展覧会

2018年6月24日 (日)

ちいさなてんらんかい 2018 day 2

Dsc_3768_4


あさは雨が残っていましたが、幸い開場時にはあがりました。


午後にはおひさまも顔をだし、おかげさまでたくさんの来場者をむかえることができました。


子供たちの作品の力が雨雲を海のほうへおしかえしたようです。

 


ちいさなてんらんかい 2018
6月23日(土) 10時〜18時30分
6月24日(日) 10時〜18時30分
6月25日(月) 10時〜16時30分
 
*最終日は終了時間が早いのでお気をつけください

| コメント (0)

2018年6月23日 (土)

ちいさなてんらんかい 2018

Dsc_3641


午後から雨模様ですが、「ちいさなてんらんかい」ひらいています。




ちいさなてんらんかい 2018
6月23日(土) 10時〜18時30分
6月24日(日) 10時〜18時30分
6月25日(月) 10時〜16時30分
 
*最終日は終了時間が早いのでお気をつけください

| コメント (0)

2017年6月28日 (水)

ちいさなてんらんかい 2017 まとめの会

01_6


こどもデザイン造形教室の展覧会、『ちいさなてんらんかい2017 』

今年も、こどもたちの作品がたくさん並びました。
年に一度、普段は制作の場であるアトリエが 小さなギャラリーに変身する三日間。 できれば、もう少し長い期間展示して、皆様にゆっくり作品をみていただきたいところですが、今週から教室も始まりますので、あっという間にいつものアトリエに戻りました。


02


26日最終日、少し早めに てんらんかいを終了し、教室に通うこどもたち対象に、展覧会のまとめ会を開きました。 作品は、作って完成しておしまい、ではなく その先にあるものをみんなで考えたり、作品に対しての思いや苦労等々をこどもたちが言葉で表現する場、保護者の方にも ざっくばらんにお話を伺ったりする場を設けたいと思い、昨年から始めました。


03


普段通っているクラスを超えて、作品でしか名前を知らなかったこどもたち同士も交流できたかな。 作品から受けるイメージと、実際の作者のイメージ・・・違ったかな? どうだったかな?
そして、みんなの前で自分の作品について発表する・・・ こどもたちに身につけてほしい力の一つでもあります。  お母さん方からも、てんらんかいの感想やこどもたちの様子などのお話を伺いました。

我々スタッフからも、えんぴつデッサンや 夏休みボックスなど、制作にまつわるお話、まとめ会に参加してくれたこどもたちの作品についてのお話など させていただきましたが、時間がいくらあっても足りませんね・・・。


04


参加したこどもたちに、てんらんかいの展示作品 「着せ替えボックス」を組み替えてもらいました。 組み替えることで、思いもしないような、不思議でおもしろい人間?生き物?ができあがりましたよ! 自分の枠を取り払い、無意識の組み合わせから新しいアイデアが生まれたり、むしろそれこそが創造であるということを・・楽しみながら感じ取ってほしいなと思い、今回てんらんかい用に取り組んだカリキュラムです。

20世紀初頭の芸術運動シュルレアリスムの中で『優美な屍骸』 という創作技法がありますが、そのお話なども絡めながら、まとめ会は終盤へ。

来年の てんらんかい には、どんな作品が並ぶでしょう?
こどもたちの成長と共に、今からとても楽しみです。

まとめ会へご参加くださった皆様、どうもありがとうございました。

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2017年6月27日 (火)

ちいさなてんらんかい 無事終了しました

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 の ちいさなてんらんかい 2017
昨日、無事終了しました!

ご来場くださった皆様 お忙しい中、本当にありがとうございました。
当初、雨予報だったお天気も、ほとんど雨が降り続くこともなく、むしろ陽射しが出たりして・・ホッとしました。
いつも制作をしているアトリエの空間が、年に一度の展覧会会場に変身する三日間。
多くの方に、こどもたちの作品を見ていただけて、そしてたくさんのメッセージをいただけて・・本当に楽しく嬉しい時間でした。


今年もこんなにたくさんのメッセージを、それぞれの作品に、作者に いただきました!  ありがとうございます。

Dscf9844_2


展覧会全体を通してのメッセージも、たくさん いただきました。 
励みになりますhappy01

Dscf9838


明日からまた、教室が始まりますが どんな新しい作品が生み出されるか? 
とても、楽しみです。


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2017年6月26日 (月)

ちいさなてんらんかい 1日目 2日目終了しました!

アトリエでは、 ちいさなてんらんかいを開催中です。

Dscf9786

24日(土)は、蒸し暑いお天気。
25日(日)は、雨予報でしたが、うれしいことにそれほど降りませんでした。
むしろ、曇り といっても良かったかも!?


Dscf9763


皆様 お忙しい中、お運びいただきありがとうございます!


Dscf9767_1

こどもたちのご家族・お友だち、近くにお住まいの方、お向かいの老人ホームの方、前を通りかかって・・・という方、毎年観に来てくださっている方、幼稚園でチラシを見て、と立ち寄ってくださった方・・・そして 私(ツルオカマリコ)の友人知人・・happy01、そして今日はうれしいことに 以前通ってくれていたOBOG・・・もう、高校一年生になって〜shine 背が高くなってビックリ! でも、久しぶりにお話しできてうれしいひとときでした。


Dscf9807


こどもたちの作品をみなさん、じっくり観てくださって・・
本当にありがとうございましたhappy01


Dscf9781

明日が最終日 26日 月曜日 夕方16時半までです! ぜひぜひお立ち寄りください。

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2017年6月24日 (土)

準備中!! 2

001


↑いよいよ、明日10時から ちいさなてんらんかい が始まります!
 夜な夜な準備に明け暮れて・・・ ショウウィンドウからは灯りがmoon3


002


↑てんらんかい用に作った作品、「きせかえボックス」のミニパネルも登場!
 ホワイトボードに、ウェルカムメッセージを書いて・・・


003


↑雨が心配ですが、とりあえず土曜日は晴れ予報! 皆様のお越しを心よりお待ちしております。ぜひ、お気軽にお運びくださいhappy01

Dscf9747
今回、製本の展示もありますよ! こちらもぜひご覧ください


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2017年6月22日 (木)

準備中!!

Dsc_7579_2


「ちいさなてんらんかい」の土曜日公開にむけて準備を開始!!

水曜日の教室が終わると・・・moon3夜更けと共に・・
アトリエの様子がみるみる変わっていく〜typhoon

木曜日、金曜日は 展覧会の準備のため、教室はお休みです。

この一年で制作された作品たちが、皆様のお越しをお待ちしております!

 ちいさなてんらんかい 2017
 6/24(土)10時〜18時30分 
 6/25(日)10時〜18時30分 
 6/26(月)10時〜16時30分 (17時〜 教室の生徒さん対象/まとめ会)

2017__dt_ol_01


 アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2017年1月22日 (日)

練馬区小学校連合図工展

1221


練馬区の小学校の図工展が練馬区立美術館で開かれているということで出かけました。

各学校からたくさんの子供たちの作品が展示されています。

中野区にも連合作品展がありますが、随分規模が違うように思え、調べてみると…

練馬区 公立小学校数65校・小学生数32,000人強。   (練馬区面積48.08㎢)

中野区 公立小学校数25校・小学生数8,800人強。   (中野区面積15.59㎢)

区の面積比よりも子供の数がかなり多いのですね。 


01222


限られた展示スペースのため、展示される人も限られてくるのですが、みんな頑張って作っており、見応えがあります。 

ただ、ちょっと気になるのは学校が違うのに似た(というより同じ)課題を課している割合が多いこと。 

理想をいえばクリエイティブを養う授業なのですから、もっと自由にそれぞれの先生が面白いと思うこと楽しいと思うこと伝えたいことを主観的に教えるような教育でもよいのではと思います。

とはいえそうした自由を発揮しづらい状況もあるのでしょう。

最近話題の某省の指導要領 が先生たちの自由を発揮しづらくしている一番の原因でしょう。 

また、テーマに合ったキット(子供たちがよろこびそうな)を業者が毎年開発してくれるのも実は問題です。

数多い子供にさせるとしても道具や用具を用意させる必要がなく、イコールコンディションで授業を進められるというメリットもあるのですが、どうしても個性が出にくくなってしまう。 というか丁寧にきれいに作業が出来る人が評価されるようになりがちです。

音楽も同じだと思いますが、芸術とは自由なものでそもそも評価されるものではなく自分自身を発見し確認する場です。 先生も色々と大変だと思いますが、是非オリジナリティーあるテーマを子供たちにぶつけて欲しいなと思いました。

この展覧会は1月26日(木)まで練馬区立美術館にて開催。

アトリエに通っているK君の作品も展示されていますよ!!


 

| コメント (0)

2016年9月 6日 (火)

ちいさなてんらんかい2016より 05

こどもたちの夏休みも終わり、九月に入ってあっという間に一週間近くの時間が過ぎてしまう・・。

happy01「夏休みの宿題、終わった〜?」
なんて、気軽におとなはこどもたちにたずねるけれど、宿題を抱えている方は、実はとっても大変なんだよね。 

そんな私も、すっかり宿題をそのまんまにして何ヶ月も過ぎてしまいました。(締め切りが無いってコワイsweat02

・・・・・eye何の宿題かって??


それは、6月末にアトリエで開催した ちいさなてんらんかい で展示していた作品のご紹介。
本当はいくつもご紹介したい作品があったのですが、夏休みに突入してしまい、そのまま夏休みワークショップの流れに・・。

遅くなってしまって、本当に申し訳ありませんが
作品を紹介させてください。 

はりこの入れ物。

こどもデザイン造形教室に通っているこどもたち。
何か自由に作りたい!・・・と、頭の中にいろいろうかびます。・・・でもその前に、通っているみんなにまず作ってもらっている制作が、この「はりこ」と、木の工作。
紙とボンド、木とくぎ。 素材や色塗りの工程を体験してもらい、その後自由に何か作っていく時の基礎にしています。 

とはいえ、はりこの入れ物については、自分だけのオリジナルアイデアを出してもらう。それを課題とします。
だから、丸い形を使っていったいどんな入れ物を思い浮かべるか? それぞれの個性を発揮するチャ〜ンス! 一つのアイデアをだしたら、そこでストップしてしまうのではなく、自分だったらこうする! 自分のアイデアを見て! ・・そこに自分ならではの何かを見つけて欲しいと思います。

それでは、ご紹介します!

入れ物の周りに、紙で作ったやさしい表情の花をたくさんあしらった Hちゃん。
最初のアイデアスケッチの時もていねいにじっくり考え、花が一体いくつ必要か?・・ということは、花びらを何枚作らなければいけないか!?
Dscf1052Dscf2637Dscf2857Dscf3232Dscf3422Dscf3641

その実数を数えてみて・・クラクラsweat02・・・ちょっと遠い目になっていたのですが、色紙を作るときには、自分で納得のいく色を絵の具の混色で作り出し、貼り合わせるときも、また入れ物に色紙を貼るときも順序を考え、多方向から眺めては紙を貼り・・納得のいく仕上がりだったのではないかな? 
その姿勢が、見る人に伝わったようで てんらんかいでもたくさんのメッセージが届きました! 作品から作者の思いは、伝わるのですね。

Dscf4192お花の国  はな(小学3〜4年/ 制作時)
■くふうしたのは
風船に紙をはる時に、しわがはいらないようにはるところを くふうしました
■むずかしかったところ
色紙をはる時に、出来るだけ いろんな色を近くにはるところがむずかしかったです
■なにをいれますか
貝がらや、ビー玉などをいれたいです




どんな入れ物にしたらいいか、なやんでなやんで・・なかなかアイデアがうかばなかったYちゃんでしたが、
入れ物にお話があっていいんだよ。なにかお話が思い浮かんだら楽しいね、というアドバイスをしました。
動物をつけたいという気持ちがあったのですが、その動物がどんなことをしているのか?入れ物にのっかって何をしているんだろう? 
Dscf2672Dscf3170Dscf3266Dscf3899Dscf4222Dscf3804
できあがったのは、絵本の世界のように 花一杯の野原に続くクネクネ道に、小さなチーズが落ちていて、そのそばにはネズミが! パーツの取り付けなど難しいところもありましたが、ほのぼのとしたお話を感じられる、可愛い入れ物ができあがりました!

Dscf4421
ねずみのまち  ゆずな(小学1〜2年/ 制作時)
■くふうしたのは
お話みたいにしたこと
■むずかしかったところ
ねずみとか きりかぶをはるところ■なにをいれたいですか?
はがき や おてがみ

入れ物の表裏で表情を変えた Mちゃんの作品。ちょうど節分近い時期に制作を始めたので、鬼 を思いついたようです。
Dscf2766Dscf3208Dscf2842Dscf3325Dscf3410Dscf3639Dscf3848Dscf3852
表裏で変えるために手を二枚合わせにしてみたり、金棒のトゲトゲや、手の爪や角(つの)の鋭さで鬼の怖さを表現・・でも、なんだか憎めないユーモラスな表情の鬼。アイデアが見る人の注目を集めました。タイトルもおもしろい!

Dscf4427Dscf4424Dscf4426
鬼SHIMAI   まさき(小学1〜2年/ 制作時)

■くふうしたのは
おにの おくちのぶぶん
ないているおくちと おこっているおくち
ないているのは わたしで、おこってわたしをまもってくれるのが
おねえちゃん
■むずかしかったところ
木をきって あしをつくるところ
あしを ほんたいにつけるところ
はりがねを うちがわに まげるところ 
■なにをいれたいですか?
ハンカチや ティッシュや こもの

pencilさて、宿題と言えば、夏休みは自由研究で悩みますね。

Dscf5648
鬼SHIMAI を作った Mちゃんは、夏休みの自由研究に張り子の技法を使って作品を作りました。休みに入る前から、張り子でマトリョーシカを作りたいと相談されていたのですが、結局 張り子の人形の中からたくさんの布の人形が出てくるアイデアに変えたとのこと。これがまた、とても楽しいアイデアで、担任の先生の中からクラスのこどもたちが飛び出てくるという仕組み。
Dscf5642Dscf5644
生徒たちを表した人形たちは、手縫いでチクチク。表面には ちゃんと出席番号順にお友だちをイメージしながら描いたんだって!
教室と校庭とに分かれた開閉式の台座、そして校庭にはサッカーゴールやフラフープ、縄跳びなどの遊具と、春夏秋冬で姿を変えるように、花びらや落ち葉、雪など・・小物も工夫しています! 
Dscf5643Dscf5649
休みの間、コツコツ自主的に仕上げたとのこと。
shine素晴らしい!! 
Dscf5651
夏休み最終日にアトリエまで見せに来てくれました!
fujiうれしかったな〜happy01
どうもありがとうございました! また、楽しい作品をドンドン作ってね。

| コメント (0)

2016年7月11日 (月)

ちいさなてんらんかい2016より 04

ちいさなてんらんかい に展示していた作品のご紹介です。

Img_1879_2

昨年のてんらんかいに、羊毛で作った鳥の作品があったのですが、それを見て 自分も羊毛で動物を作ってみたいとチャレンジした Kちゃん。

Dscf9233
動物だけでなく、その動物がどんなところにいるのか、どんなことが好きなのか?を想像しながら、その周りの物も作ってね、とリクエストしました。
Dscf9238Dscf9569Dscf9575Dscf0529
ウサギを作ることにしましたが、ウサギの写真を見たり想像力を膨らませたりしながら、少しずつふわふわの羊毛を形にしていきました。ニードルを羊毛に刺しながら形にしていくので、針が指に刺さったこともありますし、繊維がなかなかまとまらず、足だけをずっと作っていた日もあります。

Dscf2373_1Dscf2432Dscf2494Dscf2500Dscf2699

それでも、いつも楽しそうに作っていたKちゃん。だんだん体ができあがって、顔を作るときになると、最初に描いた完成予想図を見ながら、目にするボタンをじっくり選び、そのボタンを取り付けて顔を整えて、ひとこと。
「おじさんみたいになっちゃった!」 

見ていると癒やされる表情の、とっても愛嬌のある可愛いうさぎができあがりました。

Dscf2768Dscf2841Dscf3111Dscf3191Dscf3196Dscf3206Dscf3318Dscf3330
そして、その後はクッション作り。数ある中から、気に入った生地を選び、周りを縫った後には 毛糸をグルグル巻いたポンポンを作り、とりつけ。
抜けないようにキッチリ縫い止めました。
ようやく完成! と思ったのもつかの間・・・スケッチをみたら、「カラフルなえさ」を作る予定になっていました。

Dscf3718_1Dscf3855Dscf3953Dscf3955
粘土でお皿と○や■のカラフルなえさを制作。ていねいに ていねいに作った作品です。
一年近くかかりましたが、どんなときも落ち着いて楽しんで作っているKちゃんでした!

Dscf4089

ポップちゃん かい / 小学1年〜2年
■くふうしたのは
おさらのまわりをひろげたとき!
■むずかしかったところ
ポンポンをつけたとき!
■このうさぎのせいかくは?
おいで〜って言うと、すぐにくる!
■このうさぎはどこにすんでいますか?
花衣のいえにすんでいるの〜!

Dscf4092

ちいさなてんらんかいにて 寄せられたメッセージを一部ご紹介します。
・色合いがすごくステキです。クッションも作ったなんて、じょうずでビックリしました。いっしょうけんめいつくったのが伝わります。
・かわいい。 つくってくれ!
・いろいろなえさがあり、おいしそう
・えさの形や色がひとつずつちがう。おいしいえさとやわらかいクッションで、ポップはしあわせ。
・ポップちゃんのうしろすがたが生きているみたいです。

他にも温かいメッセージをいただきました。
どうもありがとうございました!

| コメント (0)

より以前の記事一覧