0366cdd01

↑ アプレットプラスから、歩いて5分もかからないところにある妙正寺川沿いの大きな桜のトンネル。

そして、今年は
川越、上野、谷中、日暮里、小金井と、外出先でも桜を堪能しました!



0014733420730357627045b9013709655e592ed5


4733420730357627045518c313a5f34444a638ee  4733420730357627045beca23f4ded6cc7b4baf2 47334207303576270457f0368f82ee825bc7fcc3 47334207303576270457c75fa6a078b0dccf7171    473342073035762704577256dcd72a7aeae85aae

 4733420730357627045a196c1b9938f2406c860f 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2022年1月 4日 (火)

あけましておめでとうございます 2022

 

 


2022_20220104130901

新年あけましておめでとうございます

昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
こちらの日記ブログでも、日々のアトリエの様子をできる限り毎日更新してきましたが、
ご覧いただきありがとうございました。

毎年そうなのですが、11月から(ちょうど造形教室でキャンドル制作が始まるあたりから)12月、年末から年始と
全速力で駆け抜けている気持ちです。
いろいろとご紹介したいことは多いのですが、準備制作片付け・・と追われてしまい相変わらず慌ただしくなってしまいます。
ご迷惑をおかけしたことも多々あったかと思いますが、どうぞお許しください。

今年はもう少し、シンプルに 時間を有効に使い
本質は何か?を見極めながら(ここが何年経っても難しいのですが)過ごしていけたらと思います。

また、コロナ禍はまだまだ続くようですが、希望を捨てず 柔軟に対応しながら
私たちも含めてこどもたちそれぞれが自分らしく、何を表現できるか
周りの人に対して優しい気持ちで協力し合えるか
日々の小さな生活の中から考えて行きたいと思います。

今年も感染対策に注意しながらの生活となりますが
皆様のご協力を得ながら、楽しく活動していきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


★こどもデザイン造形教室は、7日(金)から始まります。


20221



| コメント (0)

2021年3月15日 (月)

上野にサクラ咲く!

週明け月曜日。
私事ですが、我が家の次女が工芸科に合格しました!
苦節何年?
コロナ禍で、不安な中でしたがひたすら毎日毎日デッサン、平面、立体・・と繰り返し描き、創り続けていました。
ホッとしたと同時に、また身近に「創る人」が一人増えて嬉しい限りです。
アトリエにも、様々な情報を寄せてくれるような期待もあります!

嬉しかったので、素直にご報告してみました😄



Img_8138


今年も去年も、コロナ禍で合格発表はネット上・・

だったのですが、記念に上野まで行ってみました。
実際の桜はまだまだ咲いていませんでしたが、この暖かさでつぼみは大きく膨らみ、あと少しで咲きほころびそうです。

Img_8107-1

| コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます 2021

2021_20210101165701

 

 

あけましておめでとうございます!
昨年中は、大変お世話になり、ありがとうございました。

昨年は、コロナという予測不可能なウィルスに翻弄された年でした。
そんな中でも、自然は悠然と時を刻んでいること、
こどもたちとたくさん手を動かし、作るものたちに驚いたり喜んだりし、
感染対策をしつつ美術館に足を運んで心を揺さぶられたりしながら、
実はそういった刺激こそが心を豊かにし、決して落ち込まず前に進めるエネルギーになると感じることが多々ありました。

まだまだこのコロナ禍は続きますが、今年も笑顔で 心ゆたかにすごせますように。

今年も、アプレットプラスをどうぞよろしくお願いいたします。


2021_20210101180001



アプレットプラス http://aplt.jp/

| コメント (0)

2020年4月23日 (木)

外に出てみたら・・

 

食料買い出しや銀行に行くために、久しぶりに自転車で近所をグルグル

そうしたら・・

何ともショッキングな光景が。

何十年も、自然のままだった大きな木たちが伐採されていました。

 

Img_5736

 

 

こどもの頃から、ここは誰もいない林、秘密基地のような場所でした。
最近は、制作に使う木ぎれを拾ったりできる格好の場所だったのですが・・

 


Img_5738-1

 

 

枝も無くなり無残な姿に・・

雲が新しい葉っぱのように見えて、それはそれで何とも儚く・・



この後、どうなるのかな。

なんだか、あっけない姿。


Img_5739

 

 

そしてもう一箇所。

すぐ近くに、区立の親子農園がありました。
私がこどもの頃からあり、土に触れて野菜を育て食農を親子で実体験できる貴重な場所だったのですが・・

 


Img_5232

 

 

↑ これは、春分の日に撮影したもの・・

こういう、なんでもない原っぱ、ぺんぺん草やカラスノエンドウなんかが生えていて、それだけでこどもの遊び道具になっていた場所・・
貴重だな〜。 と思って撮影していたのですが。

教室に通っているこどもたちにも、以前原っぱで遊んだことがあるか尋ねたことがありましたが
今のこどもたちは、草花なんかであんまり遊ばないんだとか! オオバコでお相撲したり、ぺんぺん草を楽器にしたり、カラスノエンドウでおままごと、葉っぱをおさらにしてご飯を作って・・・・楽しいのになあ!

 


Img_5562

 

 

↑ 4月の頭には、このように、畑だった場所が一斉に取り払われ・・・更地に。


Img_5741

 

 

↑ そして本日。  何も無くなり、すっかり平らになっていました。

何十年もかけて、きっとよい土になっていたんだろうけれど!




緊急事態宣言・・・という、 まるで時が止まったような4月。
でも、決して止まってはいない。

こういうことは、予定通り進んで行くのですね😂


大切な物が消えていくような気がしました。


アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室

4月はお休みいたします

Sundayおやこワークショップ

 

| コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

『おうちじかん』 散歩・マスクを作る

自営業は身体が資本。
毎冬、インフルエンザにかからないように予防接種を打ち、年明けからは特に気をつけるのが常。
ところが、今年は新型コロナウィルスという新たな敵が姿を現しました。

2月頃から新型コロナの感染が拡大するにつれて 行動範囲が縮小し・・
3月からは休校要請が出る中、こどもたちがアトリエに来るので
より一層 感染拡大を予防しなくては と言う緊張感の元、暮らしてきました。

手洗い、うがい、マスク・・そして、近所に買い物に行っても帰宅後すぐに消毒!
それほど、緊迫感を持っていたのは、我が家に受験生がいたせいもあるのですが。

自宅の隣が仕事場です。ほとんど家を出なくても仕事ができる。 
満員の通勤電車に乗らなくてすむ。 
それは、それで今回のような事態にはとても有効かもしれませんが、その閉塞感と言ったら! ・・もう、まさしく巣ごもり。

それでも季節は巡る。
次第に暖かくなってきて、花も咲き始め、気がついたらソメイヨシノはすっかり満開を過ぎていました。



巣ごもりしていると、生活リズムがいつもとちがって、
気分転換もはかりづらい。

そんなときは、お散歩がおすすめです。
季節は巡り、歩いていると様々な色に出会います。

 

00dsc_5866
00dsc_5850

 

 

近くの川沿い、川の上流にある公園にも、色を見つけました。

 

00dsc_5857
00dsc_5896
00dsc_5902
00dsc_5911

 

 

ご近所散歩で、リフレッシュしたら
お家でできることを。

今はこれでしょう!

マスク作り。
残り布の中から、使えそうな布を見繕ってさっそく作ってみよう。

 

00dsc_6123
00dsc_6118

 

 

内側は、100均で買ってきたガーゼハンカチや、西友で見つけたガーゼを重ねた布巾を使ってみましたが
思った以上に肌触りがよく、つけ心地がいい。

コロナとの戦いが長期戦になりそうなので、紙製マスクが無くなりそうなときの予備に使おうと思います。

 


00dsc_6102_20200402002701


000dsc_6113

00dsc_6126_20200402002701

 

 

ツル先生は、人とちがうのがいい! と、手製本の表紙用に買ってあった布を選択😄
個性的なマスク、いいですね〜。 こどもたちにも注目されるかも!?
マスクを作るのが かなり楽しいので、今後 国から送られてくるガーゼマスク1世帯2枚の行き場は??
そもそもなぜ、1世帯2枚なのか?? 

それよりも、同じお金をかけるなら医療現場に医療用マスクの補助をする方がいいのでは? と思うけど。



早く、コロナ狂騒曲が終幕しますように・・・


 

| コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます 2020

2020_20200101175301



Happy New Year 2020
あけましておめでとうございます!

昨年はアプレットプラスの活動にご理解ご協力をいただき、
またワークショップや造形教室にご参加いただいたり、またこのブログを読んでいただいたり・・
本当にありがとうございました。

今年も、
思いつく 考える 発見する 作る 楽しむ

そうしたことを大切にしながら活動していきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!




アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室

★随時 ご入会受付中
😃体験(予約制)はお気軽に! (★11月〜1月は、特別カリキュラムが多いため、体験ができない場合があります)
  


Sundayおやこワークショップ
1/12(日)おやこで描き初め! 参加者募集中

twitter
Facebook
instagram

 

 

| コメント (0)

2019年10月29日 (火)

懐かしい作品たち

また、雨の一日ですね・・
晴れる日がごくわずか。
そうこうしているうちに、年末となりそうです。

今週一週間は、日数調整のため、こどもデザイン造形教室をお休みにしています。
その間に、これまで滞っていた事務作業等々、進めていかないと〜〜〜😆


昨年から、
こどもたちが作った作品をみんながみることができるように 作品写真をプリントアウトして
教室の作品ファイルを作っていますが、もっと前から取り組んでいれば良かった!

このアトリエ日記ブログでも、カテゴリーの 「作品紹介」 をクリックしていただければ、下へ下へスクロール・・・
だいぶ前の作品までさかのぼってみることができます。

ごく少人数だった教室開室当時・・。 でも、いろいろとトライしていることも多く
こどもたちの笑顔の写真を見返してみたら、懐かしい気持ちでいっぱいになりました。
もう、みんな中学生、高校生だな〜。 元気かな〜?

というわけで、ネットではクリックしてみることができるのですが
こどもたちにも、作品ファイルでみられるようにするために、少し写真をピックアップしてみようっと!!
(時間かかるかも・・😅)


   

12_

Dscf7242s
Dscf7197s
Dscf9222
Dscf9551
Dscf9795s
Dscf1205_2
Dscf1794s
Dscf4281
Dscf4454s
P3190019
Dscf3677


↑ ごくごく一部の過去作品たち!

こちらから 下へ下へスクロールしてみてください。
たくさんみることができます!






アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室

★新規ご入会受付中 😃体験はお気軽に!(予約制)
  


ワークショップ参加者募集中

Sundayおやこワークショップ

twitter
Facebook
instagram

| コメント (0)

2019年1月12日 (土)

黒板看板修復

01


昨年末、A型黒板看板が強風で激しく倒れ、つけていたロゴがすべて外れてバラバラになってしまいました。

今までも一つ二つと外れることはあって、その都度修復していましたが、これを機会にリニューアルしました。


02


コンピュータで文字打ちし、調整プリントしたものを切り出します(上図)。

セパレートで文字を作るとバラバラ外れて面倒なので今回はスクリプト体(筆記体)をつかい、さらにヒゲ(アンダーライン)で単語間を繋いで強度を高めました。

ロゴしたのヒゲ(アンダーライン)を板材の稜線に合わせて貼り込みます(中図)。

糸のこ盤で一番難しいのは直線を切ること。だから一番長い直線を稜線に合わせて直線切りをできるだけ減らします。

あとはひたすら木を回転して切る・切る・切る(下図)。


03


下図を剥がして下地にジェッソを塗り、全体にクリーム色を塗ったあと、表面にのみ朱赤を塗りました。 

文字面が単色の場合見る位置や背景によって形が判読しにくい場合があります。

文字の側面に文字と明度差のある色をつけることで見る位置によってハイライト方向とかシャドウ方向に文字の輪郭がつくため、視認性がよくなり文字を判読しやすくすることができます。


04


雰囲気が変わり新たな年が迎えられました。


| コメント (0)

より以前の記事一覧